2018春アニメ完走日記-type.B-③

2018年春アニメのギャグ作品をピックアップ!

皆さん、2018春アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

序盤の印象はリンク先に綴ってあります。

ヒナまつり

原作:大武政夫
制作会社:feel. 監督:及川啓

OP「Distance」村川梨衣
ED「鮭とイクラと893と娘」新田義史

キャスト:ヒナ(CV.田中貴子) 新田義史(CV.中島ヨシキ)
三嶋瞳(CV.本渡楓) 桜詩子(CV.日笠陽子) アンズ(CV.村川梨衣)

お見事、ダークホースにして今期の覇権アニメ、ヒナまつり。

宇宙人少女と聖人ヤクザによる不思議な同居生活は

初回のインパクトから失速することなく最後まで高評価を維持し続けた

モンスターアニメ、いや、平成の怪物’18春ここに君臨!である。

よくもまぁ臆せず放送したなと思えるヤクザネタ。

デリケートな話題になりがちなホームレスの描写。

動かしづらいであろう無口無表情無感情なメインヒロインetc

難しい要素は沢山あったろうに、そのすべてを高水準で描き切ったから見事だ。

成功した秘訣は、脚本とか作画とかその辺りも大切だがそれよりも

おそらく“空気感”を一番重要視していたことに尽きるだろう。

コントや漫才というのは”間”がすべてを決めるという。

そのお笑いの鉄則を忠実になぞらえた故の、この結果だ。

特に新田のツッコミがいいよね。テンション高ければいいというものでない、

ちゃんと言葉のチョイスによるお笑い。大好きだ。

不思議と評価が高いアニメというのは法則というものがあって、

放送前の余裕を持った番宣・ストーリーの厳選・ネームバリュー以外の要素での声優の精選

といったなぜ他の作品はマネしないんだろうと思うような要素、すべてが詰め込まれていた。

3月3日の生放送次点でもう収録がほぼ終わってることを明かしていたし、

原作ファンからあれもこれもとやってほしい話が発生するくらい”全部をちょい見せ”じゃなく

特定の話を作り込み、声優も日笠陽子や村川梨衣以外はフレッシュ!なメンツで固めている。

中島ヨシキにとっては代表作になっただろうし、田中貴子が今後売れれば出世作と言われるだろう。

それにしても詩子さんはハマり役でしたね。

前期の【よりもい】同様、ラジオも毎週欠かさず聞いていたので

本渡楓のキャラも好きになってしまった。先輩をいじれる後輩は出世するぞ~。

その辺りを引き出せる日笠もさすがである。

もうとにかく2018年春アニメは【ヒナまつり】なくしては語れない、そんな作品になったと思っている。

鬼灯の冷徹 第弐期其の二

原作:江口夏実
製作会社:スタジオディーン 監督:米田和弘

OP「拝啓、地獄より」地獄の沙汰オールスターズ
ED「地獄でホットケーキ」上坂すみれ

キャスト:鬼灯(CV.安元洋貴) 閻魔大王(CV.長嶝高士)
芥子(CV.種﨑敦美) ピーチ・マキ(CV.上坂すみれ)

大人気、地獄のパロディコメディ【鬼灯の冷徹】。

第二期序盤では新キャラが増えたが【其ノ弐】では原点怪奇か

元から居た主要キャラの掘り下げに成功したように思う。

芥子やシロ、ピーチマキ等の人気キャラ(?)の魅力が十二分に伝わった。

というか心なしか第1期は女性向け、第2期は男性向け、みたいな

曖昧な区分けがあったように感じるのは気のせいだろうか。

まぁどちらにしろドのつく安定の面白さを提供してくれる、

非日常の中の日常という舞台で繰り広げられる大型コントである。

……まぁ、よって毎回特筆するところもない。無念。

ほんとに面白くてかっこよくてかわいいんだけどね!

座敷童ちゃんを笑かそうとする話とかすごい好きだよ!(小学生並みの感想)

あと毎回OPは統一感があり今回も祭囃子的な合唱(今回は演歌風味)で

逆にEDはガラッと変えてくるパターン。

ただ上坂すみれは前季の【ポプテ】の楽曲と照らし合わせると

次回のアルバムはどうやら電子音増し増しのEDMとかロー・トランスとか

なにやらエレクトリカルになりそうな気がする。

……もはやピーチマキ名義とどう違うのかが分からない。

魔法少女 俺

原作:毛魂一直線
制作会社:ぴえろプラス 監督:川崎逸朗

OP「NOISY LOVE POWER☆」大橋彩香
ED「硝子の銀河」STAR☆PRINCE

キャスト:卯野さき(CV.大橋彩香) / 魔法少女オレ(CV.石川界人)
御翔桜世(CV.三澤紗千香) / 魔法少女サキガスキ(CV.羽多野渉)

周囲の評価もネット上の評価もすこぶる良い100%ネタに振り切った魔法少女亜種。

少女が魔法で青年に変幻するとんでも設定だが、

ネタ枠の割にはキャラクターの詳細設定に余念がなくなかなか深い。

おそらく前期【ポプテ】にハマった層がそのままのノリで応援している節があるが

個人的には面白かった話とそうじゃない話の落差が大きく、

どことは言わないが魔法少女が出ない話で本気で切ろうと思ったくらいだった。

放送直後は周りと自分の期待値のギャップに印象は最悪だったが

魔法ステッキ(物理)や「ワレェ」が語尾のマスコットや効果音でしゃべる幼馴染や

各魔法少女の名前のセンス、なにより完全に騙された黒幕

いたるところにセンスの塊が垣間見えて結局完走させられてしまった。

また作画に関しては常にフルスロットルで文句のつけようがない。

美少女の描写に関しては今季随一だった。

よっぽど自信があったのか作画崩壊をネタとして扱い、

結果的にほぼ同じ週に崩壊した【3D彼女】の事態を重くした感もある。

なにより声優が超楽しそうに演じていたのが印象的だった。

ハマり役が多い石川界人だが、今年は完全に【ダメプリ】のナレクかこいつだろう。

悔しいがしばらく記憶にこびりつくであろう迷作だ。

宇宙戦艦ティラミス

原作:宮川サトシ 作画:伊藤亰
制作会社:GONZO 監督:博史池畠

OP「Breakthrough」ED「DURANDAL」スバル・イチノセ

キャスト:スバル・イチノセ(CV.石川界人) コーディ(CV.櫻井孝宏)
ヴォルガー・ハマー(CV.諏訪部順一) リージュ・ルロワ(CV.遠藤綾)

大真面目な設定で少しずれたバカをやる。

一番好きなテイストのギャグアニメで、何気に楽しみにしていた作品。

期待通りのくだらなさで最高だった。

例えるなら「男子高校生の日常・宇宙編」と言ったところだろうか。

基本的に主人公が「ちょっと考えればわかるやろ」と思うような

しょーもないことで一喜一憂する姿を指差して笑うアニメ。

それなりに危機感ある状況のはずだが

敵側にも主人公の兄というとびっきりのバカがいるので膠着状態。

依存度の高い主人公に感化されたのか眺めている我々も感情移入せざるを得ず

物語後半、陰毛と再会した時は謎の感動を覚えたのではないかな?

……どこを切ってもくだらない。

【銀河英雄伝】のような壮大で荘厳な物語の後に見ると

テンションの高低差で耳がキーンってなりそうでオススメだ。

お前はまだグンマを知らない

原作:井田ヒロト
制作会社:旭プロダクション 監督:まんきゅう

OP「So Happy」内田彩

キャスト:神月紀(CV.梶原岳人) 轟二矢(CV.笠間淳) 篠岡京(CV.内田彩)

神妙なナレーターが活き、上記【ティラミス】と同じ感覚で見られる良作。

なんというか、こっちもだいぶくだらない。

他県から引っ越してきた主人公が何もわからないまま理不尽なルールに晒されるが

一番の絶体絶命のピンチで元地元民であることが幸いし事なきを得た。

……といった具合に割と毎回なんとか切り抜けていくパターン。

群馬県特有の風習をふっかけ主人公がなんとかそれをいなして平穏に身を置こうとする

サバイバルアクション(?)なので、そのギャップとチンケさを楽しむのが吉だろう。

正直この程度の地域によるおかしな風潮はおそらく群馬に限った事ではないので

これの各県バージョンでも作れそうだ。

(誰か【お前はまだアオモリを知らない】書いてください。たぶんネタは豊富にあるから)

最終話にてようやく仲間っぽい関係が育まれたところで、

謎の、空は濁り大型動物の鳴き声らしきものが充満する空間へ。

景色がほんとに魔境へと変貌したところだが、

……これどういう風に収めるんだろう。ただのイメージなのかな?

このままだと”おれたた”ENDである。

ファンタジーではないので超常現象を扱うとは考えにくいが……うむ、気になる。

2期はやるのかな?

踏切時間

原作:里好 鈴木吉男
制作会社: EKACHI EPILKA 監督: 鈴木吉男

OP「トマレのススメ」駒形友梨

キャスト:アイ(CV.千本木彩花) トモ(CV.小倉唯)
駒場たかし(CV.市来光弘) 駒場みさき(CV.木下鈴奈)

通学もしくは通勤時にふともたらされる日常の空白。

金属を打ち鳴らすような心地よいとは言えない騒音が響き

強制的に立ち止まらされともすれば自分以外の誰かと同じ空間に佇まなければいけなくなる。

そんなとき少女は、少年は、同じ景色を眺めながら何を想うのだろう――

なぜか無意味にポエミーに表現してみたが

そこで繰り広げられるちょっとラブい関係性の二人組による会話のアンソロジーである。

少女×少女・少年×少女・兄×妹・ゴスロリ×チャラ男・おじさん×少女・少女×若本規夫

の6パターンだったかな?

個人的には当たり外れが大きく、少年×エロい少女・少女×ポンカンじじいは不快だったが

他のは最高。唯一のシリアスおじさん×少女とかベタだが素敵。

最初の少女×少女以外、別に踏切じゃなくてもいいよなぁ……と思わなくもないが

まぁ面白かったと思えるからいいやということにしておこう。

SNSポリス

原作:かっぴー
制作会社: A3 監督: 星子旋風脚

OP「モームはアトリエにて」嘘とカメレオン
ED「SNS24時」新しい学校のリーダーズ

キャスト:警部(CV.山里亮太) お姉さん(CV.松井咲子) 警視総監(CV.木下隆行)

さて、普段はこういったいわゆる二次元ヲタクが視そうにない

なんだか毒気のない一般人向けアニメは触れない主義なのだが

なんとなく共感できそうな題材なので眺めてみたら大当たり。

山ちゃんとはるな愛の想定以上の演技力に舌を巻きながら完走してしまった。

内容はSNS(主にtwitter・Facebook・instagram)の

精神衛生に優しい使い方を享受するまぁある意味教育的アニメで

電脳世界でも現実と同じ様に頑張って取りつくって見栄を張ることの

如何に無駄な努力であるかを説いている。

この手の意見にはほぼほぼ共感で、

実際筆者BはプライベートのSNSではいわゆるファボるという行為を全くしていない。

好きなことを好きなように好きな時に投稿するのでストレスレスなSNS生活を送っている。

別に有名になりたくてSNSやってるわけじゃないし、

なりたかったら他の事すれば?とも思っている。

実はアニメの評価も同じようなもので

周りの人が見ているからとか今流行っているからとかで視聴するのは

実にもったいない。

あくまで自分の直感にティンと来たものを見て

他の人の評価とか気にせずに素直に面白いと思ったモノを面白いと言えればいいと思います。

(と総評を喜んで書いてる筆者Bが言ってみます。笑)


というわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

2018春アニメ感想日記

2018春アニメ感想日記-type.B-①【美少女】

2018春アニメ感想日記-type.B-②【恋愛】

2018春アニメ感想日記-type.B-③【ギャグ】

↓順次公開予定↓

2018春アニメ感想日記-type.B-④【バラエティ】

2018春アニメ感想日記-type.B-⑤【バトルファンタジー】

2018春アニメ感想日記-type.B-⑥【SF】