2018春アニメ完走日記-type.B-⑥

2018年春アニメのSF作品をピックアップ!

皆さん、2018春アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

序盤の印象はリンク先に綴ってあります。

メガロボクス

原作:高森朝雄、ちばてつや
制作会社:TMS/3×Cube 監督:森山洋

OP「Bite」LEO今井
ED「かかってこいよ」NakamuraEmi

キャスト:ジョー/ジャンクドッグ(CV.細谷佳正) 南部贋作(CV.斎藤志郎)
勇利(CV.安元洋貴) 白都ゆき子(CV.森なな子)

あしたのジョー】であって、けして【あしたのジョー】ではない。

されど強烈に【あしたのジョー】へのリスペクトを感じる傑作。

それがこの【メガロボクス】。堂々の完結だ。

【あしたのジョー】という作品は語り継がれるほど伝説な作品なので

対して興味がなくともジョーのクロスカウンター

トレーナーの「立つんだジョー!!」

ライバルの減量にて狂気にも似た苦悩に耐えるシーンなどは知っている人は多いと思う。

まさに、そういった原作にあるシーンを上手く【メガロボクス】の世界観に落とし込み

その上でさらにドラマティックに演出しているように映ったのだがどうだろう。

むしろ終盤まで南部さんは「立つな」とまるで逆のこと言うもんだからそこがまた面白い。

減量シーンの置き換えなんかもお見事。壮絶さはそのままにかなり大胆な改変である。

もちろん細かいところまでは原作を知らないのでわからないが

きっと探せば細かいところにまでも元ネタがありそうな要素を組み込んでるんだろうなと

この恐ろしく有能なスタッフなら想像に難くない。

誰が悪いわけではなく、ただすれ違った少しのズレがそれなりの年月を経て

いつしか大きな隔絶と……なったりなってなかったり。

【シンフォギア】の感想にも同じことを書いたが

別段泣けてくる要素は特にないのに熱さに炙られて涙が捻りだされてしまうようだった。

なにより真っ白に燃え尽きなかったジョーと死ななかった勇利が好かったかな。

人が死んでお涙ちょうだい、は安易に過ぎて

こうした記念作品には相応しくない、と勝手に思った次第だ。

うん、これは人に薦め甲斐のあるアニメである。

余談だが、

最近【プリプリ】【コドリア】とスチームパンクアニメが個人的に当たりが多い

これに続くアニメは出てくるかな……?要チェックである。

銀河英雄伝説 Die Neue These

原作:田中芳樹
制作会社:Production I.G 監督:多田俊介

OP「Binary Star」SawanoHiroyuki[nZk]:Uru
ED「WISH」ELISA

キャスト:ラインハルト・フォン・ローエングラム(CV.宮野真守)
ヤン・ウェンリー(CV.鈴村健一) ジークフリード・キルヒアイス(CV.梅原裕一郎)

キャラクターデザインのシャープ化に伴い忌むものは一定数いたものの

視聴を継続している者は比較的満足度は高かったのではないだろうか?

序盤雑感でも書いたが、個人的には現代アニメに慣れてしまっているので

断然こちらの絵の方が好みだ。

……まぁ、別段旧作を貶めるつもりもないのだが。

やはり宇宙大戦は銃撃剣戟でガスガスやられるよりも

戦闘以外の駆け引きで雌雄が決するパターンの方が面白い。

故にやはりヤンの脱力感にさえみえる謀略がキマるとカタルシスがある。

無能な上官にザマァと言えることのなんと気持ちのいいことか。

遠まわしされど確実に核心に触れる皮肉的な台詞回しがとても小気味いい。

そして序盤で優位に立ってみせたラインハルトがそれをどう躱して見せるのか

それはそれは否応なく期待度が上がるってもんでしょう!?

――と思っていたところで、放送終了してしまった

続きは劇場版でやるらしい。

なんという生殺し!

確かにキリのいいところではあったのだが。。これからってとこじゃん!!

3部作でやるなら2クール目を設けても放送時間は同じくらいだろ!

それだけが若干不満だが、見たければ劇場へ足を運べばいいだけなので

まぁ不問とする。笑。

フルメタル・パニック! Invisible Victory

原作:賀東招二 イラスト:四季童子
制作会社:中山勝一 監督:XEBEC

OP「Even…if」ED「yes」山田タマル

キャスト:相良宗介(CV.関智一) 千鳥かなめ(CV.雪乃五月)

えー正確にはまだ放送中なので”完走”はしていないのだが

放送時期が微妙にズれているので途中までだがここに認めたいと思う。

ラノベ界のSFの金字塔はさすが人気があるのも肯ける全く隙のないストーリー。

実際はかなり原作より場面は端折っているのだが、

それでも矛盾が生じない絶妙な掻い摘み方だと思うのだがどうだろう?

正直もっと地下戦闘編やら時間食うと思ってたぞ。

容赦ない展開になかなか視聴する気力が奪われた御仁も居られるだろうが

これが戦争、生半可じゃないガチの命と思想のぶつかり合いなのだ。

……これ実は原作知らないでまったくの初見で見た方がもっと楽しめるんじゃないだろうか。

CV.茅原実里があんな使い捨てされる扱いになるとは思わないだろう。

うん、当時原作読んでても同じことを思ったからな!!

テッサ周辺の展開はアニメで見ると彼女の覚悟が想像以上に綱渡りに見えた。

それにしても変わったよね彼女。最初はあんな感じだったのに。

(まぁその部分をアニメでは見ていないのだけれど。)

さて、このまま残り数話でどこまで描いてくれるのだろう。

ここからがまたくっそ熱いんだ

多分ファンの中でも最終巻が一番評価高いんじゃないかな?

心して視聴しよう。

ひそねとまそたん

原作:BONES
制作会社:BONES 監督:小林寛

OP「少女はあの空を渡る」福本莉子
ED「Le temps de la rentrée〜恋の家路(新学期)〜」

キャスト・ED歌唱:甘粕ひそね(CV.久野美咲) 貝崎名緒(CV.黒沢ともよ)
星野絵瑠(CV.河瀬茉希) 絹番莉々子(CV.新井里美) 日登美真弓(CV.名塚佳織)

脱力系飛行少女オリジナルアニメ。

こんな巨大なモンスターを操って一体今後何をさせようというのか。

このまま機竜にふりまわされつつほのぼの終わってもいいし

急展開で激しい方向に舵を切っても面白くなりそうな

そんな雰囲気を序盤っから損なうことなく話が常に動いていたように思う。

まぁ結論から言えば後者になり個人的には

めちゃくちゃ面白かったという感想で締めくくったところである。

もう典型的な【エヴァ】でいうとこの惣流ポジのキャラが掻きまわすチーム、

後腐れない【M3】というような無人島での一件で団結力と結束力を繋ぎ

そしてなにより心躍ったのが、ドラゴンが出てくる意義ともいえる要素で、

【ゆゆゆ】の神樹様を思わす強大な未確認浮遊物体を誘導しなきゃいけない祭事があり

だが直前に主人公が使い物にならず本筋から弾き飛ばされてしまうところ。

だがしかし覚醒し上司の制止を振り切って現場へ強行突破、して主人公単身

ここは俺が食い止めるから先に行け的な超ベタな、されど激熱いラストステージで

もちろん言う事を聞かず相棒のドラゴンもその場に残り

3つのボタンの前で竦む幽助に幻海口調のプーが寄り添うような【幽☆遊☆白書】的展開。

もう、全部書いてしまったが、ここの流れが文句なく大好き。最高。まさに最高潮。

こういう古から綿々と続く伝統に疑問を抱き打破しようとする展開がツボなんだよ!

誰かを生贄に、犠牲にして手に入れる平和なんてクソ食らえ。

まさかこんな脱力系のキャラデザでこんな展開になるとは思わなかった。

……否、なったらいいなと思って視てたらほんとになった。

そんなわけで視聴後感は【結城友奈は勇者である】に似ている

梶裕貴が声当ててるからモブで終わるわけないだろうと思ってた男性キャラも

ほんとにタダモノじゃなかったし。

なんというか、こうなったらいいな、こうじゃなかったらいいな

がことごとく合致した、痒いところに手が届くアニメだったように思う。

うん、良作でした。

Caligula-カリギュラ-

原案:山中拓也
制作会社:サテライト 監督:和田純一

OP「パラダイムボックス」式島律、佐竹笙悟
ED「HYPNO」柏葉琴乃、守田鳴子、篠原美笛、神楽鈴奈(CV.田中美海)

キャスト:式島律(CV.沢城千春) 佐竹笙悟(CV.武内駿輔) μ(CV.上田麗奈)
柏葉琴乃(CV.村川梨衣) 守田鳴子(CV.小澤亜李) 篠原美笛(CV.高橋李依)

【ペルソナ】っぽいと思ってたら

ほんとにスタッフが【P1】【P2】だった本作。

ミスリードがミスリードを呼び結局何もかもがフェイクだった!

長らく謎の歌姫だった彼女が実は部長自ら生み出してしまったバグだったなんてね。

まぁ、あえて”バグ”と称したが、不特定多数の理想を叶えようとして

でも途中で自分の逃げ場所を投影しすぎてμを刺激して

じゃあμがみんなみんなみんな叶えてあげる不思議なソングで叶えてあーげーるー

ということだと解釈してるが全く的外れなこと言ってたら申し訳ない。

人は少なからず悩みを抱えていてでもそれはきっと他人には些細なことで

そのことを仕方がないと思えない頑固な人間ほどここに迷い込んでしまうのだろう。

アニメ版の主人公は仮想現実の自分の姿が自分の嫌いな上司の姿というのがまた皮肉。

鬱陶しいと思いつつ羨ましいと思う理想の姿、その考え方に屈折したものを感じてしまう。

そして、この理想の姿というのがまた曲者で、ソーンがその姿であることがまた狂気。

あと維弦も何気に業が深いと感じる。だったらその顔やめたらいいのに。ちくしょう。笑。

とかなんとかいろいろごちゃごちゃ考察がめんどくさくなってくると

鼓太郎の単純さが分かりやすくて癒しになる。

まぁ中学生かそこらで複雑な思考持ってたら逆に心配になるが。

なんだかパズルみたいな人間関係人物設定でこういうのは個人的に嫌いじゃない。

なにより楽曲がをほんとにボカロPが担っているのが面白かった。

ボーカロイドから派生して展開するコンテンツもここまできたのね。

ボカロ黎明期から眺めている側としては感慨深い。

とか思って過ごしてるその世界こそが、実はメビウスかもしれない。

あれ、そういえばほんとはこんなところで

私は文章等を並べるような仕事には就いてなかったはず……(ないです。)

BEATLESS ビートレス

原作:長谷敏司 イラスト:redjuice
制作会社:ディオメディア 監督:水島精二

OP「Truth.」TrySail ED「Shapeless」東京パフォーマンスドール

キャスト:遠藤アラト(CV.吉永拓斗) 遠藤ユカ(CV.小野早稀)
レイシア(CV.東山奈央) 紅霞(CV.冨岡美沙子)

数話ごとに総集編を挟むのは

【カリギュラ】ほどじゃないにしろなんとなく難解なストーリーを

ちゃんと理解させようという配慮をしてるのかー親切だなー

なんて思って眺めていたら、単純にスケジュールが押しまくって

どうやら間に合わない、ただの時間稼ぎだったと知って驚いている。

しかも結局完結することができず続きは9月から再開するらしい。

うん、まぁ、ちゃんと終わってくれるならそれでいいさ。急いではいない。

そういう意味では総集編は総集編で上手くまとめられていたなという印象。

つまりちゃんと分かりやすかった。どこかの覇穹とは大違いだ

ただいかんせん3歩進んで1歩下がり遅々としてストーリーが進まないので

結果的に視聴するのに非常に体力がいる作品となってしまった。

展開としては序盤雑感で完全に予想した通り……あ、いやそんなに書いてなかったか。汗

まぁ人工知能人造人間を扱う際に切っても切れない

人間に歯向かうプログラムが引き起こるか起こらないかのやり取りを経て

イロウル的な浸食によってどうにかなりそうなところで止まっている。

ひとつだけ、引っかかっていることがあるのだが、

妹が機械ではありませんようにというなんか祈りにも似た何かが芽生えている。

上記の通り、第1話からストーリー展開がすべて想定内で

ベタにベッタベタなままここまで来たので

流石にこんな超絶誰でも考えそうなことにはならないように願っている。

いや、まぁ、ここまで来たら最後まで見るけどね。

面白いとは思えるけどどこまでもセオリー通り。

それが20話まで見た正直な感想だ。

ダーリン・イン・ザ・フランキス

原作・制作会社:TRIGGER × A-1 Pictures
監督:錦織敦史

OP「KISS OF DEATH」中島美嘉 ED「トリカゴ」

キャスト:ヒロ(CV.上村祐翔) +ED歌唱:ゼロツー(CV.戸松遥)
イチゴ(CV.市ノ瀬加那) ミク(CV.山下七海) ココロ(CV.早見沙織) イクノ(CV.石上静香)

紛うことなくTrigger作品。最終話まで見て思ったのはそんな感想だ。

ロボットである必要あったかな?と思うような序盤~中盤は

主に男女間の明確な差異、それがあることないことによってどうなるのか

主人公側とそれ以外のコドモを使って記す保険の教科書みたいな内容。

終盤はTriggerお得意の規格外に強大な未確認生物とのバトル

その死地へ向かう動機も恰好もなんだかよく解らないのは好みが分かれることだろう。

平成版ロボットアニメの代名詞となった”なんだかよくわからない”セカイ系の雰囲気もありつつ

されど比較的馴染みのある染色体にその要素を見出しているので

そこまで理解が追い付かないこともない

赤鬼青鬼を連想させるモチーフや、OPのゼロツーが砕け散る演出により不穏な結末を危惧していたが

まぁ二人離れ離れにならなくてよかっただけ幸いかな。

タイトルの”XX”が静脈と動脈っぽい!と思ったが特にそんなことは無かったぜ。

まぁ一部ではロボのフォルムが女性的なところが気に入らないという意見もあるだろうが

それならDARLING in the FRANXY(ダーリンインザフランキィ)でも作って

二次創作でもしてみればいいんじゃないかな?

個人的には【ラーゼフォン】を思わせてデザインも好みだった。

ストーリーは完全にラブコメだったと言いきってしまっていいかもしれない。

幼馴染’sも百合も素晴らしいが

なんだかんだで最後まで友人関係以上に見えない666×390が一番うらやましい。

作画は圧巻の一言で、迫力ある戦闘シーンはため息が出るほどかっこいい。

さすが【グレンラガン】【キルラキル】を生み出した会社である。

だが、それでも個人的に一番推したいのは、キャラの造形、とくに015の表情である。

本作の負けヒロインである彼女は一番喜怒哀楽の振れ幅が大きく描かれていて

とにかく怒った顔と泣いた顔がかわいいのである。

あまりアニメアニメしてない声優の演技も相まってひたすら一途に見えるし

最終的に056の腕に収まったのも高感度が高い。

002の圧倒的ヒロイン力もいいが、やはりこういう地味な娘が好いなぁ。

というか056は聖人君子か何かだろうか。報われてよかった。

こういうところはA-1の方のチカラかなと思う。

最終決戦付近だけは、まぁ【ガンバスター】的というかなというか、

多分【スパロボ】に出演したら再現されやすい場面だろうなという感じ。

わかりやすく大暴れするが、まぁここだけ至極普通なので特筆しようと思わない。

まぁロボアニメを見てるのにキャラにしか興味ない

自分の様な人には刺さった作品だったのではないだろうか?


というわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

尚、引き続き【ブラクロ】【シュタゲ】【ルパン】【P5】

【信長の忍び】【あっくんとカノジョ】

【かくりよ】【異世界居酒屋】を見ていて

あと【ピアノの森】も1クール完走してます。

2018春アニメ感想日記

2018春アニメ感想日記-type.B-①【美少女】

2018春アニメ感想日記-type.B-②【恋愛】

2018春アニメ感想日記-type.B-③【ギャグ】

2018春アニメ感想日記-type.B-④【バラエティ】

2018春アニメ感想日記-type.B-⑤【バトルファンタジー】

2018春アニメ感想日記-type.B-⑥【SF】