2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑥

2018夏アニメ注目のシリアス作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

進撃の巨人 Season 3

原作:諫山創(別冊少年マガジン)

制作会社:WIT STUDIO 総監督:荒木哲郎 構成:小林靖子

OP「Red Swan」YOSHIKI feat. HYDE
ED「暁の鎮魂歌」Linked Horizon

キャスト:エレン・イェーガー(CV.梶裕貴)
ミカサ・アッカーマン(CV.石川由依) アルミン・アルレルト(CV.井上麻里奈)
ライナー・ブラウン(CV.細谷佳正) ベルトルト・フーバー(CV.橋詰知久)

なぜかNHKへ移って見られる環境をどんどん狭めてく【進撃の巨人】。

まぁGYAO!で見られるのでまだマシかな。

御姫様エレンの救出に成功した調査兵団だったが

巨人や壁に関する疑問は解消されるどころかますます深まってしまった。

未だに原作を読んでいないので毎度新鮮に楽しめているのだが

今原作のどの辺りなのだろう?

というのも、【ドラゴンボール】やら【ワンピース】やらは

引き伸ばしが多かったはずなのだが、こと【進撃の巨人】にそれは感じない。

分割クールなので内容が詰まっているとでもいうのだろうか。

そして今回はなんとOPが初めてLinked Horizonではない

それだけでかなり雰囲気がガラッと変わって、

内容は前回の続きのはずなのに肌触りが違う気がする。

きっと壁の外の話と絡んで壮大なイメージなのだろう。

逆にEDでリンホラ起用。この違和感が今は楽しい。

なにやら放送前特番がやたら多かったシーズン3。

改めて帯を締め直してどのような自信作が出来上がったのか、見届けよう。

オーバーロードIII

原作:丸山くがね(エンターブレイン) イラスト: so-bin

制作会社:マッドハウス 監督: 伊藤尚往 構成: 菅原雪絵

OP「VORACITY」MYTH & ROID
ED「Silent Solitude」OxT

キャスト:アインズ(CV.日野聡) アルベド(CV.原由実) デミウルゴス(CV.加藤将之)
エンリ(CV.M・A・O) ンフィーレア(CV.村瀬歩)

こちらはIIから短いスパンで迎えた第III期。

【進撃】同様こちらもOPが初めてOxTじゃなく、EDへ回っている。

なんだろう、賢明なアニメ会社は同じ発想をしているというのだろうか。笑。

今期の第1話もナザリック面々のシュールな大墳墓コントからスタートするが

今回はそのスケールが大きい。なぜなら1期目の台詞が反芻され

本人と部下たちの間に尋常じゃない強大なズレが生じていたことが発覚したのだ。

日野聡の演技も相まって抱腹

アルベドも前期のシリアス薄暗い笑みは結局なんだったのか。

いつもの色ボケにもどって安定のオチへ導かれてしまった。

……うん、骨って挿入るのかなぁ。

一通りボケ倒すと場面は変わりこれまた1期目以来の始まりの村、もとい、カルネ村。

どうやら今回はこちらが舞台となるようだ。

なにやら主人公の思うとこの範疇外のことが起こりそうな不穏な気配。

多分部下の暴走もしくは勇み足がありそうでハラハラする。

それにしても前期のリザードマン編同様

主要キャラが出てない話でも十二分に面白そうな展開が立て続く。

こんなに脇キャラが濃い作品は初めてかもしれない。

それにしてもまさかゴブリンでも主軸になる作品があるとはね。

【オバロ】のモンスター愛ってどうなってるんだろう。

そしてなにより、なぜかまたニコ動で無料になったのも嬉しい。

金払っても普通に見るが、他の人の意見も楽しめる派としては

この作品もなかなか高品質なコメント芸が見れて楽しいのだ。

間抜けな局面で流れる無駄に壮大なBGMを

ポン骨のテーマとか呼ぶそのセンスが大好きだ。

殺戮の天使

原作:真田まこと(ゲームマガジン)

制作会社:J.C.STAFF 監督:鈴木健太郎 構成:藤岡美暢

OP「Vital」遠藤正明
ED「Pray」レイチェル

キャスト:レイチェル・ガードナー(CV.千菅春香) アイザック・フォスター(CV. 岡本信彦)
ダニエル・ディケンズ(CV. 櫻井孝宏) エドワード・メイソン(CV.藤原夏海)

