2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥

2018秋アニメ注目の乙女向け作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

もはや中間レビューと呼んで差し支えない時期ですがこのままいきます。

学園BASARA

原作:CAPCOM

制作会社:ブレインズ・ベース 監督:大原実 構成:三浦浩児

OP「誇れ 気高き 美しき、いきざまを」EIGHT OF TRIANGLE
ED「Be Affected」西川貴教×Fear, and Loathing in Las Vegas

キャスト:伊達政宗(CV.中井和哉)
真田幸村(CV.保志総一朗) 片倉小十郎(CV.森川智之)

大人気大衆ゲーム【戦国BASARA】のキャラを現代学生に設定し直して再構築された世界。

時折女性向けの作品はこうして謎の高校生活化パラレルを一時的な企画としてじゃなく

シリーズ化してアニメ化や書籍化を積極的に導入しているが(【コードギアス】が有名か)

正直突発だから希少で面白いと思えるのにそんな何巻も見たいかと言われれば……。

しかもこちらは元々武将がモデルなのでそれらが学生とかもう意味が分からない

内容は国取合戦の代わりに校庭の使用陣地の奪い合いという非常に規模の小さい争いとなっている。

範囲が拡がったとしてもどうせ生徒会選挙に発展するくらいだろう。

基本コメディタッチの線の少ない作画なので、せっかくのイケメンは割と台無しである。

肝心のネタの方は統合性が無くカオティックで

特別流れも意味も特にない行き当たりばったり芸。

予測不能、と言えば聞こえはいいがそのボケは勢い任せで微妙。

意外にも女性キャラがちゃんと出てきたのでここから恋がどうたら言い出しそうで怖い。

すでに男性視聴者は置いてけぼりになってる上に女性視聴者までふるいにかけたら

……え、このアニメどの層に向けて発信しているのだろう。

あ、派手なリアクションや大声で笑いが取れる少年にはウケるかもしれない。

抱かれたい男1位に脅されています。

原作:桜日梯子(MAGAZINE BE×BOY)

制作会社:CloverWorks 監督:龍輪直征 構成:成田良美

OP「不完全モノクローグ」佐香智久
ED「ちゅんたか!」

キャスト・ED歌唱:東谷准太(CV.小野友樹) 西條高人(CV.高橋広樹)

アニメ化する前からやたらとアニメイトの広告としていろんなとこで見かけた【だかいち】。

本編はがっつりエロなのでないだろうとは思ってたが……まさかのアニメ化だ。

どっかのページで「同性愛が熱い」と書いた覚えがあるのだが

まさしくこの作品が念頭にあっての発言である。

なお、【だかいち】対義語は【やが君】だ。笑。

現実でも毎年発表されている(と思われる。覗いたことは一度もない)ランキングで

殿堂入りするくらい連覇していた男とそれを過去にした新抱かれたい男第一位による

芸能界を舞台にした純愛BL。

そう、ラブコメと呼ぶには喜劇要素はほとんどなく、

柔和な笑顔の下に隠した積極的で腕っぷしも口も達者なタチと

クールぶってツンデレだけど刺激に弱くて結局流され安すぎるネコが

くっついたり離れたりする割とほんとに純粋なラブゲーム

主人公のギャンギャン強気なプライドと実績と貞操観念と常識に挟まれながら

キャンキャン美辞麗句を並べたてて状況に言い訳を塗り重ねるチョロさがかわいい

……のだが同性愛だもんでそれがどうしてもシュールに映っておかしく感じてしまう。

当然共感など微塵も感じないが、見世物としては十分魅力的だ。

分厚いシールドを貼ろうとはしてるんだけどオブラートかってくらい軟く、

ヒロインの発情天使が嬉々としてそれを食していくパターンが

手を変え品を変えシチュエーションを変え繰り返される。

メインキャスト以外もホモってばっかで、

同性という概念はもはやこの世界には存在しないんじゃなかろうか。

【だかいち】と【やが君】。両方見比べれば、

男女で付き合うことがいかに愚劣な行為かということがわかるだろう。

…………ん?

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル

原作・制作:サンライズ キャラクターデザイン:桂正和

監督:古田丈司 構成:鈴木智尋

OP「ステレオとモノローグ」霧雨アンダーテイカー
ED「Buntline Special」ビッケブランカ

キャスト:ダグ(CV.三上哲) キリル(CV.天﨑平)
ディーナ(CV.早見沙織) ケイ(CV.安済知佳)
マックス(CV.大地葉) ユリ(CV.種﨑敦美)

【タイバニ】正当後継のバディ作品ではあるが、どうやら続編ではない模様。

まぁその判断はヒーローが広告を掲げていないからだが、

正直【タイバニ】を見たことがないので実は繋がってたりするのかもしれない。

とりあえず雰囲気は似てると思う。

顔がいい以外の特にとりえもない主人公がひょんな事件から特務科の人物と関わり

なんだかわからんが彼に見初められて危険ドラッグを追いかける仕事に。

主人公のバカさ加減子供っぽさと相棒の昼行燈ローテンションが最高で

事件になると相棒の超推理と主人公の無自覚ヒントタイムが絡み解決。

【コナン】並みとは言わないが事件はあくまでストーリーの道程なだけで

あくまで群像劇を描く物語である。

それこそ【タイバニ】の印象でこのカテゴリに入れてしまったが

実は他のバディは女性が大半。

むしろキリルが女顔なせいで集合絵は一見ダグのハーレムに見える始末。

とりあえずユリがかわいい。桂正和先生の描く美少女はほんとにかわいい。

かなりアメリカンB級映画のようなテイストなのは絵柄を見ればわかると思うが

作画の良さは今季随一

どの瞬間でスクショをとってもキービジュアルのように美麗だ。

唯一ちょっとうっとうしいなぁと思っていたナレーションは3話の時点で減衰。

だが散々な言われようだった主人公が今後活躍していく変化を見せられるとしたら

かなり熱い狂言回しと化すだろう。

いやーさすがサンライズ。

強力コンテンツの期待に背かない素晴らしいエンターテインメントだと思う。

完走確定だ。

ツルネ ―風舞高校弓道部―

原作:綾野ことこ(KAエスマ文庫) 原画:森本ちなつ

制作会社:京都アニメーション 監督:山村卓也 構成:横手美智子

OP「Naru」ラックライフ
ED「オレンジ色」ChouCho

キャスト:鳴宮湊(CV.上村祐翔)
竹早静弥(CV.市川蒼) 山之内遼平(CV.鈴木崚汰)

中学弓道部元エースが早気で弓を射てなくなり高校進学。

そこで都合よく幼馴染と偶然同じクラスや部活になって

切磋琢磨して腕を磨いていく超王道スポ根アニメ。そんなに熱くはないが。

【free!】が海パンを脱いで弓を持った!

と言われても仕方がないくらいよく似たキャラデザと設定をもった作品である。

NHKということもあってかかなりゆったりした始まりで

それでも安心と実績の京アニクオリティで丁寧に描いている印象があり

個人的にはこの始まり方は及第点。

【ダブデカ】にもあった時折入る謎の腹チラと

【free!】と違って主要キャラに女性が一人もいないので

男性視聴者の興味をこれでもかと削ぐが、それ以外は概ね青春アニメっぽくある。

ただ雰囲気でごまかされてるだけで微妙にシナリオ事態の粗さちょっと目につく。

特に第一話、超重要人物と思われるマサさんとのシーン。

なんで主人公がその場所に赴いたのかよくわからないし

初対面で道場に招き入れるかこのご時世って思ったし

そんなやつおるかいなってキャラに浮世離れした言動と佇まいと

一人だけなんだかいかにもファンタジーな存在で作品からも浮いている。

浅沼晋太郎にしては珍しく彼の声だと一発でわかるトーンだが

今後は彼をキーマンとして物語が動いていくのだろうか?

個人的には水泳のシーンが少なかったため【free!】の初期はあまり好みではないのだが

ギスギスした中でも演奏がメインだった【ユーフォ】は楽しめた。

【ツルネ】がどちらへ転ぶのかは分らないがとりあえず最後までは見たい作品ではある。

BAKUMATSU

原作:フリュー 原画:夏生

制作会社:スタジオディーン 監督:渡辺正樹 構成:横谷昌宏

OP「Spiral Maze」MIKOTO
ED「Part of Me」佐々木恵梨

キャスト:高杉晋作(CV.中村悠一) 桂小五郎(CV.江口拓也)
坂本龍馬(CV.三木眞一郎) 岡田以蔵(CV.松岡禎丞)

なんだか100回見たような女性向け戦国アプリゲームが原作。

設定も武将のいる時代をある程度行き来できる超時空で

都合のいい(もしくは悪い)タイムトラベルが可能な

Back-MATSU to the future である。

そういう意味では【刀剣乱舞】に限りなく近いコンテンツと言える。

少し前に放送されていた【イケメン戦国◆時をかけるが恋ははじまらない】同様

ゲーム中のいわゆる女性主人公は登場せず、基本的に登場人物だけで話は進む。

ストーリーは歴史上の人物を使った適当なRPGといった具合で

史実はあくまでキャラ同士の組織分け程度で出来事は反映されていない様子。

明治時代のいくつかの世界戦を行き来しているのでまぁ必然と言えよう。

あくまでキャラのおおよその境遇が似ているだけで

それらに振り回される主人公らを見てるだけでそこそこ楽しい。

内容があるようでなくてなんだか同じことを繰り返している印象。

物語の収束と共に史実にも近づいていくと思うので

なんとなくこのまま見続けそうだ。

走り続けてよかったって。

原作:HoneyWorks 原画:薄井将生

制作会社:SIGNAL.MD 監督:荒川眞嗣 構成: 高橋ナツコ

OP「夢ファンファーレ」LIP×LIP
ED「アイカツハッピーエンド」=LOVE

キャスト:須山湊(CV.福山潤) 大森千歌子(CV.野口衣織)
中田凌太(CV.鳥海浩輔) 生駒景(CV.渕上舞)

ボカロ制作集団HoneyWorksが原作の甘々アニメ。

何が甘いかと言われると現代を舞台にしておきながらの現実感のなさ

そんな簡単に夢変わる?引っ越す机に物残せる?

前の部屋の人も同じ学校?同じ学科?すぐ会える?仲良くなる?

第一話だけで何回突っ込んだかわからない超ご都合主義な展開

キャラクターにも本編中に「こんな偶然ってあるんだねー」と言わせる

とんだ開き直りっぷり。そんな偶然はほぼ皆無。いっそ清々しい。

おそらくコンセプトとしては、作中劇の登場人物の台詞に共感させて

恥ずかしいセリフも惜しげなく伝えあって夢を叶えて

ついでに恋愛も成就しちゃおう、という感じか。

声優アニメで難しいのは、

例えば「棒読みだよ」と指摘された演技がちゃんと棒読み、

「今のは感情がのってた」と褒められた部分がちゃんと感情がのってる、

といった、演技する演技が声優に求められるということ。

これは正直かなり難しいと思う。

実際序盤で選ばれた主人公の友人Aが主演を張れる演技をしていたとは

到底思えないし、

逆に「良くなった」といわれた友人Bは以前の演技との違いがわからなく

物語に没頭できなかったのは事実だ。

福山潤はさすが、棒演技と真演技が明確に変わってあらためてすげーと実感。

……こんな風に理屈でものを考える人には不向きだとは思うが

直感的な思考タイプの人には脳天直撃で感動できそうな要素はあると思う。

実際演劇の台詞に合わせて励まし合ってるとことかグッときたし。

そんなわけでなんだかいろいろむずがゆくなる作品だ。

ほら、耳がみえてるよ!

原作:特雷西胡(漫漫漫画)

制作会社:monofilmo 監督:菅野千愛 構成:monofilmo

OP「みみみみ☆ぷわっぷ」天里月乃

キャスト:ミョウ(CV.村瀬歩) ダイスウ(CV.内田雄馬)

中国アニメ特有、それがそうであると特に理由としない弱ファンタジーアニメ。

漫画家と人化できる猫との共同生活を描いた日常系コメディで、

ほっこりできる作品だと思う。

猫の方の人化に特に制限はないらしく、頭だけ猫化とかも可能らしい。

(逆はさすがにやってない。)

おそらくBLに見せるような構図で描かれているのだろうが

むしろエピソードと絵柄のせいで家族モノバラエティに見える。

逆に言えば大衆向けと言えるので、

ひと肌恋しいこの季節にピッタリかもしれない。


といわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-①【バトル】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-②【異世界幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-③【現代幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-④【日常系】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤【ギャグ】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥【乙女向け】

↓随時更新↓

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑦【バラエティ】