2018秋アニメ序盤雑感-type.B-④

2018秋アニメ注目の美少女日常系作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

もはや中間レビューと呼んで差し支えない時期ですがこのままいきます。

アニマエール!

原作:卯花つかさ(まんがタイムきららキャラット)

制作会社:動画工房 監督:佐藤雅子 構成:志茂文彦

OP「ジャンプアップ↑エール!!」神ノ木高校チアリーディング部
ED「One for All」神ノ木高校チアリーディング部

キャスト・歌唱:鳩谷こはね(CV.尾崎由香) 猿渡宇希(CV.井澤美香子)
有馬ひづめ(CV.山田唯菜) 舘島虎徹(CV.楠木ともり) 牛久花和(CV.白石晴香)

今季のきらら枠はチアリーディングを主題とした応援少女コメディ

ただひたむきに誰かのためになることを信条とする元気っ娘が

傷心のチアの申し子を説得し部を発足し、

少しずつ周りを巻きこんでチームとなり活動していく青春グラフィティ。

そういう意味では同誌では珍しく【はるかな】に続く

スポ根萌えアニメにも見えるので新鮮さは多少あると思う。

主要キャラが十二支をモチーフにしていることに意味があるのかどうかは

まだ分からないが、アホの娘が鳥っぽくて耳目に賑やかなのは好印象。

キャラ名が無駄に凝っていて

猿の娘の名前が”うき”で普通にかわいい名前であだ名が「うっきー」だったり

虎の娘の苗字が「たてじま」だったり一本取られたな!と上手いこと言っている。

設定でここまで考えられているのだからというわけでもないが

ストーリーも順序立てて作られており実に見やすく分かりやすい

正直特段何かが残ると言うわけではないが

普通にちゃんと面白くて可愛い、当たりと思える萌えアニメだと思う。

ところで。【吸血鬼さん】でもそうなのだが、

ショートカットの男勝りな娘の方が”ガチ”というのは最近のトレンドなのだろうか?

それこそ【きんモザ】あたりまではむしろ惚れられる側だったように思うのだが。

主人公が入れ込むのがミステリアス少女っていうのは変わらないのにね。

……そんなかんじで、今期はなんだか同性愛が熱い

うちのメイドがウザすぎる!

原作:中村カンコ(月刊アクション)

制作会社:動画工房 監督:太田雅彦 構成:あおしまたかし

OP「ウザウザ☆わおーっす!」
ED「ときめき☆くらいまっくす」

キャスト・歌唱:高梨ミーシャ(CV.白石晴香) 鴨居つばめ(CV.沼倉愛美)

幼女が出演するアニメを嬉々として眺めている二次元人の皆さんお待ちかね。

ここにそんな君たちの姿がどう見えているのか……そんな自分を

客観的に見つめることが出来るアニメが登場したぞ!

それがこちら、【うざメイド】である。

経緯はよくわからないがなぜか幼女に対して(女)性的興奮を覚える主人公が

その卓越した身体能力と手先の器用さを活かして一目ぼれしたヒロインの住む家へ

メイドとして転がり込み率先してお世話してやろうという

導入からしてかなりぶっ飛んだ設定のアニメで興味をヘッドロックされてしまった。

基本タイトル通りに何をするにも余計なお世話を焼きたがるメイドに

ヒロインの幼女が手を焼き激昂するドタバタコメディで

もうほんとこのキービジュアル通りのアニメなので視聴前の期待を全く裏切らない。

ヒロインはとにかく年相応にわがままで傲慢だが純粋で寂しがりやなくせに強がりで

主人公とともに「お嬢様!!」といって守ってあげたくなる可愛さがある。

主人公も首から上は間違いなく美人なのだが

以下は6パックだけじゃ済まない強靭な肉体を備えており、

その人並み外れた身体能力が基本的に物語のオチを担当する。

しかしお嬢様の胃袋だけはがっちりスリーパーホールドしており

ウザイいけど邪険に出来得ない駆け引きが癖になる。

それにしてもミーシャ様といい【ゴールデンカムイ】アシリパさんといい
(ついでに【アニマエール】牛久さんといい)

白石晴香の子供演技はかなり器用だな!