なんの説明もなく始まるデスゲーム。

今のところなぜこの場所に閉じ込められているのか、

そもそもここはどこなのか、なぜ命を狙われているのか、

全く何の情報もないまま、

なんだか重要そうなマッドサイエンティスト(CV.櫻井孝宏)が死亡した。

……まぁ、最初から怪しかったけども。後でまた出てきそうで怖い。

恐らくはこの無表情死にたがり少女と天邪鬼な切り裂きジャックが主軸で

とりあえずは脱出を目指すか他のフロアを根絶やしにするかしそうな感じ。

底知れぬ不気味さはあるものの、いかんせん【ハピシュガ】を見た後なので

真っ向から武器を振りかざすことに対して「潔いなぁ」とすら感じる始末。

特にこれと言って見たくなくなる要素が皆無なのでこのまま視聴するが

面白く感じるかはほんと最後の種明かし次第だと思う。

タイトルといいキャラの造形といい世界観設定といい

どこを切っても中二病邪気眼まっしぐらなので、

個人的にはそれだけでも視聴し得る要因である。

なんとなく前期【魔法少女サイト】を見ていた層に刺さりそうかな?

と思ったが、向こうは重度の百合でこちらはそもそも恋愛要素すらなさそう。

あ、でも恋愛要素がないならむしろそれ以外で何をテーマにするのか気になるので

最後まで見届けたいと思う。

……まぁ大概結局何もなかったか―、で終わることが多いのだけども。

そうならないことを祈る。

悪偶 -天才人形-

原作:一淳(テンセントアニメ)

制作会社:スタジオディーン 監督:ボブ白旗 構成:加藤結子

OP「prima dynamis」電気式華憐音楽集団
ED「ツギハギ」芝崎典子

キャスト:愛(CV.芝崎典子) 羅正(CV.高木渉) 羅布(CV.柴崎哲志)

少しビジュアルが好みじゃないのでちょっと敬遠しかけたが

前述の通り固定観念で見ないのはよろしくない、と発起して眺めてみた。

その結果、まぁ人の欲望を扱った題材で興味はちょっと惹かれた。

少なくともバトルに突入する前のアバンパート、

本を売る売らないの第1話はそこそこ楽しめたように思う。

ただいかんせん友人に対する主人公の思考回路が気に入らない

いや、たしかに友人に組することが悪だったかもしれないが

それを明かすタイミングが最悪。

また技名を大声で叫んで大仰な構えをとり大げさにぶっぱなす

戦闘シーンがシリアスブレイカーでどうにも感情移入できず

そもそもピンチになったら力ずくで解決!な展開が好みじゃない。

人形を扱う題材ということで

期待したのは【からくりサーカス】のような世界観だったのだが

戦闘シーンは完全に【ドラゴンボール】。

そのまま中国の感性を貫けばいいのに

ちょいちょい日本人向けと言わんばかりの描写が少々鼻につく。

ネタは非常に面白そうなんだけどな……非情には割り切ってはくれないか。

尚、見た理由の9割がOPで、

なんと電気式華憐音楽集団が初のメジャーアニメのテーマを担当しているから。

デンカレっぽくはないが妖精帝國でもやらない曲調という事で

萌えメタルを封印したのは残念だが全くポップスに媚びることのない選曲に

惚れ直した次第だ。

【大正ちっちゃいさん】の六弦アリスもそうだが、

稀にこういうことがあるから面白い。

BANANA FISH

原作:吉田秋生(フラワーコミックス)

制作会社:MAPPA 監督:内海紘子 構成: 瀬古浩司

OP「found & lost」Survive Said The Prophet
ED「Prayer X」King Gnu

キャスト:アッシュ・リンクス(CV.内田雄馬) 奥村英二(CV.野島健児)
マックス・ロボ(CV.平田広明) フレデリック・オーサー(CV.細谷佳正)

