2018夏アニメ完走日記-type.B-③

2018年夏アニメのギャグ作品をピックアップ!

皆さん、2018夏アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

序盤の印象はリンク先に綴ってあります。

ぐらんぶる

原作:井上堅二(good!アフタヌーン) 作画:吉岡公威

制作会社:ゼロジー 監督・脚本:高松信司

OP「Grand Blue」湘南乃風
ED「紺碧のアル・フィーネ」伊豆乃風

キャスト:北原伊織(CV.内田雄馬) 今村耕平(CV.木村良平)
時田信治(CV.安元洋貴) 寿竜次郎(CV.小西克幸)

某有名ソーシャルゲームとはタイトル以外似ても似つかない、

青春ギャグアニメ、バカとオサケと潜水遊泳がこちらである。

周りの評価をのぞいてみると、典型的な“原作ファン以外から評価が高い”アニメで

(まぁ【ひなまつり】のときと同様)ギャグアニメと言うのは得てしてそういうものかもしれない。

まぁつまりはアニメを見た後原作を読めば倍楽しめるのお得というわけだ。

この作品を名作たらしめている要因は主人公の立ち位置で、

普通このように不条理ギャグアニメだと諭す(ツッコミ)側にいきそうなキャラなのに

初めは反抗しながらも結局は自ら墓穴を掘っていくスタイル

これによって勢いが削がれることなく大学生のパーリーなノリが再現できるというわけだ。

しかも男女平等パンチというか、何気に女性側にも変態が2名潜んでいるのがバランスいい。

ダブルヒロイン2名はちゃんとかわいいし、他はそれを囃し立てつつ

物語の進行とともに移りゆく心情の変化を描くのはさすがラノベ原作者と言ったところか。

台詞には表れない細かいニュアンスも再現されており、口ではいがみ合いつつも

お好み焼きで絶妙なコンビワークを見せる主人公とか絶好のニヤニヤポイントだったよね?

またバカさばかりがフューチャーされてる分、シリアスパートの破壊力はかなりでかい。

イヤミ先輩にバカ二人が協力してギャフンと言わせるとことか神回かよ!

ここでのケバ子の心境の変化は【WORKING!】のまひる×小鳥遊くんを彷彿とさせる。

最終話もメインヒロインの優しさが染みた……のもそうなんだけど、

実はここの主人公が少しも後ろ向きにならなかったところが最大のミソだと思っている。

っかー!青春してんな!!

てか何気に主人公ハイスペックだよな。精神的にも肉体的にも。

個人的には今村の言動が逐一共感できて面白かった。

密かに伊織×チサ並にアイナとお似合いなのだが彼の三次元恐怖症がそれを良しとしない。

また、主人公があの赤と青のダイビングスーツをこともなげに二人に着せたとき

何人彼の「今日だけはお前のことを心の友だと認めてやろう……っ」に共鳴しただろうか。

まぁ中にはこんなパリピな雰囲気が好きじゃない、という感想も見るが

正直リアルにこんな騒ぎ方をしている者はほぼいない。(いないとは言ってない)

少なくとも君たちが恐れるリア充然としたパリピはこのアニメにはいない。

安心してETERNAL BLAZEもどきのED主題歌をハモってガヤって盛り上がろうではないか!

Back Street Girls -ゴクドルズ-

原作:ジャスミン・ギュ(ヤングマガジン)

制作会社:犬金企画 監督:今千秋 構成:山川進

OP「ゴクドルミュージック」ゴクドルズ虹組
ED「星のかたち」ゴクドルズ虹組

キャスト:アイリ(CV.貫井柚佳)
マリ(CV.前田佳織里) チカ(CV.赤尾ひかる)

