2018春アニメ序盤雑感-type.B-① ~あまんちゅ、ウマ娘、こみっくがーるず 他~

2018春アニメ注目の萌え作品を紹介!

皆さん、2018春アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

 あまんちゅ!~あどばんす~

原作:天野こずえ
制作会社:J.C.STAFF 監督:佐藤順一

OP「Crosswalk」鈴木みのり
ED「ハロー、ハロー」坂本真綾

キャスト:小日向光(CV.鈴木絵理) 大木双葉(CV.茅野愛衣)

天野こずえ作ヒーリング海物語アニメの第2期。

伝説の水属性癒しアニメ【ARIA】から作品は変わっても

日常の何気ない宝物探しという全く同じ指向性を持った本作も

ファンならばなんの抵抗もなく受け入れられるだろう。

出会いからしばらく同じ季節を経てからの第1話なので二人の仲は熟し

……きってないまま、瑞々しいまま変わらず続いているようだ。

主人公の性格も災いして周囲の人間関係も変わることなく

かといって進展がないかと言われればそんなこともなく

同じとこをぐるぐる周りながらそれでも少しずつ広がりつつある価値観の年輪は

僅かにされど確かに時の歩みを感じさせる。

この”あまり変わりない“のがこの作品を楽しむコツで

同じ景色でも視点換えてみれば素敵を発見できる謎理論。

恥ずかしい台詞が自然に口をつくようになたら君も素敵マスターだ。

茅野愛衣の声がまた天野こずえ作品にマッチしていて

さすが【ARIA】が声優を目指すきっかけになったと話すだけのことはある。

……どうも原作から深く好んでいる作品だとこの序盤雑感が

第1話の感想でなく作品の魅力説明文になってしまう傾向があるが、

はい、第1話も素晴らしく”普通に”素晴らしかったです。

まぁ、このような作品なので癒され過ぎて寝落ちにだけは気を付けてご視聴を。

 ウマ娘 プリティーダービー

原作:Cygames
制作会社:P.A.WORKS 監督:及川啓

OP「Make Debut!」ED「グロウアップ・シャイン!」

キャスト・歌唱:スペシャルウィーク(CV.和氣あず未) サイレンススズカ(CV.高野麻里佳)
トウカイテイオー(CV.Machico) ウオッカ(CV.大橋彩香) ダイワスカーレット(CV.木村千咲)
ゴールドシップ(CV.上田瞳) メジロマックイーン(CV.大西沙織)

おそらく今季注目度ナンバーワン、覇権大本命の【ウマ娘】。

前評判通り最高のスタートを切ったのではないだろうか?

てっきりゲームですでに大人気!かと思いきや、実はまだリリースすらされていないので

このアニメが初見という方も多いだろう。

個人的には一応キャラソンだけは集めて聴いていたが

いかんせん競馬に馴染みがないものだからまったくキャラ名が覚えられなかった。

正直アニメ5話まで見終わった今でも

主人公とヒロイン他2名くらいしか顔と名前が一致していない。

【艦これ】でもそうなのだが、

元ネタがある擬人化は興味が薄いと固有名詞がまったく頭に入ってこないのだ。

内容自体は形はどうであれスポ根と割り切って試聴して良さそう。

ダグアウトとか馬身とか言ってるが見える光景は徒競走そのものだ。

馬要素として耳と尻尾が標準装備されているが

ケモミミスキーとしてはアイコンの一つでしかない。うん、かわいい。

一応キャラの生い立ちやダービーの展開は史実に倣っているのが憎い演出で

ストーリーにもともと深みがあるのが武器か。

おかげでこの熱血感は清々しくて気持ちがいい。

こういった純粋な熱意と熱意のぶつかり合いは

【りゅうおうのおしごと!】難民受け入れ先としてお勧めしたい所存である。

レース後はなぜかステージに立って歌うのが通例の様で、キャラソンの意義がここで立った。

出ている声優が【アイドルマスター】とも被っていることから

ウマドルマスター」と呼ばれてしまうのは……まぁ致し方がない。

尚、先日主人公の元ネタである競走馬:スペシャルウィークが急逝したことが報じられた。

その命のバトンはアニメ化を待って渡された――のかもしれない。

 ハイスクールD×D HERO

原作:石踏一榮 イラスト:みやま零
制作会社:パッショーネ 監督:末田宜史

OP「SWITCH」Minami
ED「モテないくせに(`;ω;´)」たぴみる

キャスト:兵藤一誠(CV.梶裕貴)
リアス・グレモリー(CV.日笠陽子) 姫島朱乃(CV.伊藤静)
アーシア・アルジェント(CV.浅倉杏美) 塔城小猫(CV.竹達彩奈)