事前情報をまったく知らずにPVの印象だけでこの区域に配置したが

完全に女性向けだったのでひとつ前の「乙女向け」に入れるべきだった。

てっきり【AKIRA】みたいな感じなのかな?と思っちゃったのよねぇ。

まぁ移動してもしゃあないんでこのまま書き綴ります。

恥ずかしながら個人的には全く知らない作品だったのだが

どうやら80年代に超人気のあった少女コミックが原作。

ダウンタウンの若きリーダーが

廃人の兄が譫言で繰り返す”ばななふぃっしゅ”なるものを

知って探って追いかけるキナ臭いギャングアクション

平気で男娼という言葉や同性同士のキスシーン等が飛び交うが

ストーリーにのめり込めればそんなに気にならないはず。

峰倉かずやの【WILD ADAPTER】は普通に見れるので

ぜんぜん男性が見ても楽しめる程度の軽度のBL要素だと思う。

本質は多分そんなところにはない。(あったらごめん)

主人公があたかも美しい可愛いという言われ方をしていて

昨今の男の娘然とした相貌に見慣れていると全くそうは思えず違和感が残る。

え、普通に超絶イケメンなだけじゃない?どちらかといえば手を出す側。

むしろ日本人パートナーのほうが可愛いでしょ。笑。

肝心のストーリーは重要人物だと思われる人物でも気を抜けば死んでる

かなりヴァイオレンスな展開でハラハラさせられて面白い。

ことごとく女性キャラが出てこないので

下手なヤクザマフィアものよりも男臭いかもしれない。

絵柄もあえて現代風にはせず原作の雰囲気重視

初見ならば大手を振って太鼓判を押せる代物だ。

……しかし、有名原作モノの定めか、【銀河英雄伝説】同様

昔ながらのファンには大不評の様だ。

はっきり言ってそういう不満の声は

アニメから【BANANA FISH】が気になった人の妨げになるので

好きになった人はどうかそういった声には耳を塞いでほしい。

原作未読の人から「面白くないんだな」とレッテルを張り直された

【され竜】とは違うのだから……。

アンゴルモア 元寇合戦記

原作:たかぎ七彦(サムライエース)

制作会社:NAZ 監督:栗山貴行 構成:ヤスカワショウゴ

OP「Braver」ストレイテナー
ED「Upside Down」SHE’S

キャスト:朽井迅三郎(CV.小野友樹) 輝日(CV.Lynn)
鬼剛丸(CV.小山力也) 白石和久(CV.乃村健次)

対馬を舞台にした史実をもとにした虚構余話。

これまで戦国時代やら鎌倉時代やら、武将合戦ものや貴族派閥抗争やら

様々な歴史漫画が群雄を囃し奉ってきたわけだが

こちらに描かれるのは元寇、モンゴルとの陣地争いに焦点が当たる。

そんなアニメみたことない! というわけで

古臭く懐かしさも醸しながらも見目に新鮮な時代劇が繰り広げられるというわけだ。

キャラデザは原作に忠実に地味目一辺倒。無骨という表現がしっくりくる。

完全にストーリーとアクションで引っ張る気満々で、

よっぽどシナリオ構成に自信があると見た。

反面、女性キャラは不自然なほど美少女に描かれており

こういった骨太なシリアス漫画としては珍しい気がする。

主人公が既に主人公らしからぬ粗雑な立ち振る舞いをしているが

問答無用で強いので少年漫画のような熱はある。

とってつけたようにヒロインが主人公を籠絡しようと策を弄するが

策に溺れてどうせ勝手に主人公に惚れるであろうことが予想できて

そこだけがちょっとギャグテイスト。

あとは軍師的な人物が活躍して頭脳戦の様相まで呈したら完璧だ。

地味で多分流行らないだろうなぁとは思いつつ今のところはかなり楽しめている。

似てるわけではないが【キングダム】とか【ゴールデンカムイ】

とかが好きな人にお勧めできるアニメだと言えよう。


といわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

他には【ロードオブバーミリオン】【天狼】あたりも見てみようと思っていて

【あっくんとカノジョ】【信長の忍び】【異世界居酒屋】

【ブラッククローバー】【Dies Irae】【STEINS;GATE ZERO】【かくりよの宿飯】

を継続視聴中です。

関連記事

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-①【萌えファンタジー】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-②【萌え日常系】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-③【ギャグ】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-④【乙女向け】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑤【バラエティ】

2018夏アニメ序盤雑感-type.B-⑥【シリアス】