それぞれ共通項は”幼い”だけなのにそれまでの過去が声に乗った素晴らしい演じ分け。

【あんハピ】では「音大生みたいな歌い方」と言われていたのに【うざメイド】では

むしろハナコみたいな歌い方を披露している。

相方の沼倉と合わせて安心と信頼の不安定芝居をお楽しみあれ。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない

原作:恵比須清司(富士見ファンタジア文庫) 原画:ぎん太郎

制作会社:NAZ × マギア・ドラグリエ 監督:古川博之 構成:百瀬祐一郎

OP「Secret Story」ピュアリーモンスター
ED「起・承・転・結・序・破・急」純情のアフィリア

キャスト:永見祐(CV.畠中祐) 永見涼花(CV.近藤玲奈)
氷室舞(CV.小倉唯) アヘ顔Wピース先生(CV.赤﨑千夏)

今季話題の作画崩壊アニメ、【いもいも】。

今久々にCMを見てみたが、この時すでに

「この絵でやれ」とも言えないくらいのクオリティだと思うのだがどうだろう。

ちょいと10月はカラオケの鉄人に行く機会が多かったのだが

そこでCMが延々と流れているもんだから否が応でも視界に入ってきて

大して惹かれるような内容でもなかったので正直聞き苦しかった。

作画が悪いのはもう第一話から露見していたのだが

ところどころ縦長構図の横倒し演出が一番意味がわからなかった。

せっかく流行りきったHDハイヴィジョンモニタ全盛の今頃に

なぜ縦長のスマホ規格の絵を挟むのか。

LINE LIVEでも配信してるとでもいうのだろうか。

……だったら全編それでやらんかい。

しかも、ニコ動のコメントを見る限り「作画さえよければ話は面白いのに」

という意見で一致しているような気がするが

正直作画崩壊という話題がなければ箸にも棒も引っかからなかったような気がする。

え、高校生で小説家?しかも妹の代わりにホンモノを名乗れ?

同級生に超売れっ子作家?売れっ子声優とも売れっ子絵師とも同じ街で会う?etc。

【エロマンガ先生】【妹さえいればいい】では許せたことが

ことごとく鼻につくのはなぜだろう。……いや、理由なら実ははっきりしている。

ラノベ作家であると偽ることだけはやってはいけない行為ではないだろうか?

加えて公式絵師が即売会でエロの同人誌を描くのも普通は禁止されているはずで

現実感のある部分が一個もない

逆に突っ込みどころが多いのがもしかしたら見所かもしれない。

寄宿学校のジュリエット

原作:金田陽介(週刊少年マガジン)

制作会社:ライデンフィルム 監督:宅野誠起 構成:吉岡たかを

OP「Love with You」fripSide
ED「いつか世界が変わるまで」飯田里穂

キャスト:犬塚(CV.小野友樹) ペルシア(CV.茅野愛衣)
蓮季(CV.佐倉綾音) シャル(CV.嶋村侑)

そう、つまりこの物語は寄宿学校のロミオとジュリエット――

このアニメの説明はこの一行にてすべて簡潔に完結である。

・・・・・・うん、それ以外の感想が出てこない

もうちょっとがんばって捻り出すと、

むかしむかしあるところに幼少期からいがみ合っていた男女がおりましたが

実はお互いお慕い申し上げており晴れて第一話で結ばれ、以後

周囲にばれないように外ではボコボコ、中ではイチャイチャする内容となっております。

・・・・・・がんばっても3行で終わってしまった。

作画が綺麗なところが見所なので当然【いもいも】より断然オススメできるのだが

いかんせんベタにベッタベタなので感想もほぼ生まれるべくもない。

3話とか特によく見る光景なのだが

なんで隠すねん、とっとと明かして協力すれば一瞬で終わるがな

と思ってしまう限りきっと筆者Bは少年漫画の主人公にはなれないんだろうと実感。

とりあえずタイトルで想像できるとおり100%混じりっ気ナシのラブコメなので

そういうのが好きな人にとっては期待を裏切らないでしょう。

犬側の女子がとにかくかわいい。

あと個人的には見心地が【ニセコイ】に似てるかなぁとも思う。声優も同等に豪華だし。

・・・・・・くらいかな。

その時、カノジョは。

原作:窪之内英策

制作会社:MASTER RIGHTS 監督:番場進 構成:夏生さえり

OP「MajiでKoiする5秒前」アイコ

キャスト:アイコ(CV.福田愛依) モエ(CV.奈緒)
ユカリ(CV.高田里穂) ミワコ(CV.内田真礼)

紙芝居アニメ。

福岡のリアルな恋愛を描く、とコンセプトを打っているが

福岡出身女性からの抗議が入らないか心配である。

3分という超ショートアニメなのだがすでに見るのがつらい。

現実でよくあるよく聞くパターンの恋愛模様で、

典型的な男子からすれば理解できない女性の行動がそこに描かれ

しかし最後男子の行動がセオリーから外れて女子が理想とする回答に落ち着く。

よって恋愛マスターを自称もしくは目指す人以外の男子はもれなくイラつくことになる。

かといって女子向けかといえば、

【ソラウミ】のマキマキ以下の演技を延々と聞かされるので

どっちにしてもイライラすると思う。

・・・・・・このアニメはどの層に向かって何を面白いと思って製作しているのだろう?

2話まで見たが3話の再生ボタンを今だに押せないでいる。

やがて君になる

原作:仲谷鳰(CV.月刊コミック電撃大王)

制作会社:TROYCA 監督:加藤誠 構成:花田十輝

OP「君にふれて」安月名莉子
ED「hectopascal」小糸侑×七海燈子

キャスト・歌唱:小糸侑(CV.高田憂希) 七海燈子(CV.寿美菜子)

毎クール必ずある百合枠

されどこれまでの百合アニメのどの作品よりも繊細な作品、それが【やが君】である。

主人公・ヒロインともに出会う直前に大なり小なり告白されているのだが

二人とも恋愛というものに憧れがなく断る、もしくは保留したまま現在に至る。

そんな二人がお互い「特別な好きってどういうことかわからないよね」と共感した直後、

ヒロインが主人公に告白してしまったところから物語は動き出す。

当然主人公にとっては晴天の霹靂だが

ヒロインにとっても突然そんな気持ちになってしまうこと事態が同様だったわけで

その戸惑いが対象的に描かれるのがまた印象的。

これまでのセオリーだと”全生徒の憧れ”であるヒロイン先輩からの告白なので

後輩主人公はそんな気はないのに「お姉さま!」となるかと思いきや

「ずるい」と言って拒まずとも受け入れないあたりがまた新鮮。

以後先輩からの積極的なアプローチに辟易しながらも持ち前の優しさで断りきらず平行線

というのが大筋である。

しかもそれだけで終わらないのがこの作品の繊細で浅からず複雑で尊いところ。

これだけあからさまにアピールしてるのに先輩が相手に求めるのは――「相手には自分のことを好きにならないでほしい」

そもそも主人公の”他人を好きになるってどういうことか理解できない”と相俟って

その感情の駆け引きが視聴者にドキドキとソワソワとヒヤヒヤを与えてくれる。

うおー先がぜんぜん予測できねー!!

途中主人公がその部分になんとなく勘付いて避ける描写もあったから尚更だ。

先輩超めんどくさい性格してんな!好きな人に好きになってほしくないとか。

だがこんなとこで自分語りするのもアレだが、個人的にはものすごく共感できる。

そういう意味では先輩の方が正真正銘”タチ”なんだろうなぁ。

主人公の方がさっぱりしていて男っぽいんだけど。

その他のキャラでもいくつかの百合模様が描かれているが

子供と大人の事情と感情で受け取り方が明確に異なるのも面白い。

このアニメ、どの部分を切り取っても恋愛感に合点がいくんだけど。なんだこれ。

というわけで百合アニメ至上1番

今期アニメの中でも3本の指に入るくらい気に入っている作品である。


といわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-①【バトル】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-②【異世界幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-③【現代幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-④【日常系】

↓随時更新↓

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤【ギャグ】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥【乙女向け】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-【バラエティ】