2018冬アニメ序盤雑感-type.B-③

2018冬アニメ注目のショートアニメ6作品を紹介!

皆さん、2018冬アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

 たくのみ。

原作:火野遥人
制作会社:プロダクションアイムズ 監督: 小林智樹

OP「aventure bleu」内田真礼 ED「ストイックにデトックス」ましのみ

キャスト:天月みちる(CV.今村彩夏) 桐山直(CV.安済知佳)
桐山真(CV.内田真礼) 緑川香枝(CV.小松未可子)

見事なまでにお酒大好き芸人声優を集めてキャスティングされた

スタッフの情熱が感じられる美少女酒飲み日常コメディ。

上京したばかりの主人公が駅到着早々に見舞われた不幸を助けてくれた女性が

偶然下宿予定先の同居人で、

彼女他2名と仲良くわいわいお酒によって日々のの仕事を乗り越えるといった内容。

シェアハウスで暮らす4人4様の仕事や境遇を掛け合わせて

あらゆる事象が”お酒の美味しさを伝える”

いかにお酒が美味しくなる状況になるか“を状況造る展開なので、

もともと酒飲みなら共感、そうでなかった人は酒テロ不可避な

そんなアニメである。

純粋可愛い主人公をとりまく、ぐーたら大酒食らい・

料理上手なアルコールブースター・関係性も酒も甘い百合候補、

とキャラ立ちも申し分ない。

下記の【だがしかし】とあわせて気軽にみられるアニメで

視聴とアルコールが進むが、コレステロールの過剰摂取にだけにはご留意を。

 だがしかし2

原作:コトヤマ
制作会社:手塚プロダクション 監督:桑原智

OP「OH MY シュガーフィーリング!!」竹達彩奈
ED「おかしなわたしとはちみつのきみ」はちみつロケット

キャスト:枝垂ほたる(CV.竹達彩奈) 鹿田ココノツ(CV.阿部敦)
遠藤サヤ(CV.沼倉愛美) 遠藤豆(CV.鈴木達央)

杉田智和推薦、駄菓子アニメの第2期だ。

制作会社も替わり放送時間も半分へ縮小。

だがこれは不評というよりは番組の方向性と上記の兼ね合いで

悪い印象は全くない。

むしろテンポがよくなってヒロインのぶっ飛び具合が強調されて

いまのところ良改変だと感じている。

潰れかけの隠れた名駄菓子屋の息子と

彼を引き抜こうとするヒロインによる駄菓子豆知識披露コメディで

それに振り回される幼馴染が可愛いお菓子な日常系。

良い感じの大人は懐かしんだりあるあるねーよと突っ込んだり

いろいろ視聴に伴って抱く感情が忙しい作品ではあるが

我々同様に、いやそれ以上にこの番組を楽しんでいた

杉田智和がついにキャスティングされたことに喜びを禁じ得ない。

こういうフットワークの軽さがファンならずとも惹かれる所以なのだろう。

 怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜

原作:円谷プロダクション・海法紀光
制作会社:スタジオぷYUKAI 監督:芦名みのる

ED「Soul-ride ON!」
アギラ(CV.飯田里穂)・キングジョー(CV.三森すずこ)・ガッツ星人(CV.松田利冴)

キャスト:アギラ(CV.飯田里穂) ミクラス(CV.鈴木愛奈)
ウインダム(CV.遠藤ゆりか) ピグモン(CV.徳井青空)

こちらも第2期。

美少女化の波はついに円谷プロまで飲み込み

ケモ耳好き亜人美少女好きの琴線にも触れそうな良デザインだと思っている。

人気怪獣はアイドル活動をしてたりなかなかキャラ付けも納得できるし

ショートアニメなので気軽にみられる。

まぁかわいいだけでめちゃくちゃ面白いわけでもないが

小動物を見守る的な一種の癒しにいかがだろうか。

 働くお兄さん!

原作:宇佐義大
制作会社:Tomovies 監督:高嶋友也

OP「働くお兄さん」 ED「KEEP YOUR HOPE ALIVE」DearDream

キャスト:茶トラ沢タピオ(CV.富田健太郎) ロシ原クエ彦(CV.溝口琢矢)
名前を呼んではいけないその動物(CV.杉田智和)

こっちはほんとうに動物である。

とりあえず猫2名が一話ごとに違うバイトに勤しみ

そこでちょっとしたトラブルが発生して謎の生物が格言を残すというスタイル。

この内容をなぜ猫でやることになっているのかわからないし

ネタがシュールすぎて微妙に楽しみ方は模索中だ。

今のところ毒にも薬にもなっていない。

 gdメン

原作・監督:菅原そうた
制作会社:ストロベリー・ミーツ ピクチュアズ、ファンカンパニー

OP「妄想帝国蓄音機」喜多村英梨
ED「Duality」BB-voice(奥山敬人×筆村栄心)

キャスト:ライト(CV.松岡禎丞) ヨミ(CV.山本和臣) アルファ(CV.小林裕介)
メロディ(CV.原奈津子)

gdgd妖精’s】の完全女性向けアニメの登場だ。

だが比較的新人声優を宛がったそれまでとは違い、

こちらはすでに十二分に売れている3名を放り込んできた。

安全策を取りやがって!見損なったぞ!

などとgdgd文句は吐いてみたが、やはりこのメンツだとアフレ湖も安定である。

トークはそんなに面白くないがアドリブ力の高い小林裕介

トークは面白いのにアドリブ力が皆無な、いやある意味天災的な松岡禎丞

自分のキャラを分かり切ってる山本和臣、面白くないわけがない。

それよりなにより謎なのが喜多村英梨の歌うOPである。

やはり想像通りかっこいい。時折聞こえる掛け声がちょっと可笑しいくらいか。

いったいこのアニメのどこにそういった要素があるというのだろうか。

まぁそんなに気を張ってみる番組じゃないのでグデ~っと眺めるに限る。

 ポプテピピック

原作:大川ぶくぶ
制作会社: 神風動画

OP「POP TEAM EPIC」上坂すみれ ED「POPPY PAPPY DAY」ポプ子、ピピ美

キャスト:???

クソアニメ“の定義は人によって違うのかもしれない。

作画崩壊、チグハグなシナリオ構成、合ってない声優etc

様々考えられるが、それらをひっくるめて、

君が考えるクソアニメを想像してみてほしい。

そう、思い浮かんだ要素を全部ぶち込んで頭に浮かんだであろう映像、

それらを軽く凌駕する作品がこちらである。

例えるなら出来上がった表面だけでは価値を定義することが難しい

歪なスクラップアートのようなアニメだ。

正直見た者でしかその感想は綴れないだろう。

これは、見るだけ無駄なクソアニメだと。

だがこの芸術品に触れないという事は

なんにせよ”この世で唯一無二”という作品を見逃すことになる。

24分をドブに捨てるか、批判する権利すら放棄するか。

君は今、究極の選択を迫られている。

予め言っておくが、懲役24分の刑は伊達じゃないぞ……。


というわけで今回はこの6作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

尚、筆者の意向により【ダメプリ ANIME CARAVAN】は下記の

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女向け】

へ転載いたしましたのでお手数ですが気になる方は飛んでみてください。

関連記事

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-⑤【アクション】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-④【バラエティ】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-②

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女向け】