2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤

2018秋アニメ注目のギャグ作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

もはや中間レビューと呼んで差し支えない時期ですがこのままいきます。

宇宙戦艦ティラミスⅡ

原作:宮川サトシ(くらげバンチ) 原画:伊藤亰

制作会社:GONZO 監督:博史池畠 構成:佐藤裕

OP「Gravity Heart」スバル・イチノセ
ED「DURANDAL New ver.」スバル・イチノセ

キャスト:スバル・イチノセ(CV.石川界人) イスズ・イチノセ(CV.櫻井孝宏)
パッカー(CV.桃井はるこ) ナレーション(CV.大塚明夫)

まさかの第2期、いやむしろ予定調和の第2期。

というか公式からしてサービス精神旺盛で、

ニコ生配信の際は運営コメントでどんどんリアルタイムで裏話を披露してくれている。

第1期で大真面目な顔してくだらないことをするという種は明けているので

2期になると今度は”タメ”が多くなったように感じた。

シリアス部分を増やしここぞというところでアホな場面をズバっと流す、

まるで「麒麟です」でおなじみ麒麟の漫才のような切れ味を見せる。

まぁどう冷静に分析したところでアホな部分のくだらなさといったらない。

くだらなければくだらないほど舞台のシリアスとの落差で面白さが増幅するので

もう正直このアニメ何クールやってもいつまででも見られる自信がある。

おとなの防具屋さん

原作:斐宮ふみ(GANMA!)

制作会社:IMAGICA Lab. 監督:山元隼一 構成:どめし、山元隼一

キャスト:カウツ(CV.石井マーク) リリエッタ(CV.東山奈央)
ナーデン(CV.櫻井孝宏) モクク(CV.大森日雅)

ニコニコ静画で一躍有名になったWeb漫画が原作のショートアニメ。

【クイーンズブレイド】に代表されるようなそれ防御力皆無だろと思われるような

肌の露出が極端に多い装備品ばかりを扱う防具屋さんが舞台で

そこで働くことになった実質経理見習いの少年を主人公としたギャグアニメ。

毎回オープニングで声優に「へんたい」と徹底して呼ばせる変態監督がトップなので

その狂った設定を比較的忠実にアニメ化してると思う。

原作でも「いい声で~」と紹介されているので櫻井孝宏が店主なのは大正解なのだが

そのいい声に何てこと言わせてんだってくらいくだらない台詞のオンパレード。

(まぁ櫻井さん本人にとってはむしろ通常運転に近いんですが)

そしてドット絵と8bitのサウンドが無駄にクオリティが高い

この本気サントラを出すだけで一定の評価は得られるんじゃないだろうか。

原作を知ってるのでエルフの話が飛んだのは大変残念だが

かわいい少年が登場しないのは大変大変残念だが

代わりに魔王が無駄にかわいいので許す。

というか師匠にしろ魔王にしろ中の人がコスプレすることを前提に出してないか・・・・・・?

というかえなこさん声優もするのか。

舌っ足らずな内田真礼って感じの声で少なくとも【ソラウミ】のマキマキよりは聞き苦しくない。

ガイコツ書店員 本田さん

原作:本田(ジーンピクシブ)

制作会社: DLE 監督:轟おうる 構成:岡嶋心

OP「ISBN 〜Inner Sound & Book’s Narrative〜」本田さん
ED「Book-end,Happy-end」高野寛

キャスト:本田(CV.斉藤壮馬) カミブクロ(CV.三瓶由布子)
ホウタイ(CV.喜多村英梨) ランタン(CV.斉藤貴美子) オキツネ(CV.伊藤静)

ほぼノンフィクションのエッセイ漫画が原作の本屋店員あるあるバラエティ。

書店員はすべて特に意味もなくハロウィーンばりの被り物やマスクをしているが

基本的には現実にモデルが存在する歴戦の猛者たちである。

作者が女性なのでガイコツ店員さんも女性のはずなのだが

なぜか斉藤壮馬が中の人を務めており、しかしこれがまたハマリ役。

斉藤は多少大仰に演技する癖があるので

この作品の様なオーバーリアクションが求められる現場では輝く気がする。

公共施設で働く店員の描くエッセイ漫画はどうしても

愚痴っぽくなったり暴露っぽくなったりしがちだが

この作品に関しては大変なことは大変だけど”そこがおもしろい”と

まったく嫌悪感を覚えないのがすごい。

理解は要らない共感してくれと面白おかしく描かれるものだから

書店員って楽しそうだなぁと単純に思ってしまいそうになる。

電子書籍が蔓延る現代に於いて紙媒体にこだわるのは時代錯誤かもしれない。

また書籍を買ってもネット通販で済ませてしまって

書店へ行く機会は少なくなっているのは否めない。

それでも個人的に読み物は手で捲って味わいたいし、

ジャケ買いという一目ぼれに近い出会いを求めて本屋を彷徨うのは

コンクリートジャングルだか東京砂漠だかに現れるオアシスもかくや。

……というのはさすが大げさだが、本好きなら楽しめる要素が詰まった好いアニメだ。

人外さんの嫁

原作:八坂アキヲ(ZERO-SUMオンライン) 原画:相川有

制作会社:サエッタ 監督:ひらさわひさよし 構成:WORDS in STEREO

OP「Happy Life Spectacle」Hi!Superb

キャスト:日ノ輪泊(CV.山下大輝)
火鞍川曽良(CV.河西健吾) 木齋橋壱屋(CV.八代拓)

【魔法使いの嫁】と意味合いがどこまで違うかは分からないが

人ならざるモノと少年の少し不思議な共同生活を描いたハートフルアニメである。

特に何の説明もなくモノノケに婚姻を申し付けられるのは、まぁ、いい。虚構だし。

ただ嫁と呼んでいる対象が全て男子なのは何故だろう。

基本的にどの辞書を調べても”嫁”と呼ばれるのは生物学的に女性に限られている。

であれば人側が男性なのであればタイトルは「人外さんが嫁」でないと成立しない。

……これはもしや遠回しなBLアニメなのだろうか。

……いやモノノケに性別らしさというか男性らしさすらないが。

かと思えば単眼ちゃんはどうみても女性だ。

それとも実は彼女らは男の娘だったりするのだろうか。

少女が夫で少年が嫁で。――あれ、性別の概念が崩れる音がする。

まぁそんなことはどうでもよくて、

(みんなが気軽に○○はオレの嫁!と喚くのと同じノリで)

楽しめばいいと思う。

見心地は【ミイラの飼い方】に非常によく似ていてほっこり出来るので

気軽に進め出来る優良物件だ。

そして先の単眼ちゃんが性癖に刺さってかなりヤバイ。かわいい。

なにげにこの二人(?)比翼の鳥だし正直好みドストライク

彼女らのグッズとかないかな?

でびどる!

原作:雛形あかね 原画:Lat

制作会社:アイランド、XIV inc 監督:菅原そうた 構成:長部一幸、まさたか

OP「デビル☆アイドル」アイラ・シマ・はな
ED「アイドルなんてならない」アイラ

キャスト・OP歌唱:アイラ(CV.三森すずこ) シマ(CV.井口裕香) はな(CV.花澤香菜)

でぼー。

悪魔の3人組の美少女が卒業制作のために各難問や難題をクリアし

最終的には国民的アイドルになる事を目標とした半アドリブコメディである。

つまりタイトルは何のひねりもなくデビルでもアイドルの略である。

前半パートは台本有りのコント。

脚本が先かタイトルが先かは分からないが基本的に毎話パロディが盛り込まれ

アイラの狙ったボケとはなちゃんの天然ボケにシマが突っ込むスタイルである。

おおよそ多分にアイドルという観念に対する

冷やかしが入ってると思ってしまうのは野暮というものだろうか。

後半はふかわりょうがフリップで出題しながら

声優陣が(おそらく)アドリブで応えるモノボケのコーナー。

おおよそはなちゃん贔屓の小芝居をはさんだあとにガチンコ回答。

割ともう中堅でがっつり売れている声優3人に

まさかこんな若手芸人の様な事をさせるとは……。

アニメ好きというよりは中の人好きに訴求しそうなアニメである。

というか花澤さんさすがやな。どこまでが台本かは分からないけど。

ひもてはうす

原作・構成:石ダテコー太郎 原画:ぶーた

制作会社:バウンスィ 監督:鈴木鏡規謙

OP「モテたいのー」ひもてはうす住人一同
ED「おうちに帰ろう」ひもてはうす住人一同

キャスト・歌唱:本郷たえ(CV.洲崎綾) 紐手こころ(CV.明坂聡美)
紐手きなみ(CV.三森すずこ) 紐手ときよ(CV.水原薫)
新井みなも(CV.上坂すみれ) えにし(CV.西明日香)

なんと、今期はアドリブアニメが二つもあるのだが

こちらの方が【てさぐれ】や【gdgd】シリーズに近い構成をしている。

一つ屋根の下で暮らす5人の少女と1匹の猫のドタバタ共同生活が描かれており

【でびどる】とは差別化が図られている。

尚、紐手家であって非モテではない。

ないが、台本パートは基本的にモテたい!という

ホントに叶えたいんだかそうでないんだかわからないような目標を基に行動。

その要素要る?と思わずにいられないがそれぞれ特殊能力を所持しており

【青ブタ】とのその現象の取扱いに差がありすぎて逆に面白い。

個人的には、キャラは【ひもて】の方が好きなのだが

ネタの質としては【でび】に軍配が上がる。

というか三森すずこが両方に出演しているのが謎。

そんなに彼女大喜利得意だったかな?

【ゆゆゆ】でくらいしか素で喋ってる彼女を見たことは無いが

大舞台慣れしてるだけあって堂々とはしていたかもしれない。

人によっては洲崎西が出演しているので

それだけでも見る価値アリだと太鼓判を押せるだろう。

台本パートの理不尽な展開さえ許容できれば問題なさそうだ。


といわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-①【バトル】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-②【異世界幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-③【現代幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-④【日常系】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤【ギャグ】

↓随時更新↓

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥【乙女向け】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-【バラエティ】