一応こういう記事を書いている者としてなるべく多くのアニメに目を通そう

としているのだが、いかんせん好き嫌いというものは当然存在する。

日笠陽子ファンとしては押えておきたい作品だろうし、

4期まで数える有名作品だけどそういえば今まで見たことなかったな、

例えどんな内容だろうと絶対に0話だけは途中で切らずに全部見よう。

――そう思った20分前の自分は何を期待していたというのだろうか。

【ハイD】初心者が超えるには高すぎるハードルに絶望。

正直第0話は何が面白いのか理解できないまま終わってしまった。

苦痛だったと言い切ってしまってもいい。

おかしいな、制作陣が同じなはずの【ダイミダラー】は楽しめたのに。

だが恐る恐る触れた第1話以降は可もなく不可もなくまぁ普通に見られている。

……これまでのオサライをしようとして第0話見なきゃよかったな。

なんだよおっぱいドラゴンって。

そもそもタイトルの【H ERO】からしてナイツのネタがよぎって仕方がない。

なんとも近代ラノベらしい作品なので、

なぜこちらが受け入れられて【いせスマ】【デスマ】が非難されるのか。

どっちもどっちじゃないか。

今のところ声優オタクであれば楽しめるんじゃないかな、ぐらいの感想だ。

というか今期特に日笠のこういう役が多いのは気のせいだろうか。

 こみっくがーるず

原作:はんざわかおり
制作会社:Nexus 監督:徳本善信

OP「Memories」ED「涙はみせない」

キャスト・歌唱:萌田薫子(CV.赤尾ひかる) 恋塚小夢(CV.本渡楓)
色川琉姫(CV.大西沙織) 勝木翼(CV.高橋李依)

毎期必ず一つはある芳文社きらら系列作品

今度は現役女子校生兼任漫画家4人が一つ屋根の下でキャッキャウフフする。

ギャグ(?)雑誌なのでトンデモ設定は慣れたものだが

高校生漫画家自体が少数なのにさらに女子がしかも4人ともなると

どんだけ天文学的確立になるのかと……途中までは思ったが

そういえば筆者Bの敬愛する藤原ここあ氏が中学生でデビューしてるので

そこまでファンタジーじゃない、かもしれない。

最近のトレンドがそうさせるのか、【スロスタ】同様一番の引っ込み思案が主人公で

ことあるごとに「あばばばばb」と呻いて話が進まないことがしばしば。

その仕草はまぁ確かにかわいいんだけど萌えるかなぁ?と

なんとなくその要素に”わざとらしさ”と”あざとくなさ”を感じて調べてみると

なるほど、女児向け雑誌出身の作者だったようだ。納得。

絵柄がプニ系なだけでキャラの心理描写が多くて

内容がないとは一概には言えない(でもそこまで特別深いわけでもない)仕様だ。

早速第4話ではコンプレックスを乗り越えるお話で山場を迎えた。

とはいえ、まぁ過度な期待はせずゆる~く見守れる作品だ。

あとつーちゃんのCVが高橋李依で中二病な台詞が多いせいで、

色違いのめぐみんにしか見えない。かわいい。

 ありすorありす

原作:梱枝りこ
制作会社:EMTスクエアード 監督:小林浩輔

OP「A or A!?」petit milady
ED「LONELY ALICE」Pyxis

キャスト:璃星(CV.佐倉綾音) 藍璃(CV.日高里菜) 兄(CV.松岡禎丞)

