2018夏アニメ序盤雑感-type.B-②

2018夏アニメ注目の美少女日常系作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

音楽少女

原作・制作会社:スタジオディーン

原画:さんた茉莉 監督:西本由紀夫 構成:赤尾でこ

OP「永遠少年」小倉唯
ED「シャイニング・ピース」音楽少女

キャスト:山田木はなこ(CV.深川芹亜) 箕作沙々芽(CV.高橋花林)
西尾未来(CV.岡咲美保) 雪野日陽(CV.大野柚布子)

まず率直な意見というのが、「このプロジェクトまだ続いてたんだ」と

「いつのまにアニメ化するほどの規模になっていたんだ」だった。

それこそキャラソンありきの美少女プロジェクトでコミケで買える声優CD

瀬戸麻沙美と当時まだ歌手デビューしてなかった沼倉愛美の歌声が聴けるということで

個人的には楽しみにしていた企画だったのだが

一人加わって3人になりついにメジャーレーベルに移行した!のも束の間

そこから音沙汰が途絶えたので自然消滅したものだと勝手に思ってしまっていた。

なにやら11人もいるし同じタイトルで別の作品かな?

とも思ったが、どうやらコンセプトも同じだったので余計混乱。

ちゃんと調べてみると旧音楽少女(千歳ハル 熊谷絵里 竜王更紗)は

“音楽少女”というユニットに所属しながら

先輩ユニット”H☆E☆S“として先にデビューしているという。

まー、大きくなって……また彼女らの声が聴けると思うと古参としては嬉しい。

肝心のアニメの方は女性マネージャー視点というまさかの乙女ゲーム的展開。

音楽一家に育った主人公が空港でアイドルプロデューサーにスカウトされ

華やかなルックスとダンスに才能を見出されたが致命的な音痴ゆえにステージに立つのは断念。

裏方として売れないアイドルユニット”音楽少女”を盛り立てる!

内容も今のところちゃんと音楽少女してるライブシーンもさることながら

ストーリーは衣装、楽曲制作、メイクと裏方の仕事にフューチャーしてるのが面白い。

そうなんだよ!アイドルを輝かせているのは

支えている人たちがいてやっと成り立ているんだよ!というあたりまえのことを

ちゃんと描いているのはとても好感だ。

残念ながら楽曲の方は初期のロック+デジタルの明確な住み分けではなく

完全に融合してキラキラして普通のアイドルポップスに均されてしまってるが

それでも良質なのでキャラソンも楽しみ

特ににこれといった意外性もないが、これといった不可もないので普通に見られそうだ。

なんせ主人公のSNSの相手があまりにも想像通り過ぎたでしょ?そんな感じ。

すのはら荘の管理人さん

原作:ねこうめ(まんが4コマぱれっと)

制作会社:SILVER LINK. 総監督:大沼心 構成:志茂文彦

OP「Bitter Sweet Harmony」中島愛
ED「そんなの僕じゃない。」下地紫野

キャスト:春原彩花(CV.佐藤利奈) 椎名亜樹(CV.喜多村英梨)
雪本柚子(CV.高森奈津美) 月見里菫(CV.瀬戸麻沙美) 風見ゆり(CV.宮本侑芽)

現代版というか美少女アニメ好き向け【めぞん一刻】とでも呼ぼうか

一つ屋根の下ドタバタラブコメディ

オネショタ属性狙い撃ちのいろんな意味で包容力が豊満なアニメで

その辺りの作画に一片の抜かりもない気合の入った作品だ。

名前と見た目で完全に女性と間違われて”すのはら荘”へ入居する主人公。

そこの管理人さんに振り回されつつも惹かれていくラブコメに進展

しそうな感じのハーレムアニメで、他の部屋にも各種美少女が住み込んでいる。

主人公に対する管理人さんの行動が天然か狙っての行動か判断に苦しむが

主人公が美少女に見紛う程可愛いので絵的には問題ない、かも。

とにかくいろんな角度から楽しめるが、主人公の背が小さいので特に煽りが秀逸だ。

メインヒロインも一級品ながらロリ、百合、腹黒と取り揃えており

美少女ハーレム物としても見られる。

主人公から(無自覚に)攻めるパターンも主人公の純心を弄ぶ展開も用意されており

まさに至れり尽くせりと言えるだろう。

まぁ、端的に言えばそれ以上の内容などはない。頭空っぽにして眺めていよう。

まさに管理人さんに意識を委ねるがごとく……。

個人的に喜多村英梨の演技が違和感が無くてすごい。

こんな激甘ショタボイスも出せるのか!

