2018冬アニメ序盤雑感-type.B-⑤

2018冬アニメ注目の過激アニメ6作品を紹介!

皆さん、2018冬アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

 覇穹 封神演義

原作: 藤崎竜
制作会社:C-Station 監督:相澤伽月

OP「Keep the Heat and Fire Yourself Up」Fear, and Loathing in Las Vegas
ED「間遠い未来」やなぎなぎ

キャスト:太公望(CV.小野賢章) 四不象(CV.櫻井孝宏) 妲己(CV.日笠陽子)
聞仲(CV.前野智昭) 王天君(CV.岡本信彦) 申公豹(CV.鳥海浩輔)

大人気、ジャンプが誇るビジュアル系中国幻想譚の再アニメ化である。

当時【るろうに剣心】と美形人気を2分したバトルファンタジーで

個人的にも思い入れが強く、藤崎竜という作家に入れこんでいる自覚もある。

ストーリーとしては

仙人の統べる二つの国が手を合わせて歴史に介入する宇宙人を追い出す

……まで至るのにあいつやらこいつやらが自分勝手なせいで

拱いている状況を打破したい最高責任者が主人公を人間界へ派遣する話。

うむ、我ながら省きまくったせいで何の説明にもなっていない!

まぁとにかく良くも悪くも登場人物の執着に終着する

小賢しい頭脳バトルファンタジーというちょっと変わった風情だ。

(最後だけ超物理)

一度目のアニメではオリジナル色が強くとても同じ作品とは思えないほど

キャラクターの性格やストーリーに改変が見られたが、

今回は原作に準じて作られると明言されている。

それだけに期待がかかるが、序盤を見る限り――

名前だけ見た段階では、声優の選出は問題ないように感じていたのだが

実際聞いてみると「いや、その声じゃない、あっちの声でしょ!」と

思ってしまったのは自分だけだろうか……。

シナリオも、そこを中途半端に映すくらいなら

ばっさり切っちゃって欲しいと思う演出がちょこちょこと……。

それにベガスはもともと好きで音源も集めているのだが

このアニメとしては究極的に合っていない、気がする。

中華風前奏とデスボ無しなとこにタイアップを意識してるのは伝わるが

どうにも消化しきれていない。曲自体は当然悪くない。

(ちなみに【寄生獣】はバッチリだったと思っている)

……等、ちょっと原作ファンとしての熱が邪魔をして

冷静な判断がついていないのかもしれない。

それでも最新アニメだけあって絵はきれいだし

原作準拠なら面白くなることは保証付き。

事実、思い出補正のせいで

黄飛虎と聞仲が再開したシーンで簡単に落涙してしまうほどである。

とりあえず最後まで見ることは確定的だ。

 七つの大罪 戒めの復活

原作:鈴木央
制作会社:A-1 Pictures 監督:古田丈司

OP「Howling」FLOW×GRANRODEO ED「Beautiful」Anly

キャスト:メリオダス(CV.梶裕貴) エリザベス(CV.雨宮天) ホーク(CV.久野美咲)
ディアンヌ(CV.悠木碧) バン(CV.鈴木達央) キング(CV.福山潤)

大人気、マガジンが誇る戦闘力インフレバトルファンタジー待望の第2期である。

あれ、この前2期やってなかったっけ?と思ったが

前回のはアニメスペシャル扱いでノーカンらしい。

懇切丁寧に第1期のおさらいを第0話として放送。

確かにいい感じに忘れているのでありがたい。

愚直なほどに王道バトルだが大罪を題材としてるせいか

やたら仲間割れが多いのが特徴か。

今期もしょっぱなから足並みが崩れる、どころか

正反対を向いてしまっている。キングは二つの意味で可哀そうだ。

また新たな敵として、10人衆が新登場し

そのうちの一人が主人公と同じ姿をしているという

これまた王道でよく見るパターン

奇をてらわずに面白い、それが一番気持ちがいいというとこを是非見せてほしい。

主題歌には一喜一憂。

FLOW×GRANRODEOの再コラボは嬉しいが

ずっと担当だった瀧川ありさじゃないのは寂しい。

ただ今のところシリーズ通して外れナシの選曲。

決まってるタイアップ先の会社(SONY系列)なのは確かだが、

これは素直に素晴らしい。

 デスマーチからはじまる異世界狂想曲

原作:愛七ひろ
制作会社:SILVER LINK. × CONNECT 監督:大沼心

OP「スライドライド」Run Girls, Run! ED「スキノスキル」Wake Up, Girls!

キャスト:サトゥー(CV.堀江瞬) ゼナ(CV.高橋李依)
ポチ(CV.河野ひより) タマ(CV.奥野香耶)

デスマーチ、すなわち労働基準法の拡大解釈による就業時間の悪質な強制。

恒常化してしまった体制の果てに主人公が見たのは

開発中のゲームの世界で冒険しているという夢だった

――と思ったら夢じゃなかった

という昨今ラノベ界に氾濫する異世界召喚系アニメである。

まぁ多いからと言って頭ごなしに批判するつもりはないが、

個人的には召喚先で悠々自適に過ごす展開が好みではないらしく、

格上のモンスターと一戦した後一気にレベルが上がって

アイテムが無限に溢れた辺りでため息が漏れた。

まぁ空想だけでも何の苦労もなく過ごしたい、というのはわかるが

冒険“という漢字の意味を見つめ直すのも必要ではないだろうか。

まぁまだ第1話しか見ていない状態。

これから主人公にどんな困難が待ち受けているのか。

それを楽しみにあともうちょっとだけ、

具体的にはあと2話くらいは最低でも眺めたいと思う。

 刻刻

原作:堀尾省太
制作会社:ツインエンジン 監督:大橋誉志光

OP「Flashback」MIYAVI vs KenKen
ED「朝焼けと熱帯魚」ぼくのりりっくのぼうよみ

キャスト:佑河樹里(CV.安済知佳) 間島翔子(CV.瀬戸麻沙美)
じいさん(CV.山路和弘) 佑河真(CV.岩田龍門)

おじいさんが主要キャラに含まれていて

そもそもキャラクターデザインも好みではないので、

全く期待していなかったのだが、

それでも前期の【いぬやしき】の例もあるし、

まぁ第1話だけでも見てから判断しよう……

と思っていた自分の脳天にその衝撃は輝かしく迸った

彼氏にフられた上に就職活動目下連敗中の主人公。

不甲斐無い兄と父に失望しながら過ごしていたある日、

兄と甥が誘拐されたことをきっかけに我が家に代々伝わる

時間を止めるという不思議な能力、というか世界があることを知る。

二人を助けるために祖父がその能力を解放し、

予備知識もないまま未知の世界に放り出されたが

持ち前の家族思いな部分と激情家のバカヂカラ

なんとか襲い掛かる窮地を脱してゆく、ある意味原寸大の異能力活劇

その状況に遭ったリアクションも、登場人物の配置もそこそこリアル。

まったく万能じゃない正統血筋特有の特殊能力や作戦の要領の悪さ

超人的なパワーを持った人物もいないので大逆転も起こりにくい

これだよ!この綱渡りににも似たハラハラ感が欲しかった!

恨みつつなんだかんだ家族の安否を気にかけっぱなしの登場人物の心境もいい。

今3話まで見終わってるのだがこれがまた強烈なヒキで終わっている。

これは最後まで楽しめそうだ。

実写でも耐えられそうな撓りのあるシナリオだと思う。

ちなみに、OP・EDだけは今期最も評価されているようだが

個人的には今期最も好みから外れている音楽なので相違が発生している。

どうしてラップが好きな人がこんなに多いのだろう……。

 博多豚骨ラーメンズ

原作:木崎ちあき
制作会社:サテライト 監督:安田賢司

OP「ストレイ」岸田教団&THE明星ロケッツ ED「DIRTY BULLET」TRI4TH

キャスト:馬場善治(CV.小野大輔) 林憲明(CV.梶裕貴) 斉藤(CV.小林裕介)

おーなんだか今期はラーメンアニメが多いな!

と思ったものはどれだけいるだろうか。

かくいう自分も完全にそう思ったし、殺し屋作品だよとHPで確認しても、

例えば拠点が屋台だとか、主人公がよく食いに行くとか

何かしらでラーメンが絡んでくると思っていた。

ところがどっこいこれっぽっちも出てこなかったのは想像しなかった!

よってタイトルの由来は今のところ分からないが、

ほんとに人口の3割が殺し屋という博多を舞台にした

ただのアサシンごった煮思惑酔狂バトルである。

とりあえず梶裕貴の演じる女装野郎がかわいい

雰囲気的には【Dimension W】っぽさを感じるが

小野大輔が殺し屋主人公ってだけかもしれない。

序盤を見ただけではまだまだ誰がどうしたいのかわからないので

それが気になる程度には楽しみな作品だ。

 キリングバイツ

原作:村田真哉 作画:隅田かずあさ
制作会社:ライデンフィルム 監督:西片康人

OP「killing bites」fripSide ED「ケダモノダモノ」キツネツキ

キャスト:宇崎瞳(CV.雨宮天) 野本裕也(CV.羽多野渉)
中西獲座(CV.内田真礼) 稲葉初(CV.上坂すみれ)

あまり面白くなりそうな展望はそんなに感じていないのだが

そこまでつまらなくもなさそうという事でまとめて3話見た次第である。

こうして感想を書き記すにあたってどうかと思う回答ではあるのだが、

……やっぱりそんな感じの序盤であった。

なんというか、

こうなるんだろうなという予想の内側に全部おさまってしまっている。

キャラクターは立っていて、素体の動物の特徴とも上手く合致している気がする。

まぁもっともラーテルなる動物に着目した事などこれまでなかったが。

なんとなく【テラフォーマーズ】を思わす設定で

ケモミミ好きに訴求する……愛らしさはないか。

そしてこういう殺伐とした作品に

fripSideを起用する意図がどうにも腑に落ちない。

近未来的なものやロリキャラ主体であれば

南條の声質と相まって許容できるのだが

こちらの作品に合っているかと言われれば、肯けない。

そしてその懸念は来期の【され竜】にも持ち越されることになる。

そしてEDは9mmかーと思ったら違って、

調べてみたらやっぱり9mmじゃねーか!

こちらも合ってなはいが好みの曲で、

いつも以上に歌詞が究極的にダサい

最近かっこいい曲が増えてきたので原点回帰かもしれない。

うーん、あとは、アクア様とはまた違った野蛮な雨宮天

懐かしの腰抜け羽多野渉が楽しめるのは美点かもしれない。


というわけで今回はこの6作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

関連記事

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-④【バラエティ】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-③【ショート】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女向け】

シェアする