2018秋アニメ序盤雑感-type.B-③

2018秋アニメ注目の美少女ファンタジー作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

もはや中間レビューと呼んで差し支えない時期ですがこのままいきます。

あかねさす少女

原作:打越鋼太郎 原画:桂正和、浅田弘幸

制作会社:ダンデライオンアニメーションスタジオ、オクルトノボル
監督: 玉村仁 構成:ヤスカワショウゴ

OP「ソラネタリウム」MICHI
ED「壊れかけのRadio」和島あみ

キャスト:土宮明日架(CV.黒沢ともよ) みあシルバーストーン(CV.東山奈央)
灯中優(CV.Lynn) 七瀬奈々(CV.小清水亜美) 森須クロエ(CV.井上麻里奈)

まず、カテゴリ分けはアニメを見る前に行ったので今若干後悔している。

この作品、キービジュアルからは全く想像できなかったががっつりSFバトルアニメである。

おそらく完走日記を書くときには【ソラウミ】と場所を交換するだろう。

【EVER17】の打越鋼太郎×【テガミバチ】の浅田弘幸と、

個人的に最高のシナリオライターと最高の漫画家が夢のタッグを組んだ超注目作で

最低限面白くないわけがないはずだと思い込んで視聴してみた次第だが

……好きは盲目とはこのことか、メインキャラクター原案:桂正和の名前を失念していた。

【タイバニ】の正当後継アニメは別にあるので、こちらは【ZETMAN】のような

変身サイバー要素のあるアニメということで彼に依頼されたのだろうか。

そして『ラジオジャンプ』で明かしていた”今は言えない4つの仕事”のうち2つが今季アニメとして公開されている。

打越が絡んでいるので絶対このまま終わることはないと思うが

とりあえず中盤までは女子高生がラジカセを媒体にパラレルワールドへ趣き

別世界の自分を介して本心と向き合い成長し、変身できるようになってから帰ってくる。

5人順番に覚醒して最後にでっかい強敵とカチンコバトル!というのがセオリーだが

はたして打越がそのまま物語を終わらせるだろうか?注目したい。

とりあえず序盤はとにかく既視感のオンパレード

特に最初黄昏の異空間へ転送されたときに遭遇した小動物の群れが

【リゼロ】の大兎に酷似していて戦慄を覚えた。血塗れの彼女らを幻視。

向こうほど乞食じゃなくて良かったね……行動はよく似てたけど。

シリアスカも戦闘モデルもデザインのせいで【クロプラ】っぽいし、

波長を合わせて別空間へ移動するのは【ヨザカル】っぽい。

それらを統合して【ゆゆゆ】好きに訴求しそうだが、そこまでの絶望を

この絵柄でやられたら生々して逆に安っぽくなってしまうかもしれない。

そういえばゲームアプリとして配信もされている本作。

アニメからはどんなゲームなのか想像できないが、ちょっと触ってみようかしら。

絵柄に反して(いや、逆に絵柄の通り?)B級映画感が強く

いろんな作品のパロディが多分に含まれていると思うのだが

どの世界線もディストピア感があり、(個人的にはクロエの章を一本の映画として見たい)

もしかして現代の世界線だけが未来まで続いている唯一だったりするのだろうか。

色づく世界の明日から

原作:ヤシオ・ナツカ 原画:フライ

制作会社:P.A.WORKS 監督:篠原俊哉 構成:柿原優子

OP「17才」ハルカトミユキ
ED「未明の君と薄明の魔法」やなぎなぎ

キャスト:

タイトルと公式ページのイントロダクションでどういう作品なのか分らなかった。

ゆったりとしすぎな序盤と見事なまでの判子絵なキャラデザから

ちょっとこれは背景がいいだけの雰囲気アニメかな?と思ったが

主人公の色盲に焦点が当たった瞬間ぐりゅんと観方が変わった。

むしろこっちの視界が一気に色づいちゃったよ!!

なんだか当たり前のように魔法という概念が存在している世界観

わけもわからず特に説明のないまま祖母に60年前に飛ばされてしまった主人公。

引っ込み思案な性格と明確に他人と違う要素を抱えているので不安しかない中

唯一色彩を認識できる絵に出会って彼女の数少ない行動理念に火がついた!

というところまでしかまだ見ていないのだが、

【ひとひら】の麦ちゃんを思わすこういう健気な少女がまず最高。

すぐ「無理ですっ」「ごめんなさい」と自分が嫌い魔法が嫌いと自虐主義が主人公だと

どうしても話が進まなくてヤキモキさせられるが

地道に物語の核心を焦らして構築してると思ったら急加速でぶつけてくる辺り

なんとなく【凪のあすから】を思わす手法だ。この緩急に弱い。

ごく現実に近い世界にちょっとだけ不思議を塗してるのも共通している。

と思って調べてみたら監督と音楽が【凪あす】と同じだった。どうりで!

そういえば2作品がフューチャーされた広告もあったような……?

時代設定の”60年前に送られた先”が現在(2018年)というのも

意外とこれまで多くなかった設計かなと思った。

だいたい現在から過去や未来に行くのに。

そうすることによって主人公の異質さチグハグさがより視聴者に伝わり

逆説的に主人公の苦悩が分かると言うもの。

色がわからなくなると言う恐怖は想像もできない。

それゆえに第3話ですでに泣かされてしまったのだが

これ以上の感動がこの先待っているのだとしたら……。

というわけでかなり楽しみにしている所存である。

地味すぎるのでオススメはしないが。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

原作:鴨志田一(電撃文庫) 原画:溝口ケージ

制作会社:CloverWorks 監督:増井壮一 構成:横谷昌宏

OP「君のせい」the peggies
ED「不可思議のカルテ」桜島麻衣 他

キャスト:梓川咲太(CV.石川界人) 桜島麻衣(CV.瀬戸麻沙美)
古賀朋絵(CV.東山奈央) 双葉理央(CV.種﨑敦美) 梓川かえで(CV.久保ユリカ)

個人的には最初タイトルだけで敬遠しそうになった作品。

尚、本来この表題は初巻だけで、以後各話ヒロインごとに

なんとなく電気イルカをもじったまま別の単語に置き換えられている。

バニーガール先輩はまぁいいといて、ブタ野郎という字面の悪目立ち。

あまり好感が抱けるような意味合いに取れず期待しないで見始めたのだが――

ストーリーは、不思議な力や現象が本人意思とは無関係に発動してしまう

多感な時期にのみ発症する”思春期症候群“を巡る青春ドラマ。

普通”透明人間化”や”タイムリープ”等の能力に目覚めたら

それを活かす方向に持っていったり困ってる人を助けたり

作中ではポジティブ(もしくは悪質)な扱われ方をするのがセオリーなのだが

こちらでは完全に罹患扱い。文字通り中二病ならぬ、高二病というわけだ。

今のところは同じ時期に別の症状は併発しておらず、

基本的に一人一人のヒロインと向き合いながら悩みを解決していく。

この不可思議な現象を解いていく過程が非常に【サクラダリセット】っぽく

感情のパズルを開錠するようなスリルが味わえる。

そして周囲をものともせず渦中にありながら

淡々と自分のペースを崩さない態度は【よう実】の雰囲気も思い出させ

道化をあえて煎じる主人公もえらくかっこいい。

メインヒロインのバニー先輩も竹を割ったように主人公を翻弄しながら

それでもかわいくないいじらしさがかわいいという不思議な魅力を醸す。

個人的には双葉との友情が非常に尊く感じる。

お互いローテンションで、歯を布で磨いてぶつけ合う本音が小気味よく

またそこに友情以外の感情は一遍もなく、こじれなさそうなのも好い。

美少女ばかり集まってくるので一見ハーレム物のように見えるのだが、

主人公が先輩以外にまったくなびく様子がないのがまた好感だ。

というわけで、第一印象が良くなかっただけに、

セカイ系バトル物もダークファンタジーも好みなのだが

実は今季一番面白いと思ってるのがこの【青ブタ】である。

あたまでっかちの空想科学や都市伝説の方が惹かれるのかもしれない。

なにやら妹の闇が深そうに思うのだが、そのターンが来るのが怖くも楽しみだ。

というか、こちらの評価が高くて【サクラダリセット】が低い理由がわからない。

どっちもめっちゃおもろいやないか!

ゾンビランドサガ

原作:広報広聴課ゾンビ係 原画:深川可純

制作会社:MAPPA 監督: 境宗久 構成:村越繁

OP「徒花ネクロマンシー」フランシュシュ
ED「光へ」フランシュシュ

キャスト:巽幸太郎(CV.宮野真守) 源さくら(CV.本渡楓)
二階堂サキ(CV.田野アサミ) 水野愛(CV.種田梨沙)
紺野純子(CV.河瀬茉希) ゆうぎり(CV.衣川里佳) 星川リリィ(CV.田中美海)

開幕10秒で視聴者のハートをがっちりチャッチした

衝撃のゾンビアイドルアニメ、ここに爆誕である。

先行上映会でツイート禁止令が敷かれるほどネタバレが回避され

その努力が見事花開いた評価を得られていると思うのだがどうだろう。

ゾンビというネガティブの塊みたいな要素を題材にしているのに関わらず

彼女らに課されたのは必要以上にポジティブ要素が求められるアイドル活動。

不慮の事故で命を落とした面々をどうにかして掻き集めどうにかして蘇生させ

特殊メイクを施し無名からスターダムへ伸し上がるアイドルいばら道。

ベタと奇抜を粗く混ぜたぐるぐるマーブル模様のストーリーが超高速で展開する

まさに息つく間もない構成である。ゾンビは息しないけど

まぁ正直第一話のゾンビ→デスメタ→咆哮→ヘドバンだけは想像できたが

最古参のファンになる2名がここから追っかけになるのは感慨深いものがある。

これもある意味BABY METALが生んだ系譜と言えるのだろうか?

そのぶっとんだ設定に振り回される形で序盤は引き込まれていくが

なんと中盤以降は各キャラの掘り下げが行われて一転、

その生き様≒死に様が並々と注がれ表面張力は決壊。

ぶっちゃけ7・8・9話と、3話くらい連続で泣かされている次第である。

まさかこんなハチャメチャアニメで泣かされるとは思ってなかったぞ!?

ここまでやっておいてまだ山田たえが何者なのか、

主人公がなぜこのメンバーに選ばれそして活動しているのか

他にもまだ惹きつけられる謎が残っている。

とりあえずさくらを轢いたのは幸太郎だと思う。

これまでの放送や歌詞等にも伏線は仕込んであるだろうし

今季一練り込まれた脚本であると断言できる本作。

まだ見てない人に薦めたくなるアニメナンバーワンである。

となりの吸血鬼さん

原作:甘党(コミックキューン)

制作会社:Studio五組、AXsiZ 監督:秋田谷典昭 構成:髙橋龍也

OP「†吸tie Ladies†」
ED「HAPPY!!ストレンジフレンズ」

キャスト・歌唱:ソフィー(CV.富田美憂) 天野灯(CV.篠原侑)
夏木ひなた(CV.Lynn) エリー(CV.和氣あず未)

Studio五組お得意のまるっとした美少女デザインが光る【吸血鬼さん】。

人間と遜色なく人間の価値観を尊重する吸血鬼と

人形に異常に執着する人間の超緩い共同生活を描いており

きらら系アニメの正当ライバルといった完全なる萌えアニメ。

よって、確か高校生という設定のはずだが

【きんモザ】【ごちうさ】辺りのようにやり取りはとても子供っぽい。

というかこの2作を足して2で割ったような見心地がある。

題材が西洋ファンタジーなのでデザインはゴシック中心でかなり好み。

長年生きてるせいか感情表現が希薄なので素直クール

常識的な考え方と自分の特質のギャップが悩ましかったりで

もうとにかくヒロイン(ソフィー)がかわいすぎる。

主人公(あかり)のわがままさを手のかかる妹のように感じてるあたり

【ごちうさ】のココア&チノと似てるけど真逆な関係性が面白い。

果たして血液をレンチンしたりシャーベット状にして性質が変わってしまわないか

微妙に気になるところはあるのだがまぁそんなことどうでもいいか。

とりあえず刺激の多い今期アニメの中にあっての癒し枠。

ゆるくてシュールな美少女アニメが好きなら期待通りの効能を期待できるだろう。

「森さんのとなりに住んでる・・・・・・」でツカミはオッケーだ!

ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。

原作:matoba(月刊少年ガンガン)

制作会社:ライデンフィルム 監督:和ト湊 構成:冨田頼子

OP「ピンクレモネード」三月のパンタシア
ED「あくまで恋煩い」ベルゼブブ、ベルフェゴール、サルガタナス

キャスト:ミュリン(CV.安田陸矢) ベルゼブブ(CV.大西沙織)
ベルフェゴール(CV.久野美咲) サルガタナス(CV.加隈亜衣)

続いての癒し枠はガンガン発の【神姫プロジェクト】

……じゃなくて、旧約聖書やら悪魔や堕天使を題材とした【ベルまま】。

擬人化される代表格の題材だが、基本的に男性的に描かれるそれらを

まさかのゆるふわファンシーで描き切ってしまおうと言う大胆な発想である。

その代償として名前以外どれが共通項か見いだせないキャラもいるが

それはご愛嬌。

固有名詞が大仰で堅苦しいのに眼前に広がるのはひたすらゆるい空間という

焼きアイスのようなアニメである。(?)

ただし、ガンガン目萌え科ではよくあることなのだが

登場キャラの男女比は50%&50%

しかも藤原ここあリスペクトなのか男性キャラは女子受けしそうで

女性キャラは男子受けしそうというよくばりデザイン。

これ、うまくやらないと総スカンを食らうのだが

個人的にはどっちもまぁまぁ好み、かなぁ。(こんな具合に中途半端になる)

男性化か女性化かの明確な基準はおそらくなく、

ベルゼブブやベルフェゴール、サルガタナスといった”いかにも”な悪魔も

美少女化している。(逆にこっちのアスタロトは男性だったりする。※ユリシーズでは女性

内容はほぼなく堕天使たちの優雅な一日、といった具合に

閣下の天然もふもふ信仰とそれに翻弄される主人公の慕情を愛でつつ

「もふー」と一般通過するアイキャッチすらもひたすらかわいい

肩の力を抜いて見られるラブコメだ。

大西沙織のここまで甘い演技も珍しい気がするので、

そういう意味でもお勧めできるいい作品だと思う。


といわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-①【バトル】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-②【異世界幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-③【現代幻想】

↓随時更新↓

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-④【日常系】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤【ギャグ】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥【乙女向け】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-【バラエティ】