OPだけが無駄に動く【ゴクドルズ】。

視聴の注意点としてはいわゆる”紙芝居”なので口パク以外はほぼ静止画

だが正直本気で絵が動いてないことに第3話あたりまで気付かなかったほど

台詞のひとつひとつが世界観を揺るがすインパクトを放っている。

最初見た時は面白いけど出オチ感半端ないからまぁ失速するだろう、と思ってたのだが

むしろ美少女の中身が極道のおっさんという違和感に慣れてきてからが真骨頂

アイドル活動の予定調和にドスを利かせて真っ向から対立するが

それが世間的にウケルという構図が確立してしまい更に主人公らを悩ませる。

気に食わない現状を打破しようとすればするほど

組長の思惑の網にとらわれて雁字搦めになっていく本人たちや周囲の人々が哀れで仕方ない。

初っ端の”性転換してアイドル”というのは突飛ながら二次元の設定としてはポップに感じるほど

実はそれ以降のトラブルシュートがもっと破天荒で刺激的なのだ。

それ当面は凌げてるけどもっと別のとこで不都合発生しちゃうよね!?というような

臭いものをより臭いもので蓋をするスタイル。

登場キャラはみんな真剣だからこそ起こりうる奇跡のシュール作品である。

個人的にはテレビ局がアポなしでゴクドルズの監禁共同生活部屋に突撃した回、

苦しい言い訳と「……ピョン」しか言えなくなってるチカの虚脱感が最高。

あんだけメンタルルームでブレインウォッシュされたのに

チ〇コかえせー!!」と酒に溺れるマリも切ない。一人だけ出血量も多いし。

そして心の声の小野大輔のツッコミボイスがテンポよくて素晴らしい。

メイン3名それぞれ2つの声優が宛がわれているわけだが

いったいどういう収録現場になっているのか気になるところだ。

ところで、OP主題歌がどう聴いても”やくざフレンズ“なのだが狙っているのだろうか。

終始いらんこだわりが黒光りする、そんなアニメだった。うん、10話でおなかいっぱい。

深夜!天才バカボン

原作:赤塚不二夫

制作会社:studioぴえろ+ 監督・脚本:細川徹

OP「BAKA-BONSOIR!」TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
ED「風は吹いている」ケツメイシ

キャスト:バカボンのパパ(CV.古田新太) バカボン(CV.入野自由)
ママ(CV.日髙のり子) ハジメちゃん(CV.野中藍)

【おそ松さん】に次ぐ赤塚不二夫のナンセンスギャグアニメのリメイク。

同じ手法、同じ効果で配色や縁取りは完全に確立されたものをなぞっており

むしろ今後あらゆる手塚作品を同じタッチでリメイクし続けてくれないかなと思う程

似た作風だなとか感じるのは自分だけだろうか。

何やら放送前に一悶着あったようだが、このタッチで似てると言われるのがイヤとかよく言えるなぁというレベル。

メタフィクション著しく、放送倫理ギリギリパロディはむしろ【松】を超越してるかもしれない。

“深夜”という冠言葉で昼には放送できない過激な事をやりますよと

暗に明記してくれてはいるのだが、普通に夜でもダメだと思う

まぁ好みかどうかは別としてその姿勢は最高なのだが。

個人的には特別手塚作品に熱心なわけでは無かったので

むしろ今回初めてまともに【バカボン】を見ていることになった。

急にギャグ調の絵柄をやめてリアル頭身になるところは好かったかな……

まぁそれすらも【おそ松さん】でもあったわけだけど。

そしてやっぱり性に生にだらしのない本官が許容できる気がしない

あと多分【おそ松さん】の主要声優はおそらく全員出演した、かな?

神谷浩史に至っては本人役(人気声優役)だったし。

他にもYOSHIKIとか高橋克典にも何言わせてんの。笑。

じっくり腰を据えて見ると眉をひそめたくなってくるので

隣に別ウィンドウ開けて他の作業しながら見る

ちょうどよく情報が取捨されていい塩梅かもしれない。

働くお兄さん!の2!

原作:宇佐義大

制作会社:Tomovies 監督:高嶋友也 構成:宇佐義大

OP「LOVE YOUR LIFE」DearDream

キャスト:茶トラ沢タピオ(CV.富田健太郎) ロシ原クエ彦(CV.溝口琢矢)
名前を呼んではいけないその動物(CV.杉田智和)