昨今の萌え誌上きらら系列独擅場状態を良しとしないのか

勝負を仕掛けるように萌えアニメを送り込む新鋭の雑誌コミックキューン

上記と比べても、まして少し前の【ひなこのーと】を鑑みても

……なるほど、かなりあざとい。

というよりも、もう少し高めの購読層を意識しているか

下着の描写やスキンシップが少々旺盛な気がする。

と雑誌の特色を分析してはみるが

いかんせんショ-トアニメなので特に感想がない。

何も知らないで見ればこれまでのアニメの傾向と原作者の経歴から

PCゲームが原作と思ってしまうかもしれない。

まぁ、気軽にかわいいを摂取できるし、何気に構成がいいのか

超速で複数の要素を3分にぎゅぎゅっと詰め込める手腕があるので

良質だとは思う。どっちにしろすっかすかだけど

あとヒロイン2名は兎か何かなんでしょうか?

不思議だけど、まぁ特に知らなくてもいいかな。

 立花館To Lie あんぐる

原作:merryhachi
制作会社:Creators in pack,スタジオリングス 監督:ひらさわひさよし

OP「もっと、ねぇもっと」エラバレシ

キャスト:夏乃はなび(CV.津田美波) 藤原依子(CV.松嵜麗)
藤原このみ(CV.桜木アミサ) 篁いおり(CV.仲田ありさ)

こちらも最近1クール1作品はアニメ化してると思われる百合姫発信の漫画が原作。

それにしても百合姫にしてはがっつり男性向けのネタが多いような……?

と思って調べてみたところ、

いわゆる”ラッキースケベを女性主人公でやってみよう!”というコンセプトらしい。

なるほど、なんてアホらしい素晴らしい企画だろうか!

コンセプトがそうなんだからしょうがないが、セクシーなシチュエーションが無駄に多く

(他の作品で見たこと)あるあるという謎の共感を引き出されて中々おもしろい。

ショートアニメでギャグ作品という事なので当然中身などカルピス10倍並みの薄さだが

個人的にはそこそこ楽しみにしている作品だ。

LOST SONG

原作・監督:森田と純平
制作会社:LIDENFILMS × ドワンゴ

OP「歌えばそこに君がいるから」鈴木このみ
ED「TEARS ECHO」フィーニス

キャスト:リン(CV.鈴木このみ フィーニス(CV.田村ゆかり)
アル(CV.久野美咲) ポニー・グッドライト(CV.たかはし智秋)

ハイファンタジーのオリジナルアニメーションなので

分類的にここに入れるのは忍びないが、まぁ主要キャラが美少女なので容赦を。

逆に下記の手記は赦さなくていいので意見・反論受け付けます。

アニメが始まる前の懸念通り、

第4話まで自分の表情に何の変化ももたらさなかったことが自覚できる。

まぁ眉はひそめていたかもしれないが。

悪役は狡猾なほど物語が締まると思っているのでいかにも下賤な党首、

個人的には歌声で相手を攻撃・殺傷をもたらすという効果が許容できない。

治癒や戦力気力増幅くらいにとどめてくれたらいいのに。

設定を読めば読むほどベタが過ぎて興味が惹かれなく、

もはや鈴木このみが出ているから

加えて鈴木このみのキャラソンが増えるから、以外での視聴理由がない。

同時期に【グランクレスト戦記】が放送されているので殊更感じるのかもしれない。

だが一度見てしまったらひかっかるところがないこともない。

というのも、PV第4弾があるのでもう一人の主人公の堕ち方が気になる。

あとオープニングの逆巻きの砂時計と二人の歌姫の対比。

治癒の歌声で衣服も治ったのは作画ミスなのか”そういう効果”なのか。

もしかして事前情報の陳腐さで油断させといて

大どんでん返しを用意しているというのだろうか!?

……だとしてもとりあえずまぁ序盤だけの印象は芳しくない。見るけど。


最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018春アニメ序盤雑感-type.B-①【美少女】

↓順次公開↓

2018春アニメ序盤雑感-type.B-②【恋と食】

2018春アニメ序盤雑感-type.B-③【シュール】

2018春アニメ序盤雑感-type.B-④【SF】

2018春アニメ序盤雑感-type.B-⑤【現代ファンタジー】

2018春アニメ序盤雑感-type.B-⑥【クラシック】