その昔【こどものじかん】九重りんでロリもやってたし

正直【WORKING!】轟八千代のイメージも強いので管理人さんも出来そう。

……この作品の主要キャラ全員キタエリでもできそう、と思ってしまうのはファンゆえか。

ともかく。こんなに透明感の高いキタエリは初めてかもしれない。

アキくんかわいいよアキくん。

ゆらぎ荘の幽奈さん

原作:ミウラタダヒロ(週刊少年ジャンプ)

制作会社:XEBEC 監督: 長澤剛 構成:子安秀明

OP「桃色タイフーン」春奈るな
ED「Happen〜木枯らしに吹かれて〜」湯ノ花幽奈、宮崎千紗希、雨野狭霧

キャスト:冬空コガラシ(CV.小野友樹) 湯ノ花幽奈(CV.島袋美由利)
宮崎千紗希(CV.鈴木絵理) 雨野狭霧(CV.高橋李依)

偶然か必然か、【すのはら荘】に対抗するように屹立するは

ジャンプコミックのお色気を受け継ぎし新鋭【ゆらぎ荘】。

幽霊を扱った作品でのヒット作の多いジャンプはまた【To loveる】の掲載された雑誌でもある。

その二つのDNAとして話題沸騰中のこちらの作品、満を持してのアニメ化だ。

虚霊体質(※適当です)であった主人公はその克服のために霊媒拳(※適当です)を取得し

一人暮らしの為に格安の宿を求めて辿り着いたのがまさに幽霊屋敷

ちょっと不思議な同居人(地縛霊)とかなり不可思議な隣人や中居さんと

くんずほぐれつ仲良くド付き合うラブコメディ。

内容はいたってシンプルで、現代版【ラブひな】といった具合。(講談社じゃねーか

但しヒロインは全員妖怪だがな。……いや【ラブひな】も似た様なものか

まぁとりあえず初めから好感度MAXができたり逆に氷点下のカタブツがいたりで

見事なまでに美少女ハーレム作品の基礎を踏襲している。

なにやらアニメ化以前からよく周囲で話題に上がっていた作品ではあるのだが

正直今のところ特にこれといった感慨もない。

まぁ設定が設定だし【貧乏神が!】のように

いずれジャンプ特有のバトルにも出来そうな要素もあるし

コメントでも「面白くなるのはもうちょっと後の方」という意見も散見される。

まぁ面白くならなくてもとくには問題なく視聴を続けるが

もちろんそれに収まらない展開になるのは大歓迎なので、

それを期待しつつ湯にでも浸かってまったり眺めたい。

ハッピーシュガーライフ

原作:鍵空とみやき(月刊ガンガンJOKER)

制作会社:Ezo’la 総監督:草川啓造 構成: 待田堂子

OP「ワンルームシュガーライフ」ナナヲアカリ
ED「SWEET HURT」ReoNa

キャスト:松坂さとう(CV.花澤香菜) 神戸しお(CV.久野美咲)

萌えアニメというものは刺激物を極力そぎ落としてあるので

毒にも薬にもならないままただただかわいいという感想に終着しがちである。

特にガンガン系列は男性向けに限らず女性向けでもその傾向が強いので

カッコいいだけ、かわいいだけの作品が作られがちな雑誌だという認識だ。

(その絵柄に惹かれて好きな作品も他の雑誌より多いのだが)

そんな気持ちでこんな甘ったるいタイトル

甘い声代表みたいな声優をダブルキャストに添えたこのアニメも

どうせそんな感じだろうなと思って再生した自分は

30分後には激しく後悔することになるとは思いもよらなかった。

……いや、ぽんばしホットライン(最新ニュース)をまとめてる過程で

“ヤンデレ”というキーワードは見かけていたので

せいぜい激しくても【未来日記】程度だろうと思っていたのだ。

断じて否。

たぶんこれは【スクイズ】系統の救いようのない利己的な危険性を孕んだ代物だ。

幻想や伝奇が絡むとヤンデレも一種の幻想として映るので

個人的には実はまったく怖くは感じないのだが

いやー、【ハピシュガ】は3話まで見た時点で震えたね、恐怖で。

しかも男女感でしか触れたことのない関係性だったので

少女×幼女という組み合わせでここまで激しいのは初めてだ。

何気に百合×ヤンデレは【捏造トラップ】含め実はそこそこ存在してるのだが

このくらいの狂気はなかなか見ない。つまり新鮮な口当たりである。

しかも今季随一の美少女作画クオリティ。かわいいだけにそのインパクトは強大だ。

あ、内容は誰もが羨む美少女女子高生が愛らしい幼女と同居して

幸せで甘々な生活を送るまさにタイトル通りの物語ですよ。含笑。

事前情報なしで見た方が絶対面白いと思うのでネタバレ厳禁。探さないように。

とにかくアニメの構成が上手くて常にドキドキはらはら

「え、え、どうなっちゃうの」「あーそっちいったらダメー!」と

こんなに見てて落ち着かない感覚は久しぶりかもしれない。

まだこういう気持ちになれる作品があったのか!

とても人に勧められる内容ではないが、これは間違いなく名作だと思う

ちおちゃんの通学路

原作:川崎直孝(コミックフラッパー)

制作会社:ディオメディア 監督・脚本:稲垣隆行

OP「Danger in my 通学路」三谷裳ちお、野々村真奈菜、細川雪
ED「ナナイロード」三谷裳ちお、野々村真奈菜

キャスト:三谷裳ちお(CV.大空直美) 野々村真奈菜(CV.小見川千明) 細川雪(CV.本渡楓)

なんというか前期からギャグアニメの勢力が強いなぁと感じてるのは自分だけだろうか。

タイトルからどちらかといえば【踏切時間】のような

シュールな日常の一コマを切り取ったクスリとする作品なのかと思いきや

がっつり不条理のハイテンションのクズ女子高生ギャグアニメである。

波乱万丈!!エクストリーム登校コメディ“のキャッチフレーズがもう意味が解らない。

主人公が遅刻やヤクザや尿意やセパタクローと戦いながら登校を目指す日常アニメなのだが

既にこの文字列のカオティックさが尋常じゃない。

親友もなかなかゲスい思考回路をしていて主人公と反発しあうが噛みあっていていいコンビ。

そして微妙な距離感のクラスメイトと仲良くなりかけてしまった事によって事件は連鎖する!

見心地は【ヒナまつり】と似ていて

通常ありえないシチュエーションから予測不能のボケが繰り出され

超能力は出てこないが主人公が無駄に運動神経が高いので

実現不可なアクロバットなネタもちょこちょこある。

これ見る方も体力要るな……。

ちゃんとタイトル通り基本的に通学路で繰り広げられるのにこだわって

話が組み立てられているもポイントが高い。

そしてこの作品でもヤクザ(不良)が優しい。

ギャグアニメだと一般的に外れた者さえもあくまで現実に囚われる範疇だ

と言いたげに、主要人物の行動の方が破天荒で異常、なのかもしれない。

そんで主人公もさることながら周囲の感受性もヤヴァい。

ツッコミ不在の投げっぱなしスクールライフに君は耐えられるか!

個人的にはOPがかなり好み。

疾走感あるオケになんとも微妙な言葉選びの歌詞が羅列される面白楽曲。

ほんと普通に聞けばかっこいいだけにいろいろ惜しい。

だがそれが面白い。歌詞によって楽曲に印象は大きく変わる、いい例だと思う。

いやー、声出して笑いたい人に確実におすすめできるアニメだと保証したい。

1クールに一本こういうのがあるとなんか平和で良いなって思うよね。

あそびあそばせ

原作:涼川りん(ヤングアニマル)

制作会社: Lerche 監督:岸誠二 構成:柿原優子

OP「スリピス」本田華子、オリヴィア、野村香純
ED「インキャインパルス」本田華子、オリヴィア、野村香純 feat. Ikepy & KSKN

キャスト:本田華子(CV.木野日菜) オリヴィア(CV.長江里加) 野村香純(CV.小原好美)

などと思っていた時期が自分にもありました

上記で綺麗に(?)治めたかと思ったら不条理ギャグアニメがもう一本出現。

戦慄の顔芸ギャグコメディが【ちおちゃん】の爆走に立ちふさがる!?

(よく考えたら【邪神ちゃん】もあるので三本目か。お笑い過多である。むしろバッチコイ)

一見真面目そうだが英語が壊滅的に苦手な女子高生が

一見パーペキに外国人だが英語が全く話せない女子高生の

仲のいいクラスメイトをからかう為だけにカタコトを話すのを見かけたところから

この喜劇は始まる。

普通はそうなる前に良心やら常識やらで踏みとどまるところを

この作品の登場キャラは全力で踏み抜くのが至高。

結果ノーガードの言葉の暴力が視聴者を襲う。

心の声も基本ちょっと堪えてもどうせすぐ洩れるガバガバ設計。

なるほど、汚い【キンモザ】の異名は伊達じゃない。(そうか?)

むしろ個人的には汚い【苺ましまろ】だと感じたが

それはオリヴィアにアナ・コッポラを連想しただけなので置いておこう。

掲載紙がヤングアニマルということでギャグアニメにしては描写が無駄に性的

そういう意味では【しょびっち】と同じ楽しみ方が出来そう

……と思ったがギャグ部分があまりにもゲスいので

やっぱり美少女化した【稲中卓球部】のほうがしっくりくるかなぁ。

こちらも詐欺OPと本性EDが最高。

特にEDにデスボイスを使うセンスよ。完成前に正気を疑わなかったのか?

【邪神ちゃん】にも言えることだが、若手女性声優のかわいらしい歌声に

ヘヴィで極悪なサウンドが乗っかるカオス具合が聴いていて楽しい。

本場のメタル好きは敬遠するだろうが、自分にはちょうどいい塩梅に聴こえる。

【わたモテ】OPにも通じる無駄なかっこよさだ。


というわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-①【萌えファンタジー】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え日常系】

↓順次更新↓

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-③【ギャグ】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-④【乙女向け】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑤【バラエティ】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス】