2018春アニメ完走日記-type.B-①

2018年春アニメの美少女作品をピックアップ!

皆さん、2018春アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

序盤の印象はリンク先に綴ってあります。

あまんちゅ!~あどばんす~

原作:天野こずえ
制作会社:J.C.STAFF 監督:佐藤順一

OP「Crosswalk」鈴木みのり
ED「ハロー、ハロー」坂本真綾

キャスト:小日向光(CV.鈴木絵理) 大木双葉(CV.茅野愛衣)
二宮愛(CV.大西沙織) ピーター(CV.入野自由) 岬こころ(CV.山本亜衣)

素敵発見ドリ-ムハンターぴかりとちょっとした夢の達人見習いのテコによる

日常ダイビングストーリー、と見せかけて

なんと今期は幻想世界にもフルダイブして、

天野こずえにしては珍しく恋愛面も強調しての展開となった。

あ、主要二名てこぴかりには関係及ばずな人物に対してなのであしからず。

ピーター編はいわば【ARIA】におけるケットシーの立ち位置である。

(というかケットシー出て来たし)

第1期に比べるとテコは出来なくて後悔しているのに対し

【あどばんす】では勇み足で凹んでるのが印象的。随分行動派になったものだと感慨深い。

とくにおばあちゃんとの会話は無印第1話との対比に見えて感動も一入。

ぴかりはぴかりでしおらしい表情が増え可愛くなってるし、

それがまた周りに好かれる要素を増やしてしまって無差別好感度吸引マシンと化している。

おそるべし天然ジゴロ

作画もストーリーも丁寧で安定の一言。原作もストックはあるし

まだまだ原作者の飼い猫が往生するまでは描き続けるだろうから

第3期も固いのではないだろうか?

いろんな意味で尊い作品である。

こみっくがーるず

原作:はんざわかおり
制作会社:Nexus 監督:徳本善信

OP「Memories」ED「涙はみせない」

キャスト・歌唱:萌田薫子(CV.赤尾ひかる) 恋塚小夢(CV.本渡楓)
色川琉姫(CV.大西沙織) 勝木翼(CV.高橋李依)

序盤は主人公の後退あるのみ!な態度に若干イライラしていたが

見慣れてくるとこの上なく可愛く見えてくるのが不思議な感覚だった。

これが不憫萌えと言うやつか……。

むしろドS思考が刺激されてしまいもっと「あばばばb」って鳴いてくれないかなぁ

とまで思うようになってしまった。

ジト目系クール微表情を差し置いて

気弱テンパリング引っ込み思案な娘を気に入るのは初めてかもしれない。

まぁそんな超個人的嗜好は置いといて、ストーリー自体も

落差は緩やかながら綺麗にまとまっていたのではないだろうか。

結局何も変わってない、だけどちょっと前進しました、という

まんがタイムきららの暗黙の方向性をしっかり踏襲していたと思う。

つまり最初の印象通り、中身のない日常萌え作品として敬遠するのは

いささかもったいないと思える作品で、きらら系統の中でも満足度は比較的高い

……と感じるのはもしかしたら、自分にもかつて彼女たちのように

絵を生業とする将来に焦がれていた時期があったからかもしれない。

久しぶりに絵でも書いてみようかな、そんな気分だ。

ウマ娘 プリティーダービー

原作:Cygames
制作会社:P.A.WORKS 監督:及川啓

OP「Make Debut!」ED「グロウアップ・シャイン!」

キャスト・歌唱:スペシャルウィーク(CV.和氣あず未) サイレンススズカ(CV.高野麻里佳)
エルコンドルパサー(CV.高橋未奈美) オグリキャップ(CV.高柳知葉)

放送前からの注目度は大本命

されど競馬というギャンブル性が与える心証と萌えが共存できるか否か

美少女化に伴いその熱量はきれいな塗装で均されてしまうのではないか、と

“逃げ”きれるかどうかは懸念されていた本作。

だが期待以上の熱血!スポ根!

見事ウイニングランを見せたと言っても過言ではない走りではなかっただろうか!?

主観に寄っていたら申し訳ないが、今期人気を二分したアニメとして君臨したように思う。

始めはケモミミがピコピコしててかわいいなそんな彼女らがキャッキャウフフしてるだけで

別につまらなくても絵面がいいから視聴確定かなーなんて斜めに見てたら、

中盤の沈黙の日曜日一連のストーリーでいきなり泣かせられた。

さらに史実が気になって関連記事を読み漁って追い号泣。

なぜスペシャルウィークが主人公なのか、それにまつわるエトセトラ、

その他のウマ娘に関しても細かい設定が史実に忠実で

スタッフ一同この作品に対する情熱みたいなものが透けて見えた時

よりストーリーが輝いて見えて再視聴不可避な良質なアニメだった。

流石は数十年の歴史を持つ競馬を基にした作品だけあって

物語の説得力が違うと言わざるを得ない。

正直個人的に賭け事が嫌いなので競馬にもいいイメージは持ってなかったのだが

少なくとも競技する側にはドラマがありストーリーがあり

その結果に一喜一憂できる素晴らしいスポーツなのだなと考え改めさせられた。

とかまぁ真面目にいろいろな感慨もあるが

それらを抜きにしてオグリキャップがべらんめぇかわいいなぁという言葉で

感想を締めたいと思います。

彼女も主人公としてなかなかアニメ映えするサクセスストーリーしてると思うのですよ。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

原案:川原礫 原作:時雨沢恵一 イラスト:黒星紅白
制作会社:Studio 3Hz 監督: 迫井政行

OP「流星」藍井エイル
ED「To see the future」レン

キャスト:レン(CV.楠木ともり) フカ(CV.赤﨑千夏)
ピトフーイ(CV.日笠陽子)

【ソードアート・オンライン】の公式二次創作である本作。

そのイメージが足を引っ張っているのか、周りの評価は芳しくない。

個人的には大元の設定こそ【SAO】を踏襲してはいるものの

その展開の仕方もキャラクターの癖もくっきり時雨沢節にしか感じられず

むしろ原作ファンより【キノ旅】ファンに訴求しそうなアニメだなと感じた。

特にそれを感じたのが終盤で、銃撃サバイバルだっつってんのに

ナイフやら肉体やらで決着をつけるアマノジャクさだったり

スッキリ勝って終わり!という精神を良しとしない不実などんでん返しだったり

最終話なんて台詞の運び方や言い回しがもう完全に時雨沢流。

これ別に【SAO】の看板を掲げなくてもいいんじゃないかな、と思うのは自分だけだろうか。

まぁ、【キノ旅】同様、作者自身が大変楽しんでおられるようでなによりだ。

キャラデザも黒星紅白の趣味(?)全開でぷにろりかわいいし、

必然的にリアルとバーチャルで2役させられる声優さんもお見事

主人公なんて普通に別の人がやってると思ったし、

アマゾネスのみんなのギャップがもう面白い。

日笠陽子に至っては3役こなすという意味不明な責務が。

すげー、【FAガールズ】の純朴な演技も新鮮でびっくりしたが

嗜虐ロリもこなせるのかこの人は……。

本人は被虐趣味なので演技力と言う点でも加算されるべき案件だ。

と言った感じで面白かったと思うんだけどな。

あれか、本格的な銃撃戦を期待してたのかな?みんなは。

でも原作だってどっちかってとハンディアサルトのが重要じゃなかった?

ハイスクールD×D HERO

原作:石踏一榮 イラスト:みやま零
制作会社:パッショーネ 監督:末田宜史

OP「SWITCH」Minami
ED「モテないくせに(`;ω;´)」たぴみる

キャスト:兵藤一誠(CV.梶裕貴)
リアス・グレモリー(CV.日笠陽子) 姫島朱乃(CV.伊藤静)
アーシア・アルジェント(CV.浅倉杏美) 塔城小猫(CV.竹達彩奈)

大人気おっぱいアニメの第4期。

惰性で眺めていたという本音は隠すつもりはないが、

まぁ男子たる者女性を守ってこその精神は

女性を矢面に立たせといて後ろで震えてる軟弱主人公よりは

見てて不快じゃないのでなかなかいい。

むしろ鈍感系ハーレム主人公なのはまぁいいとして

戦闘に関しては熱血に振り切っているのは好感触だ。

だが、一つどうしても個人的に許せないのは

せっかくシリアスが高まってここからきっとかっこいい!となるはずの場面に限って

おっぱいドラゴン」という単語が耳朶を蹂躙することだ。

いや、わかってはいる。それがないときっと【ハイスクールD×D】ではないのだろう。

本作品を形容する象徴的な単語ではあるのだろうが、いかんせん癇に障る。

エロい作品は嫌いじゃないし、下品な作品はハマれば最高だとさえ思えるのだが

シリアスとの住み分けはしてほしい。

そんなわがままが、どうしても自分の中で良質足りえない作品だと下してしまう。

せめて子供の掛け声と歌さえなければ楽しめるんだけどなぁ……。

刀使ノ巫女

原作:伝箇伝計画
制作会社:Studio五組 監督:柿本広大

OP「進化系Colors」 ED「未来エピローグ」

キャスト・歌唱:衛藤可奈美(CV.本渡楓) 十条姫和(CV.大西沙織)
柳瀬舞衣(CV.和氣あず未) 糸見沙耶香(CV.木野日菜)
益子薫(CV.松田利冴) 古波蔵エレン(CV.鈴木絵理)

なんだか今季やたら本渡楓と大西沙織の声を聴くなぁと感じるのは

主にこの作品のせいかもしれない。

五組が贈るオリジナル美少女アニメという事でどうしても【ゆゆゆ】がちらつくが

……まぁやはりなかなか重い枷を少女たちに背負わせるなぁという印象。

初期に匂わせた安物B級未確認モンスターバトルと思わせておいて、からの、

実は敵だと思っていた者が世界を守ってるんです安易にそいつ殺せない!という

最終決戦に向けてかつて敵対していたものが次々と協力して

より強大な脅威に立ち向かっていく景色はさながら熱血ロボットアニメの様

実際選択によっては【トップをねらえ!】ENDになった可能性もある展開だっただけに

意外と高い熱量に気圧されてしまう第2クールだった。

最初から個人的にはこういうレジスタンス行動好きだよ~と好意的に見守っていたのだが

一見狂ってると思った敵に特有の背景が見えたあたりから、

おやこのアニメ一筋縄ではいかんぞ、と思い直し最高潮につれどんどん面白くなっていった

まぁまぁ、多少インフレ気味に強引な展開もあったとは思うが

少年誌から綿々と受け継がれているピンチの時に発動する不思議な力には

みんな耐性があると思うので許容しよう。

というか結果的に世界観と内容は【双星の陰陽師】に近い気がする。

主要キャラが女性しかいないので結果的にあら~となるが

まぁ二人はきっとそういう感じなのだろう。

軒並みカップリングが出来上がっているので禍々しい【桜トリック】とも言える。

ハッピーエンドでよかったよかった。……いやほんとによかった。

それとやっぱり日高里菜の低い声の演技好きだな。ラスボス感を保ちつつ無邪気ってすごい。

加えて新たな微表情ヒロインとして糸見沙耶香を推したい。なにこの娘超かわいい。

1クール終盤から2クールにかけてはアクションモストーリーも燃え上がったので

ありきたりな美少女軟弱バトル物と判断して序盤で切ってしまうにはちょっともったいない、

そんなアニメだったと思う。


というわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

2018春アニメ感想日記

2018春アニメ感想日記-type.B-①【美少女】

↓順次公開予定↓

2018春アニメ感想日記-type.B-②【恋愛】

2018春アニメ感想日記-type.B-③【ギャグ】

2018春アニメ感想日記-type.B-④【バラエティ】

2018春アニメ感想日記-type.B-⑤【バトルファンタジー】

2018春アニメ感想日記-type.B-⑥【SF】