2018夏アニメ序盤雑感-type.B-③

2018夏アニメ注目のギャグ作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

兄に付ける薬はない!2

原作:幽・灵(快看漫画)

制作会社:イマジニア、ファンワークス 監督・脚本:ラレコ

OP「Let Him Go!」佑可猫

キャスト:時分(CV.中村悠一) 時秒(CV.雨宮天)

中国発、兄と妹のドタバタギャグコメディがまさかの第2期放送開始だ。

今でこそ雨宮天のお転婆ボイスは(主に【このすば】のおかげで)聞き慣れたと思うが

当時はこの作品で新境地を開拓したと感じた者も多いはずだ。

そして現代アニメきっての”お兄ちゃんボイス”、中村悠一

声優的にも恵まれている本作だが、内容もしっかり面白いので

中国発だからと敬遠するのはもったいないと声を大にして主張したい。

なんというか、割と本気でひどい兄の仕打ちに

まじで妹に同情してしまう場面がいくつかあり

彼女の肉体言語に打ちのめされる兄を見るのがこのアニメの楽しみ方である。

割と昔ながらというか、取り返しのつかないほんとにゲスい行動もあるので

共感性羞恥を覚えてしまう者は少しだけ注意が必要だ。

働くお兄さん!の2!

原作:宇佐義大

制作会社:Tomovies 監督:高嶋友也 構成:宇佐義大

OP「LOVE YOUR LIFE」DearDream

キャスト:茶トラ沢タピオ(CV.富田健太郎) ロシ原クエ彦(CV.溝口琢矢)
名前を呼んではいけないその動物(CV.杉田智和)

謎の働く猫を追いかけたコメディアニメも2期に突入。

相変わらず日替わりのバイトシフトで謎の採用体系だが

まぁそんな細かいところに突っ込むのはナンセンスだろう。

基本的にネタは扮している動物の特性に依存しているが

1期より登場人物に対して”いるいる~”という共感するネタは増え

もしくは慣れてきたのかまぁまぁそこそこ見続けられる内容だと言える。

ただ途中で普通に実写で物語を進めるのはどうかと……。

普通に番組の事をキャラとしてじゃなく語ってるのはむしろ好いんだけどね。

……まぁ前期同様見続けてる意味も分からないまま最後までなんだかんだ完走しそうだ。

ぐらんぶる

原作:井上堅二(good!アフタヌーン) 作画:吉岡公威

制作会社:ゼロジー 監督・脚本:高松信司

OP「Grand Blue」湘南乃風
ED「紺碧のアル・フィーネ」伊豆乃風

キャスト:北原伊織(CV.内田雄馬) 今村耕平(CV.木村良平)
時田信治(CV.安元洋貴) 寿竜次郎(CV.小西克幸)

どうしても国内最大級の登録者数を誇る某お空ゲームが頭をよぎるタイトルだが

こちらはどちらかと言えば海、要するに【あまんちゅ】と同じ

ダイビングを題材にしたアニメである、たぶん、一応、かもしれない。

3話まで見てようやくこのカテゴリに書くべき作品じゃない!

とも思ったのだが、いかんせん序盤がただの裸芸のオンパレード

え、なにこれ、ダイビングしてなくない?となりかけていたので、

まぁとりあえず序盤雑感はあくまで”ギャグアニメ”として扱う事にした。

異論がある人もいないと思うし

内容が大学新生活を期に苦手な泳ぎを克服しつつダイビングにいそしむ青春ラブコメ

の皮をかぶった【男子高校生の日常】ならぬ“男子大学生の日常“といった具合。

悪ノリと悪ふざけが割拠し常にモザイク不可避な画面はまるでルネッサンスの壁画。

作品の概要を見てみると”ダイビングの他にも”、と枕詞がついているが

今のところ(3話視聴終了時点で)はお酒を飲んで飲まれて裸になっている記憶しかない。

男子校出身の主人公はそういったノリから脱却して薔薇色の青春を夢見てたようだが

まんまと薔薇(隠語)色の付き合いに巻き込まれているようだ。南無。

海に潜るというよりは海の男然とした濃い男性陣はいわずもがなだが、

女性陣もなかなかアクが強く、なるほど男所帯の中でも埋もれないしたたかさを感じる。

男女双方から好意を集めるメインヒロインが強すぎるのもおもしろい。

そしてネタに振り切ってるがゆえに無駄にかっこいいEDが最高。

完全に水樹奈々リスペクトの楽曲で当たり前のようにElements Gardenが作曲。

【うたプリ】タイアップの宮野真守のような内田雄馬の歌声が

ほんっと無駄にかっこいい(2回目)楽曲に仕上がっているぞ!

