2018冬アニメ序盤雑感-type.B-⑥

2018冬アニメ注目の6作品を紹介!

皆さん、2018冬アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

原作:暁佳奈 イラスト:高瀬亜貴子
制作会社:京都アニメーション 監督:石立太一

OP「Sincerely」TRUE ED「みちしるべ」菊田大介

キャスト:ヴァイオレット(CV.石川由依) クラウディア(CV.子安武人)
カトレア(CV.遠藤綾) エリカ(CV.茅原実里) アイリス(CV.戸松遥)

えー、まず視聴してみた第一の感想としては「思ってたのと違う」。

自動手記人形というのは彼女の生態を表しているのではなく

この世界観における職業の呼称であった事にそれは集約される。

主人公はれっきとした人間で機械などではけしてなく、

大切な人を待つというのもそれしかできない的な叙事的なものではなく

ただ単に受け入れがたい現実を見てみない振りする自己防衛にすぎないのである。

――この様に思った者は自分以外にもいないだろうか?

だが、文体に込めたつもりではあるが

これはこれで面白そうというのが率直な意見である。

まるで機械の様に、

むしろ死んでいるような表情の彼女が愛の意味を知る時

その瞳にはどの様な景色に映るのだろうか。

そしてそれを見た瞬間彼女の笑顔はどんな色彩を宿すのだろう。

興味は尽きない。

一つ思うのは、これが一昔前なら確実に茅原実里が主人公だったはず。

長門さん、ホライゾン、ストラーフMk.2といった無機物に定評があるからだ。

だが【進撃の巨人】ミカサがハマリ役の石川由依の無感情ボイスも堪らない。

あ、人間だからこれで間違いないのか。失礼。

また、3秒で”京アニ”だと分かるキャラの造形美・背景の映像美は

もはやアニメーションの理想形と称しても過言ではない。

構図、表現、表情一つとっても最高峰と称賛したくなる、

【涼宮ハルヒの憂鬱】以降の快進撃を維持し続ける革命児。

やはりどう転んでもこのアニメには期待しか感じない。

 オーバーロードII

原作:丸山くがね イラスト:so-bin
制作会社: マッドハウス 監督:伊藤尚往

OP「GO CRY GO」OxT ED「HYDRA」MYTH & ROID

キャスト:ザリュース(CV.東地宏樹) クルシュ(CV.雨宮天)
ゼンベル(CV.石井康嗣) コキュートス(CV.三宅健太)

まずは、第1期からのファンならば通じてると思うが

消して上記のようなリザードマン戦記ではない。あしからず。

だが見ての通り、彼を主人公として展開してもおかしくないほど

ラスボスの風体を少しも否定できない主人公が暗躍する

異世界ダークファンタジーの第2期である。

まぁ主人公がハマっていたオンラインゲームに憑依してしまった形で

能力値も初めからチート級ということは

ある意味【デスマーチ】と全く同じ世界観を持っているも言える。

だが侮ることなかれ。

普通の王道ファンタジーも視点替えてみれば

こんなにも過激な邪道異世界譚として面白くなるのだ!

リザードに死の宣告を突きつけた方が主人公だとは

ここから見た視聴者は思うまい。だが事実である。

いまのところ第一話以来主人公が出てきていないのだが

この亜人族の事となりを見てるだけでも十分に面白い。

根本的には無意味な殺生は好まない主人公なので

これをどう収拾付けるのか楽しみだ。

主題歌も第1期と変わらない布陣なのは嬉しい。

再びの大石幻想曲もさすがの臭さである。かっこいい。

 グランクレスト戦記

原作:水野良 イラスト:深遊
制作会社: A-1 Pictures 監督:畠山守

OP「starry」綾野ましろ ED「PLEDGE」ASCA

キャスト:テオ(CV.熊谷健太郎) シルーカ(CV.鬼頭明里)

【ロードス戦記】【リウイ】といった

ガチ王道太河ファンタジーを描かせたら間違いない水野良の最新作。

感想としてはド安定の一言

昔ながらの富士見産ファンタジーが好きな人ならば

堪らない作品になっているだろう。

不明瞭になりがちな設定もちゃんと手順を踏んでキャラに行動させるので

そのまんまRPGにも出来そうなほど地に足の着いたストーリー。

乱世である意味安定した安寧が許せない若き天才が

冴えないが清廉な意志を持った男性に惹かれるというのも王道。

驚きの展開にあっと驚くというよりは緻密に積み上がる構成に感心してしまう

そんな魅力を持った作品だと思う。

……言葉を選ばなければ地味、という事だが。

声優的には熊谷健太郎の大抜擢が嬉しい。【リケ恋】ファンとして。

それと、なんだか最近やたらと鬼頭明里の名前を見かける気がする。

この二人が、これからの声優界を牽引する……?

