2018夏アニメ序盤雑感-type.B-①

2018夏アニメ注目の美少女ファンタジー作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

ISLAND(アイランド)

原作:フロントウイング 原画:空中幼彩

制作会社:feel. 監督:川口敬一郎 構成:荒川稔久

OP「永遠のひとつ」田村ゆかり
ED「Eternal Star」亜咲花

キャスト:三千界切那(CV.鈴木達央) 御原凛音(CV.田村ゆかり)
枢都夏蓮(CV.阿澄佳奈) 伽藍堂紗羅(CV.山村響)

放送前に一悶着あった本作。

美少女×海×ミステリーとまさに夏真っ盛りな内容で

覇権を狙ってます感アリアリだが肝心の内容の方は如何ほどか!?

いまのところタイムリープっぽかったり伝奇ものっぽかったりで

さわやかな【ひぐらし】のような感じで不可はない。

美少女ストーリーものの通例として序盤はまったりな日常が展開されるので

ここを退屈と感じるかこういうのでいいんだよと思うかはその後の展開次第。

個人的にはちゃんとヒロインが可愛いので普通に満足。

核心に触れるまでも楽しんで試聴できそうだ。

メインヒロインが軍服っぽいテイストの尖ったデザインなので

これが今後どういった意味を持つのか。

なかなか不穏な伏線になりそうな要素もチラチラしてるので

是非この異常気象な猛暑に対抗できるような

肝を冷やしてくれる展開を期待している次第である。

度肝を抜いてくれてもいいし。

……あれ、もしかして肝を試されている

気になるのは主人公が一瞬(セツナ)でヒロインが永遠(リンネ)と

どちらも時間に関する名前であるということ。

はたしてどんな物語が紡がれるのであろうか。

面白くなりそうなんだけどなー、どうだろうなぁ。

異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術

原作:むらさきゆきや(講談社) イラスト:鶴崎貴大

制作会社:亜細亜堂 監督:村野佑太 構成:筆安一幸

OP「DeCIDE」SUMMONERS 2+
ED「最悪な日でもあなたが好き。」芹澤優

キャスト:ディアヴロ(CV.水中雅章)
シェラ・L・グリーンウッド(CV.芹澤優) レム・ガレウ(CV.和氣あず未)

出ました出ました今期もございますみんな大好き異世界ものですよー

――と、一笑に付すのは早計也。

なろう系出身じゃないのになろう系だと思われるのはなろう系作者に失礼

と微妙に意味の解らない供述をしている原作者が話題になったが

その実、動画という利点を完璧に最大限に活かした作画と

没個性と謳われて久しいラノベ絵師界に於いて画力を上げて物理で殴るキャラデザと

ちゃんと練り込まれて巧妙に底を隠したストーリー構築は

タイトルから醸される凡百な印象を完全に拭い去った序盤3話だと思う。

まぁそれを成り立たせているのは作画が全く崩れないことが前提かもしれないが。

とりあえず異世界にありがちなチート機能で”オレツエー”なのは確かに変わらないが

精神的に余裕がない辺りが【オーバーロード】を思わせて面白い。

不遜で驕った態度はとりつつも内心焦りまくったりしてるので好感。よって

異世界転生でも個人的に好きな【リゼロ】【ノゲラ】【幼女戦記】側に分類された。

それと、原作者にスポットが充てられることは間々あるが、

こちらではイラストレーターにもインタビューしている記事がある。

そこではエルフ耳は垂れ気味で肉厚にというような妙な拘り等も聴けて楽しい。

……何が言いたいかというと、つまりスタッフが原作を盛り立てているという事。

なにやら「原作を愛していなくてもアニメは作れる」とのたまった者が居るらしいが

断じて否、いや、少なくともこの作品は愛ゆえに評価を上げていると言える。

“異世界”だからといって敬遠するにはいささかもったいない作品だと主張したい。

そしてアイドルでもある芹澤優がこのような演技を見せるとは……脱帽。

最近声優として一皮むけた印象があるのだがどうだろう。

逆に和氣あず未最近めっちゃ出てない?と思ったけどそんなでもなかった。

あれ、強く印象的なだけなのかな?好きなキャラばっかやってる。

レムかわいいよレム。

百錬の覇王と聖約の戦乙女

原作:鷹山誠一(HJ文庫) イラスト: ゆきさん

制作会社:ユグドラシル・パートナーズ 監督:小林浩輔 構成:高橋ナツコ

OP「Bright way」内田彩
ED「世界中が恋をする夜」petit milady

キャスト:周防勇斗(CV.酒井広大) フェリシア(CV.末柄里恵)
ジークルーネ(CV.伊達朱里紗) イングリット(CV.河瀬茉希)

そして図らずも上記【異世界魔王】と同時期に放送してしまった故に

“よくある異世界もの”の超テンプレっぽさが強調されてしまったのがこちら【百連覇王】。

ご丁寧にもコメントに「は?」と撃たれることの多い異世界モノな上に

タイトルに”覇王”とついてしまっている。

【いせスマ】から綿々と続いてしまうチート無自覚傲慢主人公×美少女ハーレムという系譜に

まったく背かない展開に世間では【デスマ】に続く【スマホ三郎】と呼ばれてしまう始末である。

実際スマホを使って歴史の戦術を駆使していることから

まぁそう呼ばれてしまうのは致し方がない気もする。

個人的にはだからといって面白くないという事もないのだが

面白いとは声高には言えない程度ではあるが楽しんではいる。

今のところ好きなキャラは特にいない。

だがそれもこれも作画の甘さが原因かもしれない。

もしもこの作画レベルが【異世界魔王】と同等だったならば……

女子しかいない【グランクレスト戦記】の雰囲気になって

ほんとは面白く感じるストーリーに……なるのかもしれない。

いや、やっぱり主人公が何の苦労も苦悩もしてなさそうなのが癪かなぁ。

ちなみに、こちらも”なろう出身”ではないのであしからず。

【かんぱに】でも活躍しているゆきさんの美少女がまぶしい幻想浪漫譚です。

七星のスバル

原作:田尾典丈(ガガガ文庫) イラスト:ぶーた

制作会社:Lerche 監督:仁昌寺義人 構成:吉岡たかを

OP「360°星のオーケストラ」petit milady
ED「Starlight」山崎エリイ

キャスト:天羽陽翔(CV.高梨謙吾) 御門貴法(CV.石川界人)
空閑旭姫(CV.大森日雅) 碓氷咲月(CV.鬼頭明里)

こちらは【SAO】の血を受け継ぐフルダイブオンラインゲーム式のアニメである。

個人的には【.hack】系列と呼びたいが、まぁそこは各々決めてくれればOK。

前期【ガンゲイル・オンライン】難民を救済するタイミングでの放送ではあるが

男性も出てくるので実はそんなに救済できてないかもしれない。笑。

それはさておき、「俺たち仲間はずっと一緒だ」「何も怖くないぜ」

などといかにもフラグっぽいフラグを並べ立てていたなと思ったら

まさに6年前に起こった不慮の事件から始まるなかなかに暗い序章。

そこで死亡した少女とゲーム内で再会する所から始まる

あの日見たレアアイテムの効果を僕達はまだ知らない、といった具合だ。

作画は【プレアディス】や【ひなろじ】を思わず淡くも華やかで柔らかな印象。

当時仲間だった者が少しずつ集まっていくであろう事が確実なので

青春なんたらが味わえて泣けそうな作品になる予感もする。

まぁなんとなく今後の展開は読めるような気もするが

逆にそこから外れてあっと驚くような結末を期待してもいいのだろうか?

いまのところ自分にしては珍しく、負けヒロインではなく

メインのアホヒロインの方がかわいい。

めんまは果たして目を覚ますことができるのだろうか。違うか。

少女☆歌劇 レヴュースタァライト

原作:ブシロード、ネルケプランニング、キネマシトラス

制作会社:キネマシトラス 監督:古川知宏 構成:樋口達人

OP「星のダイアローグ」スタァライト九九組
ED「Fly Me to the Star」スタァライト九九組

キャスト:愛城華恋(CV.小山百代)
神楽ひかり(CV.三森すずこ) 露崎まひる(CV.岩田陽葵)

このバトル空間が現実なのか妄想なのかで全く解釈が変わってくるので

微妙にファンタジーではないのかもしれないが、まぁなんとなくこの場所に。

収まりよくない?

舞台女優を描く現代版【ガラスの仮面】、かと思ったけど

いまのところ【チアフルーツ】のような表面だけ演劇のテイストが強い。

まだ【ひなこのーと】の方が歌劇してたような気がする。

話は今のところピンと来なくなんだかよく分からないのだが

動画部分(オーディション)はなぜかぬるぬる動く、動く。

【百連覇王】よりよっぽど迫力ある戦闘シーンだったぞ?笑。

だがいまだにこの空間の存在意義が良く分からない

そこを抜かせば多方面百合のベクトル混線注意報といった具合で

主人公を取り巻く幼馴染やルームメイトやらの傍ら争奪戦が白熱しそうで面白そうである。

それと調べて分かったのだが、下手ではないけど声の聞き分けができないなーと思ってたら

出演声優の半数は舞台を中心に活躍している女優らしい。

どうりで!下手じゃないけど発声が視覚情報有りきなんだ!

個人的には放送前に頒布されたテーマ曲(?)というかキャラソンがかなり好きなので

その辺りにも期待したいアニメである。

邪神ちゃんドロップキック

原作: ユキヲ( COMIC メテオ)

制作会社:ノーマッド 監督:佐藤光 構成:筆安一幸

OP「あの娘にドロップキック」邪神★ガールズ
ED「Home Sweet Home!」三浦祐太朗

キャスト:邪神ちゃん(CV.鈴木愛奈) 花園ゆりね(CV.大森日雅)
メデューサ(CV.久保田未夢) ぺこら(CV.小坂井祐莉絵) ミノス(CV.小見川千明)

ざざーすざざーすなすなざーす、がどこから発祥したのかは存じ上げないが

頭からパロディをぶっ放し嘘PVを厚い顔して放送し

あまつさえ隠すべくところも隠さない、

まるでホンモノの邪神ちゃんのような運営がのさばる本放送。

けして本編をなぞってるわけじゃないのに

本編の雰囲気を1mmも損なうことのないクオリティ

古参ファンの筆者Bは大変満足である!

正直普通に出会いのエピソードから描いてほしい気持ちもあったが

なるほど、そこはPVでやってしまってるから要らないと。

ましてや結構メンツが揃うのって意外と後の方だからもう最初から全員出しちゃえと。

おおよそハチャメチャにも思えるがその実効率のいい脚本に

この作品への愛を感じずにはいられない

まぁだからといって不条理スプラッタな作品なので大抵の人には勧められないのだが。

かわいいキャラデザとモチ-フで一見萌えファンタジーにも見えるが

むしろ今季【あそびあそばせ】とか【ちおちゃんの通学路】を見てる層にお勧めしたい

ゲス美少女アニメである。

作中で遊佐浩二という別々のキャラ出したのもどうかと思ったが

まさかここにきて本人をキャスティングするセンスよ。

だからって間(魔)の出番を増やす脚本よ。

ネームバリュー急上昇中のM・A・Oにあまり出番の多くないペット役で鳴かせるだけとか

モブゾンビに中田譲治を宛がうとか、もう声優の使い方が破天荒

前期はこの世で一番面白いと思っている小説のアニメ化があって

その消化不良っぷりに腹中下しまくりだったのだが

今期はどうやら溜飲がするっと下がりそうだ。

ほんと、制作会社の方ありがとうございます。

特にtwitter上でファンに欲しいグッズ募って

実際声優コメント付きキャラソン発売までこぎつけるとか素晴らしすぎる!

前期【ひなまつり】はキャラソンも買ったけど、

贔屓声優も居なければDVDがついてくるわけでもないキャラソンを買ったのは

この【邪神ちゃん】が初めてかもしれない。

アニメ本放送の満足度は正直【ヲタ恋】とどっこいだし

スタッフの熱の入れ具合も恐らく似ているのだが

筆者Bに響く活動はこっちの【邪神ちゃん】に軍配が上がる。

よってそんな陣営が作る以後のアニメも面白いに違いない。期待しています

というわけで【ヲタ恋】もキャラソン出そう?


最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-①【萌えファンタジー】

↓順次更新↓

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え日常系】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-③【ギャグ】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-④【乙女向け】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑤【バラエティ】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス】