2018夏アニメ完走日記-type.B-⑥

2018年夏アニメのシリアス作品をピックアップ!

皆さん、2018夏アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

序盤の印象はリンク先に綴ってあります。

オーバーロードIII

原作:丸山くがね(エンターブレイン) イラスト: so-bin

制作会社:マッドハウス 監督: 伊藤尚往 構成: 菅原雪絵

OP「VORACITY」MYTH & ROID
ED「Silent Solitude」OxT

キャスト:アインズ(CV.日野聡) アルベド(CV.原由実) デミウルゴス(CV.加藤将之)
ジルクニフ(CV.櫻井孝宏) ガゼフ(CV.白熊寛嗣)

うーん、おもしろい。

並べる御託を選べないほど一部始終このアニメを楽しんでます。

……それだとここに書き記す意味がないので頑張って絞り出しますと

回を追うごとに主人公の人間性が薄れていくのが薄ら怖い。

そりゃあまだ同じ人族が蹂躙されるのを見逃せないとか

ジェノサイドな考えに至らなくて部下の提案にしどろもどろになるとか

命の価値に優劣をつける傲慢さはかろうじて残ってはいるものの

おおよそ登場人物をNPCと認識する機会が増えてしまってさぁ大変。

部下が提案したという大義名分はあるものの、ついに大量虐殺に踏み切ってしまう。

しかも自ら餌を巻いておいて底なし沼に引きずり込むマッチポンプ。

名実ともに見た目通りの魔王様になり下がってしまったと言うわけだ。

1期の時のようなズレ漫才を楽しむ余裕や強大すぎる魔力を持て余すアインズ様は影を潜め

進んで大国へ攻め入る姿はまさに歩く地獄絵図

キリのいいところで終わってはいるが4期があるならさらなる胸クソ展開が続くのだろう。

個人的にはイビルアイちゃんの再登場を願っているが合流するストーリーはあるのだろうか?

とりあえずOxTMYTH&ROIDの【オバロ】関連曲が好みすぎるのもあって、

まだまだ続いてほしいコンテンツである。

なお、ネット上での評価はばっつり割れており、期を追うごとに酷評数が増えている

むしろもともと第1期終了時点の高評価が(個人的には大好きだったが)ありえない話で

なんでみんなされこうべが主人公で品行方正なアニメになると思ってたんだろう?

【オバロII】は確かに1期から間が空いた上に雰囲気等もだいぶ様変わりしていたが

【オナロIII】に関してはむしろ1期を見てたら

ギャップで楽しめる要素は豊富だったと思うのだが。

【デスノート】【幼女戦記】と主人公が必ずしも正義とは言えない作品が

……増えてはほしくないが稀にあると個人的にはものすごく楽しい。

そういう意味では転生先で魔王となり俺ツエーを豪語するという共通項はあるものの

【異世界魔王】の主人公の行為は正義に分類されるものなので差別化できる。

あとはどのタイミングで原作を読むかだな……。

確実にアニメよりは面白いだろうけど初見で驚けるのはアニメからの方が好ましい。

贅沢な悩みである。

Dies Irae

原作: light
製作会社: ACGT 監督:工藤進

OP「Kadenz」榊原ゆい ED「オペラ」フェロ☆メン

キャスト:藤井蓮(CV.鳥海浩輔) マリィ(CV.榊原ゆい) 櫻井螢(CV.瑞沢渓)
ラインハルト・ハイドリヒ:諏訪部順一 メルクリウス(CV.???)

追加6話と意外と大きいボリュームで合計1.5クールとも言える内容。

前11話を見てきた者に今更言うのも忍びないが、

原作未プレイには12話以降はさらなる置いてけぼり感を食らうので覚悟するように。

――というのも、原作ファンでも知らないキャラが出てないか?

(調べてみたら同シナリオライターの前作のキャラだそうです。やりたい放題か!いいぞもっとやれ

逆にいえば、ほんとうに見てほしかったのはここからではないかと思うくらい

内容と愛情の詰まった6話だった。

正直アニメ化が嬉しすぎて手放しで賞賛してはいたものの、

お世辞にも作画が良かったとは言えないし、所見には不親切だった。

ところが追加6話に関しては圧巻の描き込み量

相変わらず不親切には違いないが何も知らなくても滾る熱量を感じられる脚本

そうそうそこだよそこが見たかった聞きたかった!と的を得たバトルアクション

声優の熱演もあって【シンフォギア】ばりの誘爆力を放った。

確かに再現されなかったテキストはあったが全部を起こすわけにはいかないので

個人的にはその中でも最低限の選別は成されたと思っている。

そもそもゲームではわずかな一枚絵とテキストだけで表現されている戦闘シーンだ。

こういう風に戦っていたのか!とようやっと理解できたというものである。

ダブル詠唱が流れた瞬間のニコ動上のコメントも熱かった。この一体感、最高だね。

よくもまぁあの壮大な物語から一区切りつけたなと感心するばかり。

なんだか櫻井螢の出番が多かったように思うのだがべらぼーに可愛かったからまぁいいか。

アニメではなんか存在感の割には全然活躍しなかったぞ?というキャラがいたと思うので

少しでも気になった方は原作ゲームに手を出すことをお勧めします。

テレジアセンパイかわいいっすよ

アンゴルモア 元寇合戦記

原作:たかぎ七彦(サムライエース)

制作会社:NAZ 監督:栗山貴行 構成:ヤスカワショウゴ

OP「Braver」ストレイテナー
ED「Upside Down」SHE’S

キャスト:朽井迅三郎(CV.小野友樹) 輝日(CV.Lynn)
鬼剛丸(CV.小山力也) 白石和久(CV.乃村健次)

鎌倉時代の元寇という日本人であれば誰もが学校で習い学び知っている歴史でありながら

アニメやゲーム、ドラマですらほとんど触れられることのない謎の史実。

舞台となる対馬にもほとんど詳細な記録が残ってないが抗っていたという事実だけはある……

そんな歴史浪漫溢れる設定に心踊らないアクション好きがいるだろうか!?

