2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑤

2018夏アニメ注目の作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

Free!-Dive to the Future-

原作:おおじこうじ(KAエスマ文庫)

制作会社:京都アニメーション 監督:河浪栄作 構成:横谷昌宏

OP「Heading to Over」OLDCODEX
ED「GOLD EVOLUTION」STYLE FIVE

キャスト:七瀬遙(CV.島﨑信長) 橘真琴(CV.鈴木達央)
松岡凛(CV.宮野真守) 葉月渚(CV.代永翼) 竜ヶ崎怜(CV.平川大輔)

大人気イケメンばかりの水泳スポ根アニメの第3期。(本音)ポロリもあるよ。

相変わらず京都アニメーションの作画力は圧倒的だと思いつつ

今回は外国とか過去の因縁やら多次元で物語が構築されており

個人的にはこれまでより惹きつけられる要素が多いな!

……と感じていたのだが、

どうやらこれまでのファンからは微妙という声が聞こえてきている。

うーん、やっぱり世間の趣味とは微妙に合わないのかな。苦笑。

肝心要の水泳シーンは3Dを駆使した素晴らしいCGで、

今これ以上の水泳動画は他じゃ絶対作れないんじゃないかと思う。

それでも序盤はストーリーの種をまいている段階で

まだ何かが大きく動いているわけではないのだが

確実に大きな奔流となって終盤に荒波になりそうだ。

相変わらずOLDCODEXのOPはかっこいい。

鈴木達央が本編中だと柔らかい演技を見せているだけに

そのギャップはかなり面白い。

STYLE FIVEの方はいつもよりパリピ感マシマシで

スタッフも楽しんで作ってる印象。

まだまだこのコンテンツは儲けそうだ。笑。

はねバド!

原作:濱田浩輔(good!アフタヌーン)

制作会社: ライデンフィルム 監督:江崎慎平 構成: 岸本卓

OP「ふたりの羽根」YURiKA
ED「ハイステッパー」大原ゆい子

キャスト:羽咲綾乃(CV.大和田仁美) 荒垣なぎさ(CV.島袋美由利)

下記の【はるかな】を先に見てしまったので

こちらも美少女スポーツアニメでどうせ楽しくワイワイやってるんだろうなと

そう思って見始めたからこの温度差よ!

熱血青春ドラマばりに超ギスギスしたよどんだ雰囲気に

さすがアフタヌーンコミックやでぇ……と謎の納得をしてしまった。

バドミントン一筋の超攻撃型エースの少女が全日本ジュニア大会で惨敗。

以後部内の練習は激化し先輩とも衝突し部員も減少。

その部を立て直すため顧問が元代表のコーチを招集したらその辺でバド天才少女発見。

その少女こそジュニア大会でエースを負かした無表情少女だった!

――ところから物語は始まるのだが、驚いた、

wikipediaで読んだあらすじがぜんぜん違う

どうやら原作ではその無表情少女の方が主人公らしい。

そうなると原作は【BAMBOO BLADE】に近い雰囲気なのかな?

アニメはどちらかといえば【BAMBOO BLADE B】っぽいけど。

ストーリーがドシリアスなのもそうだが、スピード感のある動画

機微を逃さない表情や躍動しまくる肢体等の作画もどれも魅力的。

確かに主要人物は美少女ばかりなのだが、

萌えアニメとは一線を臥すひたすらストイックなスポ根を描いてやる

という気合が動画全体から漲っている。

でもやっぱり臆病で消極的な天才少女がめちゃくちゃかわいい

一時期【BAMBOO B】【蹴球少女】【アマチュアスラッガー】【ノノノノ】と

なんかやたらスポ根美少女漫画にハマっていた時期があったが

その時の感動を思い出した。

今期個人的に一番推したい作品がこちらである。

はるかなレシーブ

原作:如意自在(まんがタイムきららフォワード)

制作会社:C2C 監督:窪岡俊之 構成:待田堂子

OP「FLY two BLUE」大空遥、比嘉かなた
ED「Wish me luck!!!!」大空遥、比嘉かなた、トーマス・紅愛、トーマス・恵美理

キャスト:大空遥(CV.優木かな) 比嘉かなた(CV.宮下早紀)
トーマス・紅愛(CV.種﨑敦美) トーマス・恵美理(CV.末柄里恵)

沖縄へ引っ越してきた主人公が出逢ったのは

思い出とまったく見紛わない小柄の従姉妹だった!

こちらは期待通りのほんわか萌えスポーツアニメ

競技の性質上カメラワークは臀部や膕、腰回りや胸元を執拗に攻める。

当然水着の彼女らがその対象になるので

萌えの映像美が合理的に展開されるというわけだ。

また、ペアが基本なので百合的な関係性も強調される。

これほどまでにきらら系列の需要に合致したスポーツがあったとは!

