2018秋アニメ完走日記-type.B-⑦

2018年秋アニメのシリアス作品をピックアップ!

皆さん、2018秋アニメ楽しみましたでしょうか。

まだアニメにハマってから7年目の筆者Bが

序盤雑感からどう変化したか比較しながら

1クール分見終わったアニメの感想を書き綴ってみます。

あらすじを知りたい方はリンクを参照してください。

(参考にはならないと思いますが)

イングレス

原作:NIANTIC 原画:本田雄 制作会社: CRAFTAR

監督: 櫻木優平 構成:月島総記、月島トラ、赤坂創

OP「Tessellate」alt-J
ED「In Cold Blood」alt-J

キャスト:翠川誠(CV.中島ヨシキ)
サラ・コッポラ(CV.上田麗奈) ジャック・ノーマン(CV.喜山茂雄)

陣地取り合戦のアプリゲームが原作の3DCGアニメーション。

各個主要キャラはそれぞれで行動する一方で、

モブはアニメ内ゲームで支援するという現実と仮想空間を混ぜたような世界観。

サイキッカー少女とサイコメトラー青年と未来予知おっさんが世界を旅する冒険譚で

実は3人とも所属するチームが違うという世界にひとつだけの混成タッグ

最初はやはり別チームということで体術にも覚えのあるおっさんが二人を脅かすが

少女が攫われたことにより男性陣二人の利害が一致

全然まったく見ず知らず境遇も違う二人が少しずつお互いを信用していく様が

物語の大半の時間を費やして描かれていく。

しまいにはお互いをかばい合った瞬間には思わず感動。成長してまぁ!

【ダブデカ】のように即効仲良くなるのもそれはそれで面白いが

こうして本来分かり合えないであろう者同士が協力し合う姿を見るのって好くない?

まさにそうした姿に感銘を受けて途中途中手を貸してくれる少数民族も現れたりで

そうした感情の伝染がもしかしたら裏のテーマだったのかもしれない。

……考えすぎかな?

美少女と冴えない青年、までは普通だが

未来予知に加え複製体で余命僅かの唯一の戦闘要因という

ヒロイン要素てんこ盛りなのがおっさんというギャップも面白い。

やっぱり”ピーチ姫”がいる頃から、

お姫様を男子が頑張って救いだすって普遍的なロマンがあるよね。

戦う美少女に守ってもらいながら

背中にくっついて戦地に赴く軟弱主人公には見習ってもらいたい。笑。

……ただ、これは最後彼女は【Air】エンドになったのかな?

それともどこかに実態もしくは複製体があるのかしら?

気になる終わり方ではあった。

グラゼニ シーズン2

原作:森高夕次 作画:アダチケイジ
制作会社:スタジオディーン 監督:渡辺歩 構成:高屋敷英夫

OP「メリゴ feat. SKY-HI」サイプレス上野とロベルト吉野
ED「SHADOW MONSTER」土岐麻子

キャスト:凡田夏之介(CV.落合福嗣) ユキちゃん(CV.M・A・O)
大野雪雄(CV.白井悠介) 徳永(CV.浪川大輔)

お金と野球にまつわるエトセトラ。

年俸を公開されるというよく考えると不思議な制度がまかり通るプロ野球選手を

契約という観点から紐解く非スポ根スポーツアニメの第2期。

お金が題材と言ってもやらしい話では一切なく

どちらかと言えば普通の感性を持った主人公が

スーパースター相手に嫉妬したり落ちこぼれを叱咤したりする人情派で

今期では引退する選手や引退しそうな選手とのやり取りが多かったように思う。

またメインヒロインであるユキちゃんとの関係がついにわずかに生まれ

原作を知ってるともうすでにニヤニヤが止まらない。

とにかく少年というよりは青年~中年あたりに刺さりそうな内容で

元々アニメが好きじゃない人に非常に進めやすい何気ないドラマが多い。

是非二次元に過度な期待を抱いてない自称普通の人に見てもらいたいアニメだ。

原作はまだまだまだまだストックがあるので

このまま長いスパンを掛けてゆっくりと描いていってほしい。

……難点としては、やっぱりスカパーだけじゃみずらいので

普通にテレビで見れるようにしてくれればなぁと思う。

そうすればもっと芸能人が食いつきそうなのに。

ゴールデンカムイ(第2期)

原作: 野田サトル
制作会社:ジェノスタジオ 監督:難波日登志 構成:高木登

OP「レイメイ」さユり & MY FIRST STORY
ED「時計台の鐘」eastern youth

キャスト:杉元佐一(CV.小林親弘) アシㇼパ(CV.白石晴香)
白石由竹(CV.伊藤健太郎) 土方歳三(CV.中田譲治) 鶴見(CV.大塚芳忠)

うーん、おもしろい。

金塊浪漫譚の金字塔、ギャグとシリアスの黄金比を実現するアイヌ冒険記。

第2期は前回以上に敵味方入り乱れる腹の探り合い(物理)。

昨日の敵は今日の友、そのあとやっぱり敵、と

アシリパさん包囲網がめまぐるしく入れ替わる。

尾形とか谷垣がパーティーに加わるとか思わなかったぞ?

仲間とは言い難いが。そのあたりの心理戦も見どころの一つだろう。

そして相変わらず料理アニメもかくやという食事シーンの無駄な情報料。

杉本のキャラ崩壊は主にこの場面に注がれている。

このクールはついにのっぺらぼうの正体が判明するが

まさかの即効退場。えぇぇこの物語どこに向かうのよ!

この作品、ほんっとに先が読めない

原作はストックあるのかしら?

どうやら【オーバーロード】と同じ、休み休み長く楽しむコンテンツになりそうだ。

キャラデザは別段好みというわけではないのだが、

不思議とこの濃いメンツがかっこよく見えてくるから不思議だ。

そして主要キャラ以外、とくに鶴見中尉の周囲の変態率がやばい

類は友を呼ぶということだろうか。

昨今の美少女アニメにつく”個性的なキャラか~”という枕詞に

個性的とはこのことを言うのだ!と是非見せつけてほしい。

それにしても……不死身の杉本マジで死ななすぎ問題。

腹を射たれても口の中を削がれても、そして脳漿こぼしても死ななかった

かっこいいからいいんだけど。

そしてやっぱりアシリパさんに敬意があるのが一番いい。

もしかしたら、それが神々の加護を引き出しているのかもしれないな。

東京喰種トーキョーグール:re(第2期)

原作:石田スイ
制作会社:studioぴえろ 監督:渡部穏寛 構成:御笠ノ忠次

OP「katharsis」TK from 凛として時雨
ED「楽園の君」飯田瑞規(cinema staff)

キャスト:佐々木琲世(CV.花江夏樹) 瓜江久生(CV.石川界人)
不知吟士(CV.内田雄馬) 六月透(CV.藤原夏海) 米林才子(CV.佐倉綾音)

原作をかなりはしょって最終巻までを無事映像化

今クール第一話でいきなり先の展開をちょい見せする【覇穹】構成に

一瞬冷や汗で霧が出来るかと思ったが、

それ以降は順当に消化していってひと安心。

何度も言うがアニメに全く向いてない絵柄とストーリーなので

原作ファンの嘆きも分かるが個人的には十分及第点。

むしろよく4クールも使ってくれた。スタッフの皆さんお疲れ様です。

正直設定の紐解き要素は無印の方に多く有り、

だがそれを唯一の原作改編の【√A】で通過してしまったものだから

もしかしたらちょっと意味がわからない構成にはなってしまっている。

矛盾点とかいっぱい生まれてしまってるしね。

【re;】に移ってからは純粋に悪意と善意のぶつかり合いなので

戦闘シーンを敷き詰めるだけでおおよそ理解できると思う。

ただ終盤の妖怪大戦争は原作でも意味がわからないので仕方がない。

果たして新作というか続編というかがまたアニメ化することになるのかな?

今でも好きな作品なのでまたニコ動でみんなでワイワイ見れる日が来るのを待ちたい。

RErideD-刻越えのデリダ-

原作:GEEKTOYS 原画:安倍吉俊

制作会社:GEEKTOYS 監督: 佐藤卓哉 構成:古怒田健志

OP「PARADOX」QUADRANGLE
ED「トキノツバサ」マージュ&ユーリィ

キャスト:デリダ・イヴェン(CV.小野賢章)
マージュ(CV.M・A・O) ユーリィ(CV.茜屋日海夏)

なんだかゲーム版【lain】のシステムを可視化したかのようなSFアニメ。

強力な思い出をトリガーに過去を改編し現在を塗り替える、という話だが

簡単にいえば念じるだけで時空を超えてしまうのがなんかいろいろ危ない。

題材とキャラデザは大好きなのだがいかんせん内容が薄っぺら過ぎる。

どうしてもこういうジャンルは【シュタゲ】と比べてしまいたくなるのだが

過去に戻りたい理由も戻って何をするかも動機付けが弱い

結局誰も死んでないしなぁ……とか。

メインヒロイン(と思しき女性)も最初と最後しか出番がないのも少しモヤる。

最後どういう結末になるのかだけが気になって完走したが、

正直途中飛ばして最後だけ見ても満足できたかもしれない。

・・・・・・最後だけはちょっと面白かったんだけど。

この【RErideD】と【あかねさす】【殺戮の天使】に共通する欠点としては

序盤の引きの弱さと中だるみが多くて冗長だった気がする。

原作ありの作品は基本的に尺不足に悩まされるので

アニメの構成・脚本という肩書きの方はとても大変ですね・・・・・・と再確認したクールだった。


といわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

そしてこれがおそらく筆者Bの最後の記事です。

約2年間のお付き合いありがとうございました。

関連記事

2018秋アニメ完走日記-type.B-①【バトル】

2018秋アニメ完走日記-type.B-②【異世界】

2018秋アニメ完走日記-type.B-③【日常幻想】

2018秋アニメ完走日記-type.B-④【萌え】

2018秋アニメ完走日記-type.B-⑤【ギャグ】

2018秋アニメ完走日記-type.B-⑥【乙女向け】

2018秋アニメ完走日記-type.B-⑦【シリアス】