とにかくこのアニメは”優しくない”その一言に尽きる。

まぁどうしてもこういうスペクタクル時代劇を扱うとなると

主要キャラですらすぐ退場してしまうのが世の常だが、その選出に一切の妥協が無い。

ましてや史実で蹂躙されまくったと記述のある出来事である。

じょうずな死亡フラグのつくりかた“でも流してるのかと思うくらい

綺麗に希望的観測を口にした者から順に退場していく律義さで

皆生き残ってくれ!と願う余裕すらなくバッタバッタと薙ぎ倒されていった。

もう名前のあるキャラだろうが重要な立ち位置であろうが構うこと無しである。

殊更にドラマティックに描くわけでもなく気がつけば大方モブに一斉に切りかかられ

鬼剛丸に至っては最期の瞬間すら映像に流れなく、

鹿乃はその功績に見合わない想像も憚られる目に遭う事になる(のだろう)。

尤も、この2名のおかげで主人公とヒロインが生きながらえた決定的な要因なのは揺るぎない。

またSEがかなりリアルで、斬首の音の無機質さ等が不気味。

割と打ち首のシーンも当たり前に流れるので、規制に関しては強気だったと言わざるを得ない。

こうしてどこにも媚びることなく描ききってる中で、

ほんと女性キャラが普通に美少女な作画なのが良い意味で浮いている。

こういう作品を書く人は女の子描くのが苦手だという人が多いのに。笑。

惜しむらくは1クールしか与えられてないこと、の一点に尽きる。

概ね脚本・演出等には満足しているのだが

もっとじっくり描いてくれればいろんなキャラの死に様にもっと感動できたはずなのに。

思いっきり途中で終わった形なので(なんか前期はそういうの多いな……)

是非とも福岡編も描ききってほしい。

あとなにより源義経の逸話も原作者の解釈で盛り込もうとしている部分も楽しみだ。

彼の行く末をどう描くのだろう?

STEINS;GATE ZERO

原作:志倉千代丸/MAGES.

制作会社:WHITE FOX 監督:川村賢一 構成:花田十輝

OP「ファティマ」いとうかなこ
-「Amadeus」いとうかなこ
ED「「LAST GAME」Zwei
-「World-Line」今井麻美

キャスト:岡部倫太郎(CV.宮野真守) 椎名まゆり(CV.花澤香菜)
比屋定真帆(CV.矢作紗友里) 橋田至(CV.関智一) 牧瀬紅莉栖(CV.今井麻美)

絶対名作のモニュメント、【シュタゲ】の続編が満を持してのアニメ化だ!

“2週目”をアニメ化した作品としては【ペルソナ4】が思い浮かぶが

再放送途中から放送内容を一部変更してそのまま続編へと繋げる手法はまさに前代未聞。

志倉千代丸の急な思いつきにスタッフが全力投球した結果

この上ないドラマティックが起こってしまった。

実は筆者Bは第1期の【シュタゲ】を見ておらず、

【ゼロ】を見る前にamazon primeで一気に完走した上で臨んだのだが

正直丸一日ぶっ通しで24話+劇場版+βを見た上で【ゼロ】最新話に追いつき

そこからは毎週待ち遠しく待機していたものだ。

【無印】視聴中、え、これみんなは1週間待たされて続き見たんだよな?信じられない

と思いながら眺めていたのだが、まさしくそれを【ゼロ】で味わってしまった。

くそ……次週が待ち遠しい!

それでも何が起こるかわからない【無印】に比べれば

目的と理念がはっきりしている【ゼロ】はまだマシだったのかもしれない。

すでに決定している未来――いや、確定したはずだった未来を目指す主人公に

時にじれながら時に飽きれながら手に汗握り応援する、

子供がヒーローを応援するくらいの純粋な感情を、そこに湧きあがらせてしまった。

そしてそれこそが、まゆしぃが主人公に抱いていた感情なのだと思うと

なんだか胸の奥がきゅっとしないだろうか?

実はアニメを見ていなかった理由が、

まっさらな状態でゲームをやりたい!(けど時間が無いっ)

だからゲームをするまでは絶対見ない!

と思ってたからであって、最初から興味はめちゃくちゃあったのだ。

それぞれの個別ルートも気になるし、

結局のところ判明してないあれやこれやが気になるので

絶対いつかやりたいゲームの一つであることは変わりないのだが。

……ただアニメを見る以上にゲームって時間と体力使うんだよなぁ。

だれかまとまった休みをワタクシにくださいませ。。。

関連記事

2018夏アニメ完走日記-type.B-①【萌え×幻想】

2018夏アニメ完走日記-type.B-②【萌え×日常】

2018夏アニメ完走日記-type.B-③【ギャグ】

2018夏アニメ完走日記-type.B-④【乙女向け】

2018夏アニメ完走日記-type.B-⑤【バラエティ】

2018夏アニメ完走日記-type.B-⑥【シリアス】