『AKT飲み会』行ってきた①AKT・村田蓮爾とは

村田蓮爾4冊目の画集発売!

2月26日に一般発売される村田蓮爾第4弾画集[廉価版]の発売を記念して

フライングゲット&サイン会が開催された。

あれ、もっと出してないっけ?と首をかしげた方は

それはおそらくアニメ画集をカウントしていると思われる。

そういった版権に関わらないオリジナルの画集。

……まぁ正直クオリティや村田蓮爾らしさというモノは何れも甲乙つけがたいので

好きなら当然どっちもチェックしてますよね!?

というわけで、全3回にわたり2月25日を振り返りたいと思う。

最初のページでは今回の主役含め4方に抱いている個人的印象を

独断と偏見で紹介してみたい

ちなみにAKTとは

Asada Hiroyuki(浅田弘幸)・Kamijo Atsushi(上條淳士)・Tajima Shouu(田島昭宇)の略で

何かにつけ集まってしゃべる作家仲間の呼称である。

今回は3人ともに仲のいい村田蓮爾をお祝いするために

お店を貸し切ってお客さんも入れて盛り立てようと発起した優しさに満ちた集会なのだ。

上條淳士とは

代表作は【SEX】や【TO-Y】

いわゆるこの集いのボス。

浅田と田島の絵柄に大きな影響を与え、自ら発起人となって二人と

それ以外の人も巻き込んでいろいろ企画するプランナーとしても名を馳せる。

それに見合うだけの人柄と茶目っ気さで

彼を慕うものは後を絶たない。

個人的にも、贔屓のバーのマスターが常にお店に彼のイラストを貼りだしており

また浅田や田島のインタビューでも必ず名前が上がるので超気になる存在

つまり、ほんとは、正直に言うと、実はよくらな

田島昭宇とは

多重人格探偵サイコ】の作画担当。

むちゃくちゃ細い線でどぎつい照明を当てたようなコントラストの強い線画が特徴。

というかそのあたりが上條リスペクトだと思われる。

かと思えばカラーは淡い一辺倒。

濃淡を極力抑えて透明感と狂気という少しでも触れてしまえば劇的に変化してしまう

そんな二つの要素を極めた非常に繊細な技法といえるだろう。

【サイコ】や【MADARA】関連のイラストは作品性から過激な表現になっていると思いきや

オリジナルの方が嗜虐的な要素と悪魔崇拝的な雰囲気が強く

あ、この人はたぶんほんとに狂ってる……と思ったのが好きになたきっかけだ。

裸体を描いても煽情さより先に芸術的な印象を抱かせるセンスが素晴らしい。

村田蓮爾とは

【ラストエグザイル】【ID-0】等のアニメキャラのデザインや

ありとあらゆる雑誌やムックの表紙を強める日本を代表する女の子描き。

若干揶揄した言い方になってしまったが、

国外の方で国内以上の評価を受けている絵師でもある。

とにかく画力が高すぎてキャラの顔の部分を手で隠せば実写と見紛うほど

光と影の濃淡が自在で再現度が高い

その髄を尽くして幼女とメカとおっさんを描き

そのどれもが”どうしてのその角度から描こうと思ったの!?”という

かなり独特の構図とデザインで、しかもめちゃくちゃ可愛く描くのだから恐れ入る。

しかも芸術にありがちな分かりにくさは微塵もなく

小物やパーツにスタイリッシュなデザインを仕込むから万人受けもしやすいのが武器。

フェチズム的な意味でも訴求力が高く

おおよそ薄い胸板と肉付きのいい腰回り~太ももを強調するキャラが多い。

こうして女性キャラは幼子ばかりなのに対して男性は青年……より壮年以降が多い。

彼の絵を見るたびに思うのは、”この人は画力を持て余している”……。

コピックからデジタル塗りになっても少しも境界が生じない転換がそれを物語る。

浅田弘幸とは

彼の作品に関しては以前の記事に思いの丈をしたためてあるのでそちらを見て頂くとして

個人的には彼の影響はかなり強い

そりゃあ多感な中学生期に一番ハマった漫画家さんであるので当然かもしれないが

彼があとがきで「ブランキーが好き」「ミッシェルが好き」と言えばレンタル屋に走ったし

ケルトアンドコブラをモチーフにしたら探してその値段に愕然として肩を落としたり

当時は彼の描く漫画の登場人物になりたくてしょうがなかった。

そしてつい最近彼はストレイテナーのメンバー(大山純)擁する番組にゲストで出演。

もちろん知ってるバンドだったが(人柄がすごいいいバンドだと聞いてもいます)

このトークがまた面白い!というか興味深い

今後も彼の音楽遍歴を覗きながら漫画を読みたい、そう思わせてくれる魅力を持った人物である。

彼は浅井健一に対して「生き方がかっこいい」と言って憚らないが

自分にとってはまさに浅田弘幸に抱く感情がそれである。

今どんな音楽が好きなんだろうなぁ……。

>>続きは以下から

↓パート②「キチレコ×HMV 上條淳士×浅田弘幸×谷澤智文 トークショー」↓

↓パート③「akt飲み会インバイト村田蓮爾 簡易レビュー」↓


関連記事

【浅田弘幸台湾凱旋展&caiman大感謝祭】レポート②