だがそんなに甘い展開が多いわけではなく、

トラウマの多いヒロインを天然爛漫な主人公がなんとか取り持って

試合を成立させていく結構綱渡りなストーリーである。

第1話スタート時点でヒロインはあらかた仲間と拗れており

主人公を通じてその絆をレシーブ(取り戻す)することが主軸となるらしい。

萌えとスポ根とのバランスが絶妙で実に見やすい作品となっているので

よっぽど作画とかで失敗しない限り苦なく最後まで眺めていられそうだ。

ハイスコアガール

原作:押切蓮介(ビッグガンガン)

制作会社: J.C.STAFF 監督: 山川吉樹 構成:浦畑達彦

OP「New Stranger」sora tob sakana
ED「放課後ディストラクション」やくしまるえつこ

キャスト:矢口春雄(CV.天﨑滉平)
大野晶(CV.鈴代紗弓) 日高小春(CV.広瀬ゆうき)

漫画業界の異端児、押切蓮介が描く彼史上もっとも(唯一?)一般向けな作品が

満を持してのアニメ化だ。

大正や明治ならまだしも平成の内に過去の平成の日常を舞台に描かれる違和感。

現実に発売されているゲームがなんの改変も加えることなく取り扱う大胆さ。

異質を絵に描いた押切ワールドが見事アニメに落とし込まれていると感じたがどうだろう。

内容は、成績の微妙なゲーム大好き少年がゲーセンで一人白熱していると

なぜかその場にそぐわない成績優秀金持ちゴシックが現れゲームで彼女に敗退。

以後ことあるごとにいろんなゲーム機設置店ではちあわせては勝負し

いつのまにか少女はその少年といるときだけ

いろんなしがらみから解放されていくのを自覚し始める。

少年は少年で単純にゲームが大好きなので多少のわがままには目をつむり

それはそれで本人は不本意だろうがゲー充を満喫していたに違いない。

最初はベタだなーと少し斜めに眺めていたのだが、

ヒロインが少しずつ好意を隠しきれなくなってきた辺りから視界が激変。

ヒロインの利己主義は理不尽極まりないのだがそこが非常にかわいく

第3話をピークにその関係性はとても微笑ましいものに成長していた。

今現在3話までしか見てないのでそれ以降なにやんだよとも思うが、

こうした折り返し地点を序盤に生成するのはかなり掴みがいい。

(【LOST SONG】の評価が高くないのがその証拠だ)

途中、押切なら手癖で書けちゃうんじゃないかというホラー要素も通過しつつ

スタッフがちゃんとネタを理解して描いているのが好感。

こりゃサブカル勢に受けるわけだわ……。

ソシャゲだSNSだと自由度が増したように見えてその実

見えない檻に囚われていると感じる現代人にこそ見てほしいアニメかもしれない。

そこには不便はあれど不憫も不満もなかったのだっ。

はたらく細胞

原作:清水茜(月間少年シリウス)

制作会社:david production 監督:鈴木健一 構成:柿原優子

OP「ミッション! 健・康・第・イチ」赤血球、白血球、キラーT細胞、マクロファージ
ED「CheerS」ClariS

キャスト:赤血球(CV.花澤香菜) 白血球(CV.前野智昭)
キラーT細胞(CV.小野大輔) マクロファージ(CV.井上喜久子)

擬人化最盛期と思われる昨今の二次元業界の次のターゲットはなんと!

人体を形成する36億もの細胞である。

確かに思い返してみれば、理科の授業で

「外敵をぶっ殺す白血球ってかっけーな!」とか

「酸素を運ぶ赤血球一生懸命でかわいいな」とか

思ったような思わなかったような微妙な感じだが

擬人化して病原体と相対した時の描写とか

想像するだけでも面白そうになる題材には違いなかった。

それをまさに形にした原作者のなんと発想の豊かなことよ。

またキャラクターデザインが秀逸で、

売れた要因の8割がそれなんじゃないかと思うほど。

駆逐メインの細胞は屈強なイケメンで構成され、

補助する細胞は麗しき美少女に加え、

血小板を幼女で描く発想力たるや。

今や【はたらく細胞】の母娘コスプレイヤーのページを見てみると

必ずと言っていいほどわが娘に血小板の帽子を被せてる写真が見られるぞ!

そのどれもが微笑ましくかわいらしい。

というかあまり無理のないデザインなので、コスプレに限らず

二次創作に適した題材かもしれない。

また、見てる人数が多い上に誰もが共感できる題材なので

みんなでワイワイ見られるニコニコ動画もおすすめ。

オレの体内でいちゃつくな」「外の人なに食ったのよ」等

秀逸な大喜利も珍しくない。

ズバリ、今期の派遣候補筆頭だと思うが

このまま勢いを継続できるだろうか?見ものである。


最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-①【萌えファンタジー】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え日常系】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-③【ギャグ】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-④【乙女向け】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑤【バラエティ】

↓順次更新↓

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス】