2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑦

2018秋アニメ注目のバラエティ作品を紹介!

皆さん、2018夏アニメ楽しんでますでしょうか。

まだアニメにハマってから6年目の筆者Bが

とりあえず序盤を視聴してみた雑感を書き綴ってみます。

(語彙がないので過去作品を例に出すあたり容赦ください。)

もはや中間レビューと呼んで差し支えない時期ですがこのままいきます。

イングレス

原作:NIANTIC 原画:本田雄 制作会社: CRAFTAR

監督: 櫻木優平 構成:月島総記、月島トラ、赤坂創

OP「Tessellate」alt-J
ED「In Cold Blood」alt-J

キャスト:翠川誠(CV.中島ヨシキ)
サラ・コッポラ(CV.上田麗奈) ジャック・ノーマン(CV.喜山茂雄)

「この世界は実は電脳空間なんです」とでも言わんばかりの

【マトリックス】を彷彿とさせる世界観。

まだ前半3話しか見てなくて謎はまだ謎のままなので何とも言えないが

超常能力を持った者同士のバトルものという事で

何気に今季だと【とあるシリーズ】と見心地が近い。

3Dの出来は【亜人】のような感じで

リアルというわけではないがアニメーションとしては気にならないレベル。

ただ触れた瞬間の異空間演出からの電気信号伝達の表現の仕方が

【サイコメトラーEIJI】に見えて仕方がないが、これはまぁ仕方がないだろう。

サイコメトリーを扱ったらこうするしかないんじゃないかというくらい【EIJI】は偉大なのだ。

原作はこちらもアプリゲームなのだが、調べるまで気づかなかった。

スマホを使った仮想陣取りゲームで、

なるほどアニメ化に伴って仮想の方を現実として描いているようだ。

ドがつくほどシリアスで笑いどころの一つもないので勧めづらいが

浅からぬ設定の割に直球で異能力バトルが展開されているので

実はとても見やすい、のかもしれない。

ただ男性的にも女性的にも”萌え”要素はないので

キャラの造形よりストーリー重視の人に合うかもしれない。

風が強く吹いている

原作:三浦しをん(新潮文庫刊) 原画:山口晃

制作会社:Production I.G 監督:野村和也 構成:喜安浩平

OP「Catch up, latency」UNISON SQUARE GARDEN
ED「リセット」向井太一

キャスト:カケル(CV.大塚剛央) ハイジ(CV.豊永利行)
神童(CV.内山昂輝) 王子(CV.入野自由)

10年前からの話題作、満を持してのアニメ化作品。

2人を除いて全員素人の集団が箱根駅伝出場を目指して頑張るお噺。

いきなり万引きから始まる導入から途方もない目標を強制的に掲げられ

イヤイヤいいながら少しずつ競技の楽しみ方が芽生えていくという

シンプルに非の付けどころのないスタイリッシュな作品。

それにしても主人公さん序盤でえらい口叩いてますけどあなたも万引き犯ですよね?

どういう基準で選ばれたのか(もしくはほんとに偶然か)わからないが

ほぼ100%乗り気じゃない部員の退路を少しずつ塞ぎつつ甘い言葉でひきつけて

しまいには胃袋をつかんで駅伝にのめり込ませていく詰将棋のような展開で

その卒のない演出も堅実で実に見ごたえがある。

そんなリーダーが話数を重ねるごとに余裕をなくしてく描写もあり

後半でまだひと波乱起こりそうでハラハラする。

反面主人公は苦手としていた人付き合いがだんだん軟化しており

その成長を見守る楽しみもある。

スポ根ものとしての派手さはないが

これはアニメ化成功と言っていいのではないだろうか?

そして相変わらずUNISON SQUARE GARDENのOPが素晴らしい。

「風なんかは吹いてないのに」が象徴するように

走り出したからこそ感じられる情緒。

風なんかは吹いてないのに強く風が吹いてると感じるのはまさに

駅伝で疾走する選手たちだけが味わえる青春である。

からくりサーカス

原作:藤田和日郎(週刊少年サンデー)

制作会社:スタジオヴォルン 監督:西村聡 構成:井上敏樹

OP「月虹」BUMP OF CHICKEN
ED「マリオネット」ロザリーナ

キャスト:才賀勝(CV.植田千尋)
加藤鳴海(CV.小山力也) 才賀しろがね(CV.林原めぐみ)

幾星霜待ちわびた事だろうか。

【うしおととら】の次に大ヒットさせたことによって

藤田和日郎の名前を一大ブランドにまで押し上げたダークファンタジー。

一度【コナン】の枠のサンデーのCMでアニメーションや吹き替えが公開されていたが

てっきりそれで次のアニメ化作品はこれなのか!と思ってしまった記憶がある。

(結局あそこでアニメしたのって【ガンバ!fly high】くらいかな?)

おおよそ過激な内容なのでアニメ化不可能とまで謳われた本作は

いまだに30代男性の心に残り続けていると信じてやまない。

序盤は気弱な少年が腕っ節のいい青年に助けられ憧れ成長する超王道少年漫画。

そこから「サーカス編」と「からくり編」に分かれるのだが

そのプロローグの終わりは今でも記憶に焼き付いている。

まだ3話までしか見ていないので今からその場面を見るのが怖くも楽しみだ。

とりあえず主人公が自分を殺しにきた殺し屋に対して言い放った名言が聞けて大満足。

ここからまだまだ面白くなるぞ!

【うしとら】同様かなり駆け足で話は進んでいるが、

原作者本人がプロットに関わっているので違和感は少ない。

少々しろがねの演技が意外に感情のってるやんと思ってしまうが

天下の無感情キャラ綾波のCVをになった林原めぐみにできないわけがない。

つまりそういう演技が求められたということだろう。

(でも、最初棒読みの方があとあと感動できるはずなのになぁと思わなくもない)

さて、導入こそ少年漫画らしい勧善懲悪が展開されているが

ここから、直接的な名称は違えど”賢者の石”やら”ハーメルンの笛吹き”やら

“オートマタ”やら中二病をくすぐる世界観へ突入していく。

いやー、けっこう表現規制必要な場面多いんだけどどこまで描いてくれるんだろう。

トリプルキャストで送られる唯一無二の大奇術人形劇。

是非お試しあれ。

余談だが、この作品を読んだせいで魅力が霞んでしまった作品がいくつもある。

今期も好きな要素たっぷりの【ユリシーズ】がいまいちハマらないのは

もしかしたら【からくりサーカス】が同時期に放映されているからかもしれない。

狐狸之声

原作:光线君(爱奇艺漫画)

制作会社:ゆめ太カンパニー 監督:於地紘仁 構成:成田良美どrまあ

OP「COME:BACK Stage!」LoveDesire
ED「HOPE」鹿乃

キャスト:フーリ(CV.河西健吾) コンチュエ(CV.菅沼久義)
ジーホティエン(CV.日野聡) チュユン(CV.香里有佐)

中国発の芸能ドラマ。

歌が下手な顔だけアイドルとそのゴーストシンガーを巡る物語。

イントロダクションでは二人はケンカこそすれど

結果的には協力してますというような紹介がされているが

実際ははじめからこれっぽっちも信頼なんてしておらず素振りもなく

ゴーストシンガーを道具としか見てないアイドルが非常に鼻につく。

【ファントワ】のときも書いたがどうにもストーリーが古臭く、

なんだか20年前のアニメを見ているような気分になる。

まぁけしてそれが悪いことではなく、なんとなく

あーこういうアニメ昔見てたなぁとむしろ気分的にはプラスの感情だ。
(【快感フレーズ】とか【グラビテーション】とかあの辺りの雰囲気を感じる)

ただいかんせん大人が見るとありえない設定や矛盾点が浮き彫りになってしまい

どうにも感情移入できない。

口パクなのに現場にわざわざ赴くとか、そんなやつが芸能界トップとか

ゴーストシンガーの方が叩かれるとか、ついでに幼馴染に飛び火するとか

都合いいように無理やり都合悪いことにして話を転がすので今ひとつ共感できないのだ。

それと劇中歌が超絶普通なのも説得力を欠く。

よくもないが悪くもない。それが歌を含め全体的な感想である。

ただ今までの中国アニメの中でダントツに日本アニメに近い作画をしているのと

15分という絶妙な長さで視聴に苦痛を伴わないのは大きい。

狐面のネットシンガーということで伊東歌詞太郎を髣髴とさせるし

まだ序盤しか見ていないが、ヒロインと思しき人物と無駄に蜜に絡まないのは好感だ。

上記のとおりやや子供だましの展開が多いため

コロコロコミックあたりが好きな人にお勧めだ。

火ノ丸相撲

原作:川田(週刊少年ジャンプ)

制作会社:GONZO 監督:山本靖貴 構成:宇田鋼之介

OP「FIRE GROUND」Official髭男dism
ED「日出ズル場所」オメでたい頭でなにより

キャスト:潮火ノ丸(CV.阿部敦) 小関信也(CV.落合福嗣)
五條佑真(CV.熊谷健太郎) 國崎千比路(CV.佐藤拓也)
三ツ橋蛍(CV.村瀬歩) 辻桐仁(CV.寺島拓篤)

週刊少年ジャンプ発、久方ぶりに出現した大ヒット相撲漫画が原作。

現代日本人は美形が出演する作品しか好きにならないので、

すこし恰幅のいい体系のキャラが活躍する相撲という題材は不利に思える。

しかしそんな条件をも乗り越えてアニメ化にまでこぎつけた本作だが

アニメを見れば支持される要素は火を見るより明らかだろう。

努力・熱血・友情古代ジャンプ三原則を愚直なまでに体現した

暑苦しいまでの熱量だが古臭さはなく、

体が小さく一見弱そうに見える主人公が並居る強豪相手に

下剋上を果たしていくのはとても気持ちがいい。

キャラデザもあまり相撲相撲していなく、髪は長いが結わないスタイルで

結局ビジュアル的にかっこいい方向性にしているのが勝因かと思われる。

弱小校から成り上がると言うのはスポ根のセオリーだと思うが

空手やレスリング部から人員を引っ張ってくるのは面白い。

精鋭部隊、オールスターと言うのは古今東西胸躍る響きなのだ。

なにより登場人物がみんななんだかんだいいやつなのが一番いいね。

性根の腐ったやつが今のところ出てないから勝負や結果に集中できる。

スポーツマンシップはスポ根をやる上ではやはりあった方が安心。

うん、安定して面白いっす。

あとEDテーマがかなり好み。

歌詞の内容はちゃんこ鍋を具材にした面白ソングなのだが

随所にマキシマム ザ ホルモン、ORANGE RANGE、RADIO FISH等

オマージュが炸裂した邦楽ちゃんこでもある。

何気に2Bメロ~ラスサビの歌詞は

ほんとはこっちがタイアップ用だったんじゃないかってくらい大真面目で

ダサいの極みである「お腹と背中が Oh, くっつくstyle」がかっこよく感じられたら

君もオメでたの手のひらでサークルモッシュされてるぞ!

RErideD-刻越えのデリダ-

原作:GEEKTOYS 原画:安倍吉俊

制作会社:GEEKTOYS 監督: 佐藤卓哉 構成:古怒田健志

OP「PARADOX」QUADRANGLE
ED「トキノツバサ」マージュ&ユーリィ

キャスト:デリダ・イヴェン(CV.小野賢章)
マージュ(CV.M・A・O) ユーリィ(CV.茜屋日海夏)

安倍吉俊がキャラデザを勤めたということで否応ナシに期待が高まる本作。

SFっぽいPVから【All You Need Is Kill】辺りの雰囲気を感じるが

どちらかといえば【TEXHNOLYZE】や【lain】に近いと感じた。

ただ何れにせよ、タイムリープやそれに順ずる内容にはなってそうである。

主人公が陰謀にまんまとはめられて10年の時間を跳躍してしまうという

【ユリシーズ】と似たような展開になるのだが

まさか墜落した場所にたまたま冬眠装置があってはまってしまうという

なんとも間抜けな展開に。

ドシリアスなだけにシュールに過ぎて笑っていいのかどうかわからない。

おそらく未来に行って思い人がいないと分かった後には

過去にも行こうとするのだろう。

その方法までは序盤ではまだ分からないがこれまでの雑なシナリオを見ると

少々期待できないレベル。

前期に【シュタゲ】【ISLAND】とタイムリープを題材にした名作があっただけに

どうしても比較して粗が目立ってしまうといわざるを得ない。

とりあえず安倍吉俊の描く黒髪美少女が大好きなので

マージュが出てくるまで視聴は続けてみるつもりだが

その後見続けられる自信はない。

掘り下げれば面白くなりそうな要素は多いと思うんだけどなぁ。


といわけで

最後までお読みいただきありがとうございました。

あくまで-type.B-、つまり筆者Bの独断と偏見による感想ですので

ぽんばし通信の総意を示すモノではありません、あしからず。

関連記事

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-①【バトル】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-②【異世界幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-③【現代幻想】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-④【日常系】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑤【ギャグ】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑥【乙女向け】

2018秋アニメ序盤雑感-type.B-⑦【バラエティ】