 ダーリン・イン・ザ・フランキス

原作・制作会社:TRIGGER × A-1 Pictures
監督:錦織敦史

OP「KISS OF DEATH」中島美嘉 ED「トリカゴ」

キャスト:ヒロ(CV.上村祐翔) +ED歌唱:ゼロツー(CV.戸松遥)
イチゴ(CV.市ノ瀬加那) ミク(CV.山下七海) ココロ(CV.早見沙織) イクノ(CV.石上静香)

TRIGGER × A-1 Picturesによるオリジナルアニメーションで

電子書籍では矢吹健太朗によるコミカライズと同時展開となる

かなり気合の入ったプロジェクトだ。

まずは比翼の鳥をモチーフとして選んだセンスよ。

幻想奇譚好きの琴線を爪弾くにはもってこいのキーワードで

これだけで二人はお互いがいないと活躍できないんだなと説明してくれる。

雌雄一対で起動できる機体に搭乗して未知の巨大生物と戦う所謂ロボット物

自分の嗜好のおかげであまり馴染みのない分野である。

接吻がキーだったりメカデザだったりがなんとなく【STAR DRIVER】を思わせるが

とりあえずビジュアル面での印象は今のところ好い。

角や半妖や目じりの文様等、002というコードネームのせいか

“オニ”を思わすヒロインの目立つデザインももちろんだが

矢吹が請け負ったんじゃないか?とも思わせる負けヒロインのキャラデザもかわいい。

スタッフは【グレンラガン】【キルラキル】と見えたので

きっと自分には合わないだろうと思ってた第一印象は華麗に裏切られ

今のところ万全に楽しめている。

だがどうにもタイトルだけは”ダーリン“の響きが強すぎて気に入らない。

なんだか一気にチャラく感じるのは自分だけだろうか。

そして乗る機体は”フランクス”なのに題字は”フランキス”なのはなぜだろう。

フレンチキスとかけているのだろうか。

ちなみに漫画も完全にまったく同じ展開をなぞるようだ。

よって矢吹神による002の一糸纏わぬ肢体を見ることが叶うこととなる。

無修正版が収録される単行本は増版必至だろう。早めに手に入れるべし。

驚くことに2月2日 ON SALEだ。

 BEATLESS ビートレス

原作:長谷敏司 イラスト:redjuice
制作会社:ディオメディア 監督:水島精二

OP「Error」GARNiDELiA ED「PRIMALove」ClariS

キャスト:遠藤アラト(CV.吉永拓斗) 遠藤ユカ(CV.小野早稀)
レイシア(CV.東山奈央) 紅霞(CV.冨岡美沙子)

主人公が規格外の性能を持った美少女ロボットを偶然拾って

事件に巻き込まれてゆくSF近未来ファンタジー

多分あとあと偶然じゃなかった設定が待ち受けているであろう展開で

人を害せないはずの人工知能が暴走だかなんだかして敵対する

これまでの似た様な作品からなんら奇をてらわないまま踏襲されている。

とりあえず近年の【紅殻のパンドラ】とそんなに大きく変わらない印象で

個人的には今のところ【ちょびっツ】っぽいと感じている。

良くも悪くもベタの範疇なので目新しさは無くも

おおよそ最後までは見られそうだなとも思うが、

今後なにか刺激的な要素が挿入されることを願いたい。

正直このままなら見逃してしまっても後悔しなさそうである。

BEATLESS=鼓動しないモノ、というネーミングセンスは好きなのだが。

 刀使ノ巫女

原作:伝箇伝計画
制作会社:Studio五組 監督:柿本広大

OP「Save you Save me」 ED「心のメモリア」

キャスト・歌唱:衛藤可奈美(CV.本渡楓) 十条姫和(CV.大西沙織) 柳瀬舞衣(CV.和氣あず未) 糸見沙耶香(CV.木野日菜) 益子薫(CV.松田利冴) 古波蔵エレン(CV.鈴木絵理)

Studio五組が送るオリジナルアニメーション。

【艦これ】に触れていないので

しずま氏のネームバリューが如何程かは測りかねるが

【ゼロの書】っぽさはアニメの絵からはあまり感じない。

ただとりあえずどの娘もかわいいことは確かだが。

どちらかといえば冒頭の未確認生物のせいで

【ストライクウィッチーズ】の刀版を思わせる。

だが序盤はモンスター退治ではなく

1人の生徒が軍に反旗を翻すところから始まる予想外。

それに半ば巻き込まれ半ば自ら首を突っ込み逃走劇が始まる。

どうやら今まで統治していた親玉がすでに悪の手に落ちていて

それを秘密裏に解決したいレジスタンス活動に焦点が当たりそうだ。

なんだか薄い本が厚くなりそうなストーリーだな。

美少女×刀というどう転んでも新鮮さが薄そうで期待していなかったが

今のところ予測つかない展開に意外と楽しめている。

若干作画が安定しないが美少女の作画はさすがの五組、

百合百合しいやりとりは非常に華やかで麗しいことこの上ない。

唯一、特殊能力で一閃の価値が下がり気味で真剣ならでは緊迫感は緩い。

2クールも何をやるんだろう、と不安ではあるが

まだ切る要素もないのでこちらも視聴確定。

【アカメが斬る!】【灼眼のシャナ】と好きな作品もあるので

なんだかんだこのジャンルは絵になるのう。


というわけで今回はこの6作品を並べてみました。

一つの例として参考にしてもらえたらと存じます。

関連記事

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-⑤【アクション】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-④【バラエティ】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-③【ショート】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え】

2018冬アニメ序盤雑感-type.B-①【乙女向け】