Back Street Girls -ゴクドルズ-

原作:ジャスミン・ギュ(ヤングマガジン)

制作会社:犬金企画 監督:今千秋 構成:山川進

OP「ゴクドルミュージック」大石昌良
ED「星のかたち」CHI-MEY

キャスト:山本健太郎(CV.小野大輔)
立花リョウ(CV.日野聡) 杉原和彦(CV.興津和幸)

何を思ったのか下手打ったモノホンのヤクザ極限の肉体改造を施して

面白そうという理由だけでアイドルにしてしまおうという狂った作品。

そんな、声まで変わって!と見た目はどう見ても美少女に変幻出来て

なぜか地下アイドルとしては成功している部類のようだ。

最初はどう楽しんでいいのかわからなかったが

掛けられるアドバイスが現役の頃の親分の台詞と重なったあたりから納得。

そうか、これアンジャッシュが得意とするズレ漫才コントみたいな感じか!

口も態度も悪いがもしかしたら忠誠心やら義理人情に堅い

彼らだからこそ目指せるアイドル像があるのかもしれない。

まぁ基本的にはコワモテのヤクザが

アイドルしてるギャップを楽しめればいいんじゃないかな。

第1話も結果的に登場人物全員が有言実行してるのがオチとしても滑らかだった。

どうにも【ヒナまつり】以降ヤクザギャグが目に付くような気がする。

不謹慎かもしれないが、お笑いとはおおよそ縁遠いと感じるものほど

面白さは増幅するので仕方がない。

それにこういう作品に出てくるヤクザは現実よりちょっとだけオチャメだ。

……そりゃあサンドウィッチマン売れるよなぁと、

なんだか謎の納得をしているところである。

深夜!天才バカボン

原作:赤塚不二夫

制作会社:studioぴえろ+ 監督・脚本:細川徹

OP「BAKA-BONSOIR!」TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
ED「風は吹いている」ケツメイシ

キャスト:バカボンのパパ(CV.古田新太) バカボン(CV.入野自由)
ママ(CV.日髙のり子) ハジメちゃん(CV.野中藍)

【おそ松さん】の成功に味を占めたのか単に周年記念からなのか

2匹目のドジョウを狙ってのアニメ化と相成った【バカボン】。

まぁ画面に見えているのはウナギ(イヌ)ですがね。

個人的には【おそ松さん】は世間の盛り上がりとは一枚壁を隔てて、

それでもそれなりには楽しんでいたが、

彼らをかっこいいかわいいとした風潮は共感が出来なかった。

だがそれが女性らの心をガッチリキャッチしたことが

成功の要因であることは揺るがない。

だがしかし、はたしてその要素は【バカボン】にはあるだろうか……?

現時点でおまわりさんに生理的嫌悪を抱いているのだが皆さんは如何だろう。

ただ【おそ松さん】同様、これぞ赤塚節と呼ばれるような

空気感や雰囲気やナンセンス感はちゃんと再現できているらしく、

そこは純粋に素晴らしいと思う。

子供のころに【おそ松くん】は漫画で読んだことはあるのだが

【バカボン】にはほとんど触れてこなかった。

当時のこの興味の差がどうやら今でも変わってないらしく

すこし俯瞰して視てしまっているが、傑作らしく成功に終わてほしいプロジェクトだ。

そしてここでも櫻井孝宏がマスコットキャラを演じている。

いよいよ人外キャラが定着してきたが、次はなにを演るのだろう。

その動向も楽しみだ。


最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-①【萌えファンタジー】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え日常系】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-③【ギャグ】

↓順次更新↓

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-④【乙女向け】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑤【バラエティ】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス】