2018春アニメ完走日記-type.B-④

2018年春アニメのバラエティ作品をピックアップ!

皆さん、2018春アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

序盤の印象はリンク先に綴ってあります。

弱虫ペダル GLORY LINE

原作:渡辺航

製作会社:TMS/8PAN 監督:鍋島修

OP「僕の声」Rhythmic Toy World
-「ダンシング」佐伯ユウスケ
ED「Carry the Hope」THE HIGH CADENCE
-「Over the Limit」ROUTE85

キャスト:今泉俊輔(CV.鳥海浩輔) 新開悠人(CV.内田雄馬) 御堂筋翔(CV.遊佐浩二)

平成最後の大人気スポ根熱血アニメも第4期

2年生篇の第2クールといった具合で、インターハイ二日目終了までを描いた。

ニコニコ動画で見ているとやんや引き伸ばしやら腐女子歓喜やらやかましいコメントもあるが

やはり基本的に暑苦しいまでの真っ向勝負とキャラクターに愛着が湧く回想は

ドラマティックを演出して個人的には大好物だ。

確かに間際まで行っといてまだゴールしないのかよ!とは思うが

複数クール全盛のころに比べればぜんぜんマシなレベルだ。

別にフリースロー1本撃つのに3話かけたりしたわけじゃないんだし。

この【GLORY LINE】はとにかく新キャラ優位といった印象で

必然的に新キャラの多い箱根学院の活躍が目立つ

名門校だけあって層が厚いということのアピールかもしれないが

これまで出ていたキャラが苦戦していると悔しい、と感じてしまうのは

ちょっと感情移入しすぎだろうか。苦笑。

【NEW GENERATION】で急上昇した普通代表の手島先輩の株だが

この二日目はとにかく総北にいいところがないので我慢の連続となる。

さて、そのうちくるであろう第5期インターハイ最終日は

ここいらで鬱憤を晴らす上昇気流となれるだろうか!?

意地でも原作未読を貫いている(ほんとは読みたい)ので楽しみです。

グラゼニ

原作:森高夕次 作画:アダチケイジ
制作会社:スタジオディーン 監督:渡辺歩

OP「メリゴ feat. SKY-HI」サイプレス上野とロベルト吉野
ED「SHADOW MONSTER」土岐麻子

キャスト:凡田夏之介(CV.落合福嗣) ユキちゃん(CV.M・A・O)
大野雪雄(CV.白井悠介) 徳永(CV.浪川大輔)

プロスポーツを題材にしながらスポ根漫画に非ず。

野球とお金にまつわるエトセトラから生じる

妙にリアルなドラマを切り取った話題作。

それゆえにアニメとして動かすことに果たしてそれほど価値があるだろうか?

とも思ったが、やっぱり原作が十分面白いので

それをなぞってくれてるだけで満足度は高い

というかあまりにも淡々と進むし内容も圧力がないので

見心地は日常系のソレを思わせる。

萌えでもギャグでもない作品でその雰囲気を醸す作品は

【グラゼニ】意外思いつかないほどだ。

基本的に原作通り一話完結方式で、

主人公以外は3人くらいしか固定のキャラがいない。

だが、それでもヒロインが最終話まで登場しないとは御見それした。

男だらけでむさくるしい空間を少しでも清涼しようと

てっきり早めに差し込まれると思っていたのだ。

(それでも原作よりも、総数話の割に早いのだろうが)

何度も読み直すような作品ではないので原作も二回以上読んだ話はないのだが

とりあえず放送された回までで覚えていない回はなかった。

そして声優・落合福嗣くんの違和感のなさは見事だった。

イメージだけで選らんだとなると批判の的になるだろうが

顔や体型といった見た目から声やちょっとまぬけっぽい演技的な部分まで

まさにハマり役。ほんとに彼以上の逸材は思いつかない。

……彼は【グラゼニ】をスカパーで発信するために声優になったのかもしれない。

惜しむらくは序盤雑感でも書いた通りスカパーBSオンリーでの放送。

ようやく7月よりニコ動内dストアでも配信が始まったが

リアルタイム以外にはここの住人はあまり寛容ではない。

もっと気軽に見れるアニメなんだから気軽にみられる環境にあればいいのにな。

ちなみに今後展開されるであろうヒロインと主人公のやり取りは

社会人としてはとても微笑ましく羨ましい展開になって非常にお勧めです。

殴れる壁を用意しておこう。

鹿楓堂よついろ日和

原作: 清水ユウ
制作会社:ZEXCS 監督:神谷友美

OP「桜色クリシェ」出口陽
ED「Clover」Coffee Creamers

キャスト:東極京水(CV.諏訪部順一) 永江ときたか(CV.中村悠一)
グレゴーリオ・ヴァレンティノ(CV.小野大輔) 中尾椿(CV.山下大輝)

ドキッ、イケメンだらけの和風喫茶店。ホロリもあるよ。

ただ料理やお茶を提供してお客さんの顔がほころぶ

ただそれだけを描いた超のんびり系料理アニメ

いやに和気藹々している。和風だけに。

たまーに不穏な影がちらつくかなと思ったら普通に兄弟が心配してるだけだったりで

心がきゅーっと竦むような展開は一切ない

また、常連客が主要キャラをイケメンだと喜ぶ場面はあるが

彼らをアイドル的扱いしないのがこの手のアニメでは逆に新鮮。

いい感じに食と人のつながりだけに焦点があたる要素と言えるだろう。

よって不思議とヒーリング系、イージーリスティングな効果もありそう。

日常に潜む素敵に気づけるお手伝いをしてくれる空間、それがろくほう堂。

男女逆転【ARIA】みたいな感じかな?笑。

作画も全く崩れないのでデザートが特に美味しそうで仕方がない。

これを見た後は抹茶アイスやあんみつが欲しくなる。

話の選出、放送順も素晴らしかったように思うし

それまでずっとインストゥルメンタルだったエンディングテーマが

最終話だけ歌メロディがつき主要キャラが歌うというサプライズは

悔しいけれど完全にシテやられた感。

強烈に後味がよかったという印象しか残っていない。

うん、まぁ地味だったのは否めないけど、満足です。

食戟のソーマ 餐ノ皿

原作:附田祐斗、佐伯俊、森崎友紀

制作会社: J.C.STAFF 監督:米たにヨシトモ

OP「シンボル」ラックライフ
ED「アトリア」Fo’xTails

キャスト:幸平創真(CV.松岡禎丞) 薙切えりな(CV.金元寿子)
田所恵(CV.高橋未奈美) タクミ・アルディーニ(CV.花江夏樹)

上記の【鹿楓堂】とはまた極端に逆位置で繰り広げられる料理アニメ。

超熱血バトルクッキングの第2期2クール目である。

この放送前に『週間ラジオジャンプ!』にて原作者原画家双方の出演部分を聴いたので

一層この【食戟のソーマ】を楽しみにしていたのだが、果たしてその内容は……

実はどうやら前のクール前半がピークと聞いていたが

アニメだけで言えば正直一番面白かった。というかずっと面白くない所がないぞ!?

確かに前クールで十傑が裏切った(と感じた)際は「ふざけんな!」と思ったが

作品の出来ではなく内容で怒りの感情を呼び起こされるというのも一つの感動。

それと、これまで一度も勝てなかったライバル相手に初勝利をもぎ取ったのが激熱。

しかも片や仲間を信じた主人公と片や仲間の意志を見誤ったライバルという形で。

清々しいまでに少年ジャンプの代名詞(?)努力友情熱血を

一番貫いている作品ではないだろうか?

これまで孤高だったヒロインも徐々に下々の者への偏見を氷解させている。

ほんと、仲間とか友情とかそういったものに重きを置いた作品は大好物です、はい。

さすがに久我先輩まで主人公側に就くとは思わなかったぞ。

というか彼が居なかったら多分葉山にも負けてたよね?

こちらもまだまだ物語半ばで第2期を終えたので続いてくれるだろう。

座して待ちたい。

ゴールデンカムイ

原作: 野田サトル
制作会社:ジェノスタジオ 監督:難波日登志

OP「Winding Road」MAN WITH A MISSION
ED「Hibana」THE SIXTH LIE

キャスト:杉元佐一(CV.小林親弘) アシㇼパ(CV.白石晴香)

続いての料理アニメは……

失礼、たしかに毎話アイヌ料理の描写があったがこちらは料理アニメに非ず。

金塊を求めて錯綜する思惑、明治金核浪漫譚である。(るろうにみたく言うな)

頼りにはなるが浅慮な所が玉に疵な主人公

ちゃんと爛漫でかわいいが食が絡むと途端にがめつくウザくなるヒロイン

まさか同行するとは思わない個性に乏しい脱獄囚の3人パーティ+α。

何度か捕まるがそれぞれが一通りピーチ姫になってしまってるところが面白い。

とにかくまぁに先が想像できないストーリー展開が魅力のアクションアニメだ。

どうやら漫画通の中では最初から期待されていたらしいが

見事全国区に及ぶほどアニメ化に成功した一例と言ってもいいだろう。

各レビューまとめサイトの評判もすこぶる良いようだ。

個人的にも囚人を全員集めれば空の果てを目指せそうな明快な行動目的に

史実をもとにした重厚な世界観設定・部族やキャラの背景設定、

シリアスに引き込む緩急のついた場面展開、

顔芸や言葉のチョイスで繰り出されるシュールなギャグパートと

すべて高水準でまさに文句の付けどころがない。

自分が一番好きな台詞は杉本の「食べていいオソマなんかねー!

からの、「それ食べていいオソマだから」だ。

一体どれほどの仕打ちが彼をこの様に変えてしまったのだろうか……。

漫画の時点で完成されていたであろうそれらをアニメに落とし込む脚本・構成もお見事だ。

このアニメを担ったのはジェノスタジオ

前のクールでは【刻刻】を発表し、去年は【虐殺器官】を復活させた会社である。

もう現時点で信頼度MAXと呼ぶほかない注目度ナンバーワンの制作会社になってしまった。

当然秋の2期は楽しみで仕方がない。

奴隷区 The Animation

原作:岡田伸一 作画:オオイシヒロト
制作会社:ゼロジー×ティー・エヌ・ケー 監督:倉谷涼一

OP「カラカラな心」阪本奨悟
ED「BJ」Pile

キャスト:荒川エイア(CV.山村響) 大田ユウガ(CV.鈴木崚汰)
葛飾ジュリア(CV.千本木彩花) 新宿セイヤ(CV.緑川光) 豊島アヤカ(CV.木下鈴奈)

典型的な最終話までは面白いデスゲームを踏襲したサバイバルアニメ。

個人的な意見になってしまうがこの手のアニメで結末に納得できたことはほとんどない。

この【奴隷区】も正直その範疇を越えていない。

敵役が陳腐だとその作品の質も下がるというのが持論なのだが

ラスボスがこいつな時点で高揚感が喪失した。

それまではそこそこ頭脳戦で「ゲームは始まる前に勝負が決まってるんだよ」

と言わんばかりのだまし討ちオンリーながら面白かったし

意外なとこでつながってるキャラクター達も聖人クズ揃っていて好かった。

だが展開的には、強大な敵が現れると

ぽっと出のキャラが勝利をかっさらっていく場面が連続したし

中途半端に先を映してから少し時系列を戻して表現するのも理解を阻害した。

それが漫画でもそうだったかは覚えていないが、

上記の通り途中までは楽しみにしていたので

やはりもうちょっとやりようによっては面白くなる勿体ない作品だったと思う。

ラストが主人公VS竜桜or頭のおかしい女のどちらかがクライマックスなら

いい勝負になって好かったんじゃないかなぁ。

これまで敵だったモノが全員力を合わせる展開はベタだが

その相手がラフレシアなら熱い展開と称賛できるのに

なんせ【奴隷区】はデナンゾン相手にそれをやった感じだもんなぁ。

そりゃあ白けるというものだ。

キャラはほんと立っていて、主人公&飼い犬はいわずもがなかっこよかったし

女装男子と女王様コンビが特に好きだったかな。

というか竜桜の奴隷がいい人しかいなかったような。


というわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

2018春アニメ感想日記

2018春アニメ感想日記-type.B-①【美少女】

2018春アニメ感想日記-type.B-②【恋愛】

2018春アニメ感想日記-type.B-③【ギャグ】

2018春アニメ感想日記-type.B-④【バラエティ】

↓順次公開予定↓

2018春アニメ感想日記-type.B-⑤【バトルファンタジー】

2018春アニメ感想日記-type.B-⑥【SF】