2期をやるほど人気あったのかと驚愕したが

もしかしたら最初から分割2クールだったのかも知れない。

相変わらずバイトを転々としていて1カ所にとどまらない二人(二匹?)が

特にためにもならないような内容のバイトをしながら

ちょっとためになるアドバイスをもらう

相変わらずコンセプトがよくわからないアニメではあるのだが

特に見ない理由もないのでなんとなくで眺められる。ショートだし。

ちょっとだけ【だめっこどうぶつ】を見る感覚に近いのかな……。

まぁキャッチーな二足歩行の動物たちがかわいいなと思ったらその勢いで見てしまえるので

気になったらとりあえずで見てみても損はしないと思う。

あっくんとカノジョ

原作:杜若わか(月刊コミックジーン)
制作会社:ゆめ太カンパニー 監督:片貝慎

OP「恋のバルーン」大島はるな

キャスト:荘敦大(CV.鈴木達央) 片桐のん(CV.諏訪彩花)
松尾真砂(CV.植田圭輔) 荘千穂(CV.香里有佐)

登場人物の大半が恋愛脳のおめでたい思考回路に支配されているが

各自それぞれのぶきっちょをこじらせていてカオティックに展開される

ショートギャグラブコメ

まさか2クールやるとも思わなかったが個人的に楽しめてる作品なので嬉しかった。

尚、こんだけ悪態ついてるのに全て受け止められる女性なんて微粒子レベルでも存在しないので

世の小中学生はのんたんみたいな天使がいるという希望はくれぐれも持たない様に

逆に翻弄されまくりのあっくん妹が序盤と終盤で随分様変わりし

適度なツンデレになっているところが見どころ。底に恋心はあるのだろうか?

肝心の朴念仁の方がどう思ってるのか明白な描写がないのでやきもきするが

少なくともかわいいなと感じていると思う。小動物的な意味で

主人公とヒロイン父の似た者同士のやり取りとか微笑ましくて仕方がないし

必然的にヒロイン母の気持ちが手の取るようにわかる。

逆に教師と教え子の禁断ラブコメは必要だろうか?

なんだかそこだけ浮いてるような気がする。かわいいけど。

物語の構成的にも中盤以降主人公が変わろう(素直になろう)と

少しずつ仏頂面を解いていくのが健気で丁寧な描写だと感じた。

そしてあのエンディングである。

もうほんとニヤニヤが止まらない。ラブコメとして最高の視聴感だった。

毎話短いなぁと感じたのでショートアニメで成功だったと思うが

15分1クールで見たかった気もする。30分は流石に長いか。

いやー、これは胸やけせずに見られるいいラブコメだ

信長の忍び~姉川・石山篇~

原作:重野なおき

制作会社:トムス・エンタテインメント/V1Studio 監督:大地丙太郎

OP「花の影」Lily’s Blow

キャスト:千鳥(CV.水瀬いのり) 織田信長(CV.羽多野渉) 助蔵(CV.村瀬歩)

毎度安定の原作クオリティの【信長の忍び】。

順調に話数を伸ばしてついに歴史上信長最大の失策といわれる比叡山焼き討ち前哨戦である。

いや言われてるかどうかは知らないが個人的に一番手こずったイメージのある包囲網だ。

特に【忍び】では信長は妹を溺愛してる描写が強いので、

浅井・朝倉軍との衝突は少し見るのが苦しい切ないと思う視聴者は多いだろう。

重野版長政がまた良い奴にしか見えなくてな……というか4コマだからだいたいそう見えるのだが。

とにかく今回は森可成のターンと言いたい感じ。

他の創作ものではそんなにスポットの当たらない彼だが

こと【忍び】に関しては比較的武将の中でも出番が多く、またイケメン。

討ち死にもドラマティックに描かれ、死後の魂の行方も最後まで追われた。

うーん、かなり扱いが良いよね。

このペースだと次のクールでは千鳥のライバルがついに登場しそう。

この信長包囲網ではそれまでの影響程の活躍していない彼女の出番が増える部分でもある。

かなり壮絶なシーンが続くので括目せよ!

……いや、まぁ、ギャグテイストではあるんですがね。


最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018夏アニメ完走日記-type.B-①【萌え×幻想】

2018夏アニメ完走日記-type.B-②【萌え×日常】

2018夏アニメ完走日記-type.B-③【ギャグ】

↓随時更新↓

2018夏アニメ完走日記-type.B-④【乙女向け】

2018夏アニメ完走日記-type.B-⑤【バラエティ】

2018夏アニメ完走日記-type.B-